2009年10月31日

真性で速い馬は出たが…

[ダビスタ98]
シンボリルドルフ×ユタカオー×マルゼン×レイン×アイル 104.102 基準96-100
132.98.32.57.5.5
SP配合限界なので実績Aの真性では最速。即育成レベルではあるが、このサブパラのぶっ壊れぶりは…
もうちょっとこの配合は追いかけてみるか。
posted by ◆RifFE0aAlw at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

後手に回りがち

[ダビスタ98]
芝の凶悪馬よりダートの穴馬を狙っているような状況。小粒なダート馬(真性・仮性だけでなくダ適3の仮性-1も含む)はいろいろいるが、どれを育成するかはまだ絞り込めていない。
今月の成績は伸び悩み気味。決断が素早くなく後手に回りがち。

[ダビスタ2・3・96]
ダビスタスレ・チャンピオンシップは頭数が足りなさそうな所のスポット参戦を検討している程度。可能性があるとしたら牝馬戦か。少頭数が見込めそうなら追込馬を試す可能性もある。
2や3にはまだ忘れ物があるものの、96に関しては既に冷めていて、今更上を目指そうとかそんな欲も全く出ない。

少し前だがダビスタ2・3の現役時のパスの情報提供があったので数頭公開。追加提供もあったのでまだ数頭追加予定。
ついでにPS版のホーク爺の攻略本のパスも半分以上はアップ。実績Cは最近重点的に生産している分野で、海外種牡馬やダート◎は98で扱いにくい分野なのもあって優先的に追加している。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ダビスタ98セルフBC 98〜106R

水曜日で最後と思ったら次の土曜日もまだ10月だった、勘違い。差がある事には違いないが。
主に前走内容が良くなかった馬と二軍組の調整。

続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

カツラノハイセイコでは成果出ず

[ダビスタ98]
カツラノハイセイコ生産はまず面白のガダボート×ダンス×マノンでやっていたが、あまり成果が出ないまま配合が被ったので終了。
母父タマモの生産はイースクラミェーチと被るので後回しにしたが、どっちみち被るので開始。しかし成果はあまり出ず。125.84.76.88.2.6はサブパラが割とよかったが、テュデナムキングのと同じ馬体重、しかも根性が20も下がって出ただけの既出パターンだったのでボツ。

実績Cは他にも手広く生産していたが、スピード的に突き抜けているのは出ていない。
SP120台前半程度でも、最低限のスタミナがあってダ適が3以上あれば、サブパラが少々悪くてもそれなりに使い道があるので、いざという時のストックとしては悪くない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

10月14日のココロ日記(BlogPet)

◆RifFE0aAlwさんのことを考えていたら、胸がきゅぅっとなりました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

久しぶりにダビスタ2生産

[ダビスタ2]
久しぶりにダビスタ2の生産。(PS版以降の作品に登場しない種牡馬で、自分の知る範囲で牡馬のBC馬が1頭もいない)スクラムダイナとメンデス狙い。どちらも距離適性があまり長くない気性C種牡馬。
メンデスは一番まともそうな産駒が161.61.92.59.3。他には168.58.99.55.4など。
距離適性が短く、スタミナがかなり厳しい。ST85のテースト牝馬(ティンクルスター)でも、STコメントが出る産駒はかなり少なかった。ノーザンダンサーのクロスがあるので根性はある程度付くが、強調できるほどのレベルでもない。
スクラムダイナはメンデスよりはスタミナ付くが、アウトブリードで根性がやや落ちる。それでも総合力ではメンデスよりはマシかも知れないが、現状では148.72.91.48.2の青鹿毛馬がいた程度。まあもうちょっとマシな馬は出るだろう。
どちらの種牡馬の産駒も育成するにはまだ物足りないレベル。

よく考えてみたらダビスタ2ではまだ青鹿毛馬を育成した事が無かった。白毛や栃栗毛がいるにもかかわらず。
青鹿毛馬ではホリスキーの136.100.97.96.3など、それなりに良さそうな産駒を見かけた。

[ダビスタ98]
生産はそれほど進まなかった。
カツラノハイセイコ産駒は一応いるが、マイル前後の方が合いそうなタイプで距離的に厳しそう。ただ埼京線では不向きと思われた距離でも意外に健闘はしていたが。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ライフタテヤマで育成対象

[ダビスタ98]
ライフタテヤマ×ルドルフ×マルゼン×レイン×アイル
125.96.67.86.4.5
仮性でこのバランスなら十分すぎるぐらいで、当然育成対象。ダ適が高くなかったとしても悪くはないレベル。

青毛配合もやるつもりだが、繁殖作りの段階でストップしている。マルゼン×マノンでそこそこの青鹿毛牝馬をストックしたがその程度。
実機で最低限のレベルを目指す計画もあったが、これはまだ思いつきでしかなく、実行する目処は立っていない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

9月は2位続きも、万年3位からは脱却

[ダビスタ98]
9月のBCは2回の埼京線、BC'09、通常開催の全てが2位。とりあえず万年3位からは前進した。
生産は的を絞りきれずそれほど進んでいないが、実績Cなどの不人気種牡馬は数が多く、基本的には手応えも良くないので、気長に取り組みたい。あとはダートも。
当分は芝の有力配合よりも、そういう路線に力を入れる事になるか。

繁殖の気性が無関係の98系のシステムに慣れすぎたのもあって、96以前のダビスタ生産にはもう戻れない感じ。2や3にはまだやり残している部分もあるし、3や96の根性偏重ルーチンに関してもあれはあれで味があったが。

ダビスタ以外もいろいろやろうとしていたが、あまり手が回っていない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする