2012年01月31日

BC結果など

[BCプレミア第1期 第3節]
7戦(1.1.0.0.1.4)
(1R)3生産のマチカネイワシミズ産駒のマネーボールが、右2フローする距離で右2だけの印ながらも先行力と根性を見せて、強いメンバー相手にデビュー戦勝利。長距離路線に進むとは限らないが、ある程度の距離をこなせる実績C産駒は貴重な戦力。
(2R)ともに無印で、青毛馬ブルーフェアリーは上手く乗れていたが最後甘く5着。久々出走のシルヴィアは位置取りも悪く6着。芝での成績は良くない。
(3R)ハードドライビンは6着。96生産のイワシミズ産駒ではエース級ながらも、3生産の補強もあっただけにアピールしたい立場だったがイマイチ。フェルナンデスは無印で8着。実績C2頭出しも大敗。
(4R)ガーリックトーストが無印で最低人気ながら2着。最後交わされたものの強い相手に見せ場十分の好内容。サブパラやSTに不安があったがマイルでも力を出し切った。ミッドナイトランは8着。人気通りの着順だが、直線まるで伸びず内容的には期待外れ。

今回も7頭中4頭が着外に消えて安定性は低かったが、それでも無印が4頭、父実績Cが4頭なのを考えれば健闘の結果。今月は実験的と言うか、久々に出番を与えた馬が割と多め。今後の出走方針を変更するかはまだ未定。


[ダビスタ98BC]
18戦(3.0.4.1.2.8)
(1R)バナナシュートは外からしぶとく伸びて初勝利。意外なほど大敗の多い馬だったが今回は好内容。積極的に行った実績C2頭はタイガーシャークがバテなかったが伸びず5着、モンスターハウスが失速の7着。
(2R)ユリウスは先行して直線2番手から抜けて初勝利。最軽量のダイアキュートも差して3着と実績Cが好走。出遅れたブロックアウトは最後も脚が止まり着外。良かったのは2戦目までで、短距離の自己条件でも気性難でサッパリ。
(3R)アトミックランナーは外から力強く伸び、珍しく印通りの走りを見せて勝利。実績B2頭は離された逆ワンツー。かなりダメだったが印や内容を見るとスピイレっぽい。6着のニューロードは2月も1度は使う予定。
(4R)マモノは64kgながらもしぶとく伸びたが3着まで。ハンデは背負わされているが、無制限の時よりも内容はいい。前に行った2頭は踏ん張れず着外。この距離は向くはずだが安定感はない。
(5R)28連敗中のエスリンはいい位置でも相変わらず決め手無く3着まで。外から追い上げて来たグルグルミックスは2番手からゴール前で失速して4着に下がった。まあ気性が悪い割にはそこそこやれている。デビュー戦のキュービィロップは逆噴射で大敗と期待外れ。芝ダートともに無制限の重賞じゃ足りなさそうだし、わざわざ人気薄再育成するのも面倒だしどないしようか…
(6R)ロストワールドは外から進出もこちらも相変わらず詰め甘く3着。堅実に走って確実に計算できるのはありがたいが…。仮性2頭は先行できず。ハミルトンは離されながらも何とか5着。エイルカリバーは見せ場なく大敗。一時期は良くなっていたが、また元のダメダメな状態に逆戻りか。

今回は3勝。前半3連勝で不振馬の好走もあったものの、後半の重賞では勝負弱く3着止まり。
前回1勝からの巻き返しはできたものの、勝利数で追いつくのが精一杯で月間ではやはり定位置の3位。2着がやけに少なかった。

[ダビスタ生産・育成]
PS版(99じゃなくて初代の方)の研究とかいろいろやっていたので生産はあまり進まず。今後SS版を研究するための準備みたいなもんってつもりだったがいろいろな発見はあった。PS版・SS版ともに能力値の見方とかはだいたい把握。あとFC版2作品でもやり残している事がけっこう多い。
育成は98のギャロップ牝程度。
98BCが4月で一区切りになりそうなので、これから補強を進めていきたい。よく考えてみたらデインヒルのSP136もまだ出せてないな…
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

PS版・ダビマガ登場牝馬の能力値を一部調査

BC馬生産で重要そうな牝馬が登場している牧場だけとりあえず調べてみた。

ダビスタマガジン vol.1 ふっかつ牧場
アップテンポ 76/85
イットウショウ 85/40
イットウショウはSP8、ST6と言う事になっているが、実際にはこの能力で間違いないようだ。
あまり若くない上に牧場が最小状態で資金も十分とは言えず、リース種牡馬を使える状態まで持っていくのが辛そう。

ダビスタマガジン総集編 セカイの牧場
ラヴズミットン 60/80
フレグラントヒル 61/72
アーリーライジング 62/80
リアリーブルー 80/80
モンロー 80/70
ココット 70/92
パンチュルブルー 88/90
デトロワ 70/90

ダビスタマガジン総集編 えーす牧場
ユーワメルド 70/70
パーフェクトプロブ 70/40
キャンペンガール 60/70
シスターミル 60/70
グッバイヘイロー 86/82
サドラーズギャル 87/60
ヘイアンダーム 61/59
ゴールデンサッシュ 56/69

ダビスタマガジン総集編 ホワイト牧場
ズイショウ 60/70
グリーンシャトー 30/95
アヤベジョー 50/78
ホワイトアスワン 50/50
バルセローナ 62/88
ミトモオー 60/60
ホクトヒショウ 78/50

機会があれば他のも調査するかも知れない。
続きを読む

2012年01月25日

今年初育成、マチカネイワシミズ生産は一区切り

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ3 マチカネイワシミズ×ノーザンディクテイター×ピンクタイフーン
119/96/99/67/3 普通型
SP乗りが抜群な割には案外揃わず、意外なほどの長期戦になった配合だったが、やっと去勢しなくていい牡馬でまともなのが来た。
SPが120に届いてないのがちょっと惜しいが、予想以上にスタミナが付いてバランスがいいので育成決定、これで今年初育成。早速実戦デビュー予定。

まだ上が出そうな感じもするが、これでイワシミズ生産は一区切り。機会があれば今までキープしたセン馬の育成もあるかも知れない。
3ではアサティスやサクラショウリも継続中だがそちらは成果が出ず。こちらもSPだけは良いが他が満足できる揃い方をしない。
96ではブレイヴェストローマンをそろそろ始めたい所だが、SP乗り抜群の配合でこれだけ苦戦してるのを考えると、見るからに手応えが悪そうな配合でどれだけ頑張れるか…

ダビスタ98 ギャロップダイナ×バンブーアトラス×イズミマイヒメ(113/99)
131/84/79/80/3/6 牝 408kg
スタミナがちょっと残念だが軽量。もう少し様子を見たいが育成候補にはなるか。無駄にダ適もある。
98では母父バンブーアトラス(SEがテスコボーイ)での逆フロー狙いは不発気味。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

セガサターン版ダービースタリオン動画

今更な感じもするが2009年のBCの動画など。
以前はSSFで録画するのはPCのスペックが不足気味だったのに加えて、動画の知識が皆無だったのでBC処理も静止画のみだったが、コマ落ちせずに動画が取れるようになったので。

続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

カース (MD) アイテム出現順メモと最終面復活動画

割とクソゲー扱いされてる事が多いゲームだが、決してカスみたいな出来ではないと思う。
ただカクカクした感じで滑らかに動いているとは言いがたく、見栄えに関してはちょっとあれなのが最大の欠点か。背景とか弾が見づらい場面もあるし。
あとちとボリューム不足でボスも全体的に耐久力が低くて柔らかいか。その分クリアするのは割と楽な方かも知れない。

続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のゲームソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

2節連続の重賞勝利

[BCプレミア第1期 第2節]
7戦(1.1.0.0.1.4)
(1R)ともに先行力不足。2列目のシクロクロスは5着までで近走は冴えない。2007年以来のボブホーナーは最下位7着。どうやらダートでは意外に走れていないようだ。
(2R)モーリスグリーンは右1◎でも全く見せ場なくブービー8着。1Rに続き先行力不足で大敗。
(3R)先週優勝馬プリンセスセリカの産駒アイシービーエムが、出走権には届かずも無印ながらあわやの2着。BC成績的には出来の悪い息子だったがようやくBC初連対、SP差が15ある相手に健闘した。アフターバーナーはビリ9着。
(4R)ワイルドガンズは無印で最低人気、位置取りもやや後ろながら最後によく伸びて勝利。ダートなので先行できないと苦しいと予想していたが、ダ適3でも意外なほどのスピードを発揮。芝でやや不振なのもあってのダート参戦だったがこれがきっかけになれば。スイッチヒッターは9着でパッとせず。

前回とは違って全てのレースでビリorブービーとやや不安定だったものの、後半の無印2頭がよく頑張った。2節連続の重賞勝利は出来過ぎなぐらい。前半戦が意外に良くなく、3RでCランク騎手の無印馬、4Rでプラス効果の騎手の大外ぶん回しの勝利は前回と同じようなパターンとも言えるか。

[ダビスタ生産・育成]
96・98ともに次回のレースまで少しあるので、それまでにある程度の補強をしたい所だがまだイマイチ。
ダビスタ98 アスワン×バンブーアトラス×イズミマイヒメ(113/99)
132/98/90/98/3/2
ちょっと虚弱だし実績Aニックスにしては物足りないSTで微妙。472kgでディスラプターと同型だったようなのでさらに微妙に…たぶん育成はしない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

作業がかなり遅れ気味

PC環境の変化や体調がいまいちだったのもあってあまり余裕がなく、作業がかなり遅れ気味。ゲーム類の動作確認はしたが生産は全く進まず。

[BCプレミア第1期 第1節]
7戦(1.1.0.1.2.2)
(1R)ともに先行力不足。5着スタークラッシャーはそこそこ頑張ったが、久々のジッケンハイゴーは離された6着と息切れ。
(2R)クレーべは最後に脱落したが先行力は見せ、無印としてはまずまずの4着。ただ強烈にアピールできるほどの内容でもなく、同じ配合の馬の中では存在感は薄い。
(3R)アシッドクラウドは無印ながら見せ場十分の2着。凄惨地方では期待外れだったのもあって昨年未出走だったがよく頑張った。オパオパも2列目から差を詰めて掲示板確保の5着でダートにメド。
(4R)牝馬のプリンセスセリカが大外から伸びて牡馬相手に勝利。インペリアルクロスはそれほど悪い位置ではなかったがあまり伸びず力及ばず6着。
序盤いまいちも尻上がりに着順を上げ、幸先のいいスタート。総じて印が薄めだったので、いまいちな結果だった馬でも単勝人気よりは上だった感じ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

落胆サーガことラスタンサーガII

そういや新PCに移行する直前にメガドライブ版のこれの動画を上げていた。
元々のアーケード版が超クソゲーな上に、グラフィックやBGMなどビジュアル面でも劣化しているダメダメっぷりで、相変わらず大味だしアイテム出現がランダムで運に左右されるゲーム性。なぜか普通に歩くよりピョンピョン跳ねた方が速いと言うソダン仕様。

rastansaga2.JPG

パッケージ裏。「ラスタン・サーガ 再び登場!! 」の文字と汚い画面写真4枚だけ。まさに見えている地雷状態。ついでに中古だけどアンケート葉書が入ってました。お買い上げ店の欄に「ファミコン専門店」なんてのがあるのが時代を感じさせる。て言うかメガドライブのソフトの葉書なのに「ゲームセンターのゲームでファミリーコンピュータにして欲しいゲームがあればお書きくだささい」なんてのもあった。
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のゲームソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

新PCから初投稿

新PCに環境移行中。まだまだ作業中。
長年使っていたXPから7に変わったが、まだあまり慣れていない。
また32bitから64bitになった事で、使えないソフトや周辺機器とかがあったりするのかも…
生産とかを再開するのはしばらく先か。

前々メインPC 2002〜2007
FMV・デスクトップ。Windows XP、Pentium4。CPUが高発熱のPen4(後の世代だともっと酷かったらしい)で本体が比較的スリムだったせいか放熱面で弱く、夏場は熱暴走で止まった事が何回かあった。
2007年、電源かマザーボードかが逝ったためあわてて買い換える羽目になった。

前メインPC 2007〜
FMVが死亡したため限られた予算で緊急購入したショップブランドの即納。ミニタワー。サイズはかなりでかくなった。メーカー製PCはWindows Vistaに移行していた時期だったがまたXPに。Pentium Dual-Core E2140、メモリ512MB→後に1.5GB、HDDも増設。CPUが低発熱で、でかい分放熱も良くなったので熱暴走が原因で止まった事は無し。拡張性もメーカー製よりかなり良くなった。
クロック周波数は前より下だったが、前PCでは実用レベルにならなかったSSエミュが実機と同速度で動かせるレベルにはなった。安かった割には働いてくれたと思う。
昨年末あたりから不安定になってきたので新PC購入となったが、結局そこそこ持ち直して来たw まあ完全に逝ってしまう前に新PCにバトンタッチできたのは良かったが(なおデータは外付けのHDDにバックアップ済みなので全く問題なし)。また電源かマザーが駄目になったかと思いきやよくわからない。いろいろ複合的な原因だとは思うが、やっぱりキャプチャボードが怪しいのか…。
新PCにはPCIバスがないし、とりあえずはセカンドマシンとしてもうしばらく使用予定。

新メインPC 2012〜
再びショップブランドの即納。前PCやばかったから早い方が良かったし、メーカー製だと高額だし拡張性無いし。ついにXPから離れてWindows7に。予算も前よりはアップ。サイズもさらに一回りでかくなった。Core i7 2700K、メモリ8GB。
マシンパワーが段違いなせいか、起動はずいぶん速くなった。今のところCPU使用率も常に低い。V2CやFirefoxも明らかに前PCよりきびきび立ち上がる(前は初回起動時がかなりもっさりだった)。
まだまだ設定中。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

2012年最初の更新

いろいろな事があった2011年でしたが、無事新年を迎えることができました。
本年もよろしくお願いします。
今年はダビスタのBC馬生産以外にもいろいろとやりたいところ。テスト的に動画を上げたりもしているが、まだまだ不慣れで満足の行く出来栄えではない。テストだけで終わるかも。

[ダビスタ回顧録BC・46日目]
6戦(0.1.0.1.2.2)
(グッドラックS)1月以来の出走だったブラッディウルフが芝でBC初連対。気性難で全く結果が出ていなかったがここで初めて好走。ここでは初出走のウォーターガンは相変わらず先行力不足ながらも、根性でしぶとく伸びて4着といい内容。
(ホープイヤーS)ブログBC以外では初出走のミラクルゴールが何とか5着。最低限の仕事はした。
(回顧馬記念)昨年5着だったファステストワンは、今年はG1馬として大一番に臨んだが、また5着に終わった。秋のG1路線でも堅実には走ったが、春ほどの爆発力は見られず。それでも2011年は大きく飛躍した年になった。今後も3生産馬では軸になる存在になる事を期待したい。牝馬のティナは7着。距離よりも位置取りがまずかった。しかし予想以上の活躍をした1年になった。ビヨンドコーストは8着。秋は4連続着外と、前半の貯金を完全に帳消しにしてしまうレベルのひどい結果だった。しばらく再調整が必要かも知れない。

OP2戦は賞金には届かずも及第点も、最後は昨年と同じく大逆転負けを喫して賞金2位で幕切れ。ついでにファステストワンがちょっと差のある5着だった事まで同じに。結果的にOPで賞金を獲得出来ずに差を詰められた事も響いた。
しかし古馬と4歳、それぞれのチャンピオンが大一番で底力を発揮した事を考えると、悔しいが順当な結果で完敗。肝心な時にこの程度のパフォーマンスしかできなかったのではV逸も仕方がない。
それでも昨年は未勝利だったG1に勝つ事もでき、最終的にティナが牝馬、ファステストワンがセン馬(3生産馬)、レスターが実績C産駒の賞金トップになる事ができたのは良かった。
出走数はテイルガンとノアニールの11戦が最多で、ノアニールは最多着外(7着外は他オーナーを含めても最多タイ)&2生産馬では賞金トップだった。勝利数ではティナが3勝した以外は2勝以下で、ティナ以外のG1馬はいずれもG1以外では未勝利だった。出走数、勝利数ともにかなり分散している傾向が強かった。
活躍馬も出た反面、着外続きのひどい成績の馬もかなり多かったのは、今後に不安を残す材料か。

[その他ダビスタ96系BC総合など]
2011年のダビスタ96系BC全体(2・3・96生産馬)の成績は727戦101勝で(複数戦制のBCは個別のレースを全て数え、予選なども含む。セルフBCは除く)、自身初の年間100勝を達成した。
ダビスタ98も含めた合計の186勝も自己最多勝になった。98で自己最多勝だった2009年は96系の勝ち星が少なかった(13勝)。

最多出走はワイルドガンズの29戦で、第9回インターBC本選10戦、予選5戦があるので登録回数だと15回。
以下レッドスター25戦(第5回インターBC本選10戦、予選5戦、回顧録BC予選1戦)、ディーク20戦(第5回インターBC本選10戦)、テイルガン16戦(第7回インターBC予選5戦)と、98BCで最多出走のシャドーダンサー(15戦)を上回った馬はいずれも複数戦制BCの出走馬で、登録回数で見ると98と同じく最多でも15程度だったようだ。昨年回顧録BCで最も活躍したファステストワンは14戦だったが、これも回顧録BCのFHベストTRブログBCで5戦していた。
2010年以前は詳しく調べていないが、98でも複数戦制抜きで年間20戦台の馬は数頭いた模様(複数戦制を含むとCDBCのみで33戦もした2005年のアルルナジャがダントツに多い)。

[2011年までの作品別出走状況(最弱馬など一部除く)]
ダビスタ2生産のBC馬は17頭中15頭が2011年にBC出走。残りの2頭は3・96のレースには不向きなタイプのデコジャンプとサンプルマン。
ダビスタ3生産のBC馬は39頭中32頭が2011年にBC出走。他に2010年にBC出走したのはスワンレイク1頭のみで、最終出走が2009年だったのはジッケンハイゴーなど3頭だった。2008年が1頭。残りはしょぼい実機生産馬(サンプルワン)と再現配合STコメ無しシャドー馬(パンチパーマ)で、さすがにこの2頭の実戦投入の可能性は低そう。
ダビスタ96生産のBC馬は118+1頭(デスストーカー)中、102頭が2011年にBC出走、グリーンモンスターなど6頭が2010年にBC出走があった。最終出走が2009年だったのは3頭、2008年1頭、2007年5頭、2006年2頭だった。2010年以降未出走の馬は牝馬や根性低い馬が多め。

昨年春以降は意識していろいろな馬を試してきた事もあるが(元々1頭の馬に大活躍をさせるよりも、いろいろな馬にチャンスを与えようとする傾向はあった)、2・3・96生産のBC馬174+1頭のうち149頭(85.1%)が2011年にBC出走、156頭(89.1%)が2010年以降にBC出走した。
なお2・3・96いずれの作品でも最終出走が2010年の馬は、BC岳第3期や回顧録BC(2010)の開始後に出走があった。

ダビスタ98生産のBC馬は、代重ねは161頭全馬が2011年にBC出走した。代重ね以外も含めると218頭中183頭が出走(83.9%)。いずれも5月以降にBC出走あり。
最終出走が2010年だったのは3頭のみで、186頭(85.3%)が2010年以降にBC出走、最終出走が2009年だったのは10頭、2008年1頭、2007年以前は21頭だった(私営競馬(初代限定)の終了は2007年)。


[ダビスタ98BC]
22戦(1.1.4.4.3.9)
(1R)カコノエイコウは最後甘くなったがハンデ戦でも3着、スプリングキャンプは2列目からも堅実に4着、昨年意外に堅実だったアクスボンバーはビリ。
(2R)スタークルーザーは加速が遅かったが外からしぶとく3着。デイジーは最後に伸びが鈍って5着。テラクレスタで引っかかり気味で早め先頭の後失速の7着。
(3R)ニューロードは理想的な位置も意外にズブく3着まで。次回3Rに使うかはまだ未定だが、次走もW別の重賞かOPになりそう。イクスティンクは2列目から5着、ちょっと足りなかったが無制限でもそこそこ走り、能力の割に悪くない。
(4R)ティータは今回は位置取りもよく久々好走の3着、昨年秋は4連続着外と全く駄目だったが持ち直した。エスリンは外から4着に来てまずまずだったが28連敗、ブーケトスはは2列目からで印付いても6着と結果出ず40戦未勝利の大台に。
(5R)デロリアンは1列目で絶好の位置も伸びず5着まで。アダマンタイト7着、ギンノタロット8着とダート兼用タイプの2頭は先行出来ず逆ワンツー。
(6R)スクーターはいいペースで走り最後も底力発揮で勝利。2000ぐらいだと背負わされる事が多くなっていたが今回は58kg、これなら軽ハンデ馬に出し抜けを食らう流れで無ければいける範囲。昨年3着以降不振だったデスヘイムは久々に好走、惜しい2着で見せ場十分。昨年勝ち馬タイムギャルは軽ハンデも今回は凡走。
(7R)ライフスティールは外から進出して見せ場は作るも、最後はSP根性差が響いた感じの4着で力負け。ただまずまずいい状態は持続している。ジョージシスラーは8着。ハンデ戦だと長距離でもわりと好走しているが、無制限だと短距離向き?
(8R)マスターナイトは積極的に行けて仮性としては健闘も、真性の実績馬に歯が立たず4着まで。真性2頭が期待外れで、昨年は堅実だったパワードール7着、昨年からハンデ戦以外での成績が悪かったワールドシリーズは8着に終わった。

今年初戦は1勝のみ。5Rまでは3着4回も連対無し、6Rは好内容のワンツーも、ラスト2戦は力負けっぽい4着。
数字ほど悪い内容では無かったものの、ちょっとスタートダッシュに失敗した感じ。次回は間隔が開くが一頭ぐらいは新戦力が出て欲しいところ。

年末年始は意外に余裕がなかったので生産面では成果なし。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする