2012年04月30日

BCでは好成績

[BCプレミア第1期 第12節]
7戦(2.0.2.1.1.1)
(1R)昨年9月以来だったロッククライマーが、無印で最低人気ながら2列目からよく伸びて勝利。前走はダートで勝っていたが芝では初勝利。次走も芝の予定。フェルナンデスは形は悪くなかったがイレ込みでは苦しく大敗。年明けから続けて大敗。
(2R)1組メイルシュトロムが外から進出、最後も根性を見せて初勝利。次走も芝4歳戦の見込みだが、出走権取りを目指すか直接重賞に使うかはまだ未定。
(3R)2007年以来の出走だった1組ファルルリーナは1番人気で前にも行けたが、決め手を欠き3着。2組スワンレイクは4角ではいい位置も直線かなり離されて完敗の4着。連続連対中だったが結果を残せず。
(4R)ダイナマイトデカはやや後方からになったが外から進出して1列目、最後は詰めが甘かったものの見せ場を作る3着。しばらく芝の出走が多かったがダートでもまずまずの結果。連勝で重賞出走のミストジャベリンは先行力を見せたが、直線やや伸びず5着まで。2頭とも掲示板で人気よりも上と合格点。
前半2勝と好調、重賞でもまずまずの結果。先月は終盤やや成績を落としたが、今月は2週連続の複数勝で締めくくった。

BCでは好成績だったが、それ以外は全体的に不調で生産はサッパリ、その他の作業もあまり進まず。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

ダビスタ3セルフBC 8R

ダビスタ3のBCで走らせた事がない3生産馬5頭と、あとは最弱馬7頭。

[ダビスタ3セルフBC 8R] 最弱と同時 京都1400
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

人気に関して書き忘れ&BC結果など

人気に関して書き忘れてた事があった。
レースに勝った時は2着馬の人気が影響するが、それ以外の時は着順が一つの上の馬が人気に影響する(2着の時は1着馬、ビリの時はブービーの馬)。

最弱馬の場合だと大抵1戦してビリだが、人気の高い馬がブービーに大敗すれば、元よりも大幅に人気が上がる(母不出走だとたいてい初期値10台だが、30台までなら上がる)。人気が高くなると印の薄さでは不利になるが、騎手の確保では有利になる。
96以降だと1週目・2週目の新馬戦に強い(人気が高い)ライバルがよく出てくるが、2週目のダート戦は芝と比べると人気馬が大敗しやすい。

[BCプレミア第1期 第11節]
10戦(3.2.0.3.0.2)
(1R)1組クレイジーイワンは1列目に付けられず4着。ビリは回避して前走よりは良かったが。前走重賞2着の2組ガーリックトーストも1列目に付けられず4着と、ともにイマイチ。
(2R)2組スリラーが外からよく食い下がって、強い相手にデビュー戦勝利。次も芝の短中距離か。
(3R)スイフトワロスが早く抜け出し過ぎて最後に差され2着も、2列目から伸びて決め手を見せた内容。アストロマンは4着。最低限の結果も、早め先頭だったのを考えると物足りない。ただここではちょっと決め手不足だったか。前走はダートでの好走だったが、次は芝になりそう。
(4R)チャーリーマニエルは予選Bでは2着。決勝では残り1000から差を詰めて、最後も底力を見せての勝利。久々の出番でしっかりと結果を出してこれで通算9勝目。
前走重賞で見せ場十分だったステラアサルトは予選Bで先行力と粘りを見せて勝利も、決勝では人気よりは上に来た程度で見せ場なし。優先出走権のホリンも見せ場無しで、今回も人気薄だったが人気通りの結果。

2R・4Rとも内枠ながら外を回っての勝利で、ともにCランクの騎手。予選も含めると3勝と好成績。
96系のBCでは2007年に40頭連続未勝利の不名誉な記録を作ったが、どうやら塗り替えられている模様。全BC合計だと2010年に44頭連続未勝利、98系BCでは2008年に42頭連続未勝利を記録していた。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

最弱馬生産用メモ

・最弱馬生産に向く要素
[三代同系配合]
SP・STが母の能力の約8割までに抑制される。
母の能力が極めて低いと逆TSLに到達して母より上も出るが、せいぜい一桁から10台が出る程度。
母の能力が低い場合は、SPアップやSTアップを山ほどぶち込んでもほとんど意味を成さなくなり、実績や距離適性のパラメータもほぼ無意味になる。

[超危険配合]
気性が最高でも20になり、健康も最悪の0になる。
96以降の作品では、根性も上限値が落ちる(底力アップよりダウンが多くなった時と同等)。


・最弱馬生産に向かない、絶対に避けるべき要素
[面白配合(96以降)]
根性が底上げされて、一定レベル以下が出なくなる。最弱は配合の選択肢が非常に広く自由度は高いが、これは死んでも避けるべき。

[底力アップ3本以上(ダビスタ3は無条件、96以降は超危険配合ではない時)]
面白配合よりも底上げラインは低いものの、一定レベル以下が出なくなる。
96以降の超危険配合が成立している場合は根性無し馬が出る可能性もあるが、出来れば底力アップは少ない方が良い。


・その他のメモ
何も考えず重ねても底力アップよりダウンが多い(特に表記無い場合底力C、実績C)
セントシーザー 底力-2
リードワンダー 底力-1
アンドレアモン 底力-1
やはりこの3頭は定番。

リーチ 底力-1 実績B
レシテイション 底力-1 底力B
ボーザム 底力-1 底力A

なおPS版でいなくなったレシテイション以外は、PS版以降でも最弱馬生産に向いている。

ノーザンダンサー系や実績Aはあまり向いていない種牡馬が多いが、ノーアテンションやニッポーテイオーは血統構成的には意外に面白い。

1歳コメントが「おとなしい」以外は根性が高すぎるため、全くチェックせずに捨てても良い(96以前)。PS以降でも「ヤンチャ」は全くチェックせずに捨てても良い。

ウインザーノット×ウインザーノット×アイスペール
SP8本でも最弱クラスの生産はたぶん可能。母の能力が下がりきらなければもう一代重ねるのも可。

2012年04月18日

ダビスタ3で白毛馬育成・意外な新事実発覚など

底力アップ3本以上だと、根性の最低値が底上げされるのは自分では全く気が付かなかった。貴重な情報ありがとうございました。(底力ダウンが入っている場合はその本数分引くっぽい)
底上げされる条件・ラインともに低めなので、これはBC馬生産に役立つと言うよりは、むしろ最弱生産時に避けるべき配合なのかも。これは96以降の非面白配合でも当てはまっている可能性もあるかも知れない(まだ未調査)。

自分で試してみた範囲だと、ラシアンボンド×ノーザンディクテイター×カラオケクイーン(2本)ではそこそこ出ていた根性15未満が、ノーザンディクテイター×ノーザンディクテイター×カラオケクイーン(3本)からは確認できず。
サクラショウリ×サクラショウリ×ピーチプリンセス(3本だが底力ダウンのマイリージャンも1本で実質2本?)では根性一桁が出たのを確認。
タマモクロス×サクラショウリ×タッチミー(4本とマイリージャン1本、実質3本?)では35未満が確認できず。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ3 スリルショー×ノーザンディクテイター×ナノフラッパー
122/86/98/22/1 白毛
マグニテュード生産の副産物。気性Aなのにセン馬だが、白毛でこれなら十分すぎるぐらいの能力。X月は5歳だった(成長型が2)。
3生産のスリルショー産駒はまだいなかったのを考えると、もし白毛ではなかったとしても悪くはないレベル。あとは実戦でどの程度の結果を残せるか。
ちなみにダビスタ3白毛馬の牧場でのグラフィックは、2や96以降と比べて若干灰色がかっている(もちろん芦毛よりは明らかに白い)。

あとはテスト生産中に見かけたラシアンボンド×ノーザンディクテイター×カラオケクイーン
120/79/91/70/3
まだ上も出そうだし、即育成するレベルには足りない感じがするので今回は見送り。
非外道サクラショウリも生産を再開していたがかなりスタミナがひどい。コメントすら出ない馬が多い。以前やってた外道配合より母のSTが11低く(82→71)、STクロスも1本少ない分不利ではあるがそれにしても。合計でもBランクすら出ない有様で、目標を下方修正せざるを得ないか。

そう言えばダビスタ3の3歳戦では、コスモス賞(9月2週)になぜかミソノブルボンなどの妙に強いライバルが出てくる事がある。あとはダート500万下のプラタナス賞(10月3週)も妙に強いライバルが出てくる事がある。謎だ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ3攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

ダビスタ96セルフBC 131R

[ダビスタ96セルフBC 131R] 新潟1000
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

印の割には悪くない結果

[BCプレミア第1期 第10節]
9戦(1.0.2.2.1.3)
(1R)アイシービーエムは位置取りは良かったが粘れず7着。2節では好内容だったが今回は駄目だった。
(2R)初ダートだったデビルマウンテンは5着、ベンオグリビーは6着。ともに久々出走だったが1列目にも付けられず。ここまでの3頭は全て無印。
(3R)1組ホリンが無印ながらも積極的なレースで、最後も根性を発揮して見事に出走権獲得。2組ダブルニープレスは4着。厳しい位置だった割には悪くなく、もう1回ぐらいは出番がありそう。
(4R)アーリアルは予選B組では3着、決勝では早仕掛けで最後に捕まったが見せ場十分の3着。意外に苦戦している4歳限定戦でも安定している。次走も重賞の予定。
今年初戦のクリスタルコアは予選A組では4着も、決勝では人気通りの11着に終わった。予選決勝ともに左1以外は無印。
前半がかなり駄目だったものの、後半は予想以上に健闘。7頭中4頭が無印、左1以外の印が付いたのが2頭だけだったのを考えれば悪くはない結果か。

[ダビスタ生産・育成]
あまり進まず。ダビスタ3でクリスタルパレス×ロイヤルスキー×ピーチプリンセスを細々と生産していた程度。
以前やってたラグビーボール×キヨヒダカ×ミッドとSPアップ要素は大差ないが、思ったよりSP乗りは悪くない。母のSPが10以上高く、距離適性も短い分基準値が高いっぽいのもあるか。ただ育成対象になりそうなレベルは今の所無し。
もっとも手元のミッドナイトアールティが高齢だったために、キヨヒダカ×ミッド牝の生産数が足りずSPイマイチだったのも否めなかったが。なので若いミッドナイトアールティを再購入。機会があれば繁殖を作り直す。ラグビー以外の種牡馬用だとアイシーグルームとかの方がよりいい繁殖を作れそうな感じもする。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

ダビスタ96セルフBC 130R

[ダビスタ96セルフBC 130R] 中山ダ1800
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

ダビスタ2系統図

2・3・96・98の中では最も産駒の数が少ない。おまけに生産がしばらく進みそうにない。
2と98は系統(基礎牝馬)が少ないが、3や96は多いのでまとめるのが面倒そうだ。

この記事は古い内容です。最新版はこちら

ダービースタリオン・生産馬のページに戻る

■ 牡馬
● 牝馬

トップモデル系
●トップモデル 牝 栗毛 93-68
┗●2牝(スティールハート) 鹿毛 114-51
 ┣●3牝(リードワンダー) 鹿毛 121-70
 ┃┗■デコジャンプ(マルゼンスキー) 牡 黒鹿毛 116/74/70/85/3
 ┣●3牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 128-54 不出走
 ┃┗●4牝(ニホンピロウイナー) 鹿毛 131-25 不出走
 ┗●3牝(スティールハート) 鹿毛 126-15 不出走
  ┗●4牝(セントシーザー) 黒鹿毛 140-31 不出走
   ┗●5牝(スティールハート) 栗毛 159-21 不出走
    ┗●6牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 171-57 不出走
     ┣■ピーエスイー(サクラシンゲキ) 牡 鹿毛 7/0/4/16/2 最弱馬
     ┣●7牝(ウインザーノット) 黒鹿毛 174-65
     ┃┗●ティンクルスター(ノーザンテースト) 牝 鹿毛 127/81/73/90/1 166-85
     ┃ ┣■ベオウルフ(シンボリルドルフ) 牡 栗毛 127/76/96/98/1
     ┃ ┣■ザンブラーノ(ブライアンズタイム) 牡 鹿毛 127/84/97/78/3
     ┃ ┣■ガーリックトースト(モーニングフローリック) 牡 栃栗毛 127/74/89/50/1
     ┃ ┣■オパオパ(オペックホース) 牡 青鹿毛 127/85/97/70/3
     ┃ ┣■ホリフィールド(ホリスキー) 牡 青鹿毛 127/100/97/96/3
     ┃ ┣■プラズマクラスター(スクラムダイナ) 牡 鹿毛 127/81/92/54/1
     ┃ ┗■ミストジャベリン(ミスターシービー) 牡 黒鹿毛 127/81/99/75/4
     ┗●7牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 238-27 不出走
      ┣●8牝(スイフトスワロー) 鹿毛 232-76
      ┃┣■ホーリーバスター(ホリスキー) 牡 白毛 127/90/96/80/4
      ┃┣■オイルマネー(オペックホース) 牡 栗毛 127/70/99/52/2
      ┃┣■テスタメント(サンテステフ) 牡 白毛 127/89/98/79/0
      ┃┣■メイルシュトロム(メジロティターン) 牡 芦毛 127/96/98/79/0
      ┃┣■ホリン(ホリスキー) 牡 鹿毛 127/100/97/93/1
      ┃┣●9牝(リアルシャダイ) 栗毛 227-80
      ┃┃┣■モーリスグリーン(グリーングラス) 牡 鹿毛 127/99/99/76/2
      ┃┃┗■アトランチスノナゾ(バンブーアトラス) 牡 栗毛 127/117/75/76/0
      ┃┗●9牝(ラッキーソヴリン) 黒鹿毛 230-78
      ┗●8牝(シンボリルドルフ) 鹿毛 212-81
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

メンテナンス後最初の更新

ブログのメンテナンスが終わっていろいろ変わってた。あまり細かい所は触ってないが。

[ダビスタ2]
それなりに数はいるのであとは質を上げていく段階。そのためにはより良い繁殖を作る事が必須だが、相変わらず停滞気味で後回しになっている感じ。まだ時間がかかりそう。

[ダビスタ3]
やりかけのまま止まっている配合が多い。あえて非外道にしている配合もあるがなかなか成果出ず。
96でもそうだが、PS以降に登場しない種牡馬を優先的にやろうとしている傾向。
クリスタルパレスはチヨノオー×ピーチプリンセス牝でいいのがなかなか出ない。ロイヤルスキーではSP93が出た。

[ダビスタ96]
3でも98でもメジャーな種牡馬にはたいてい手を付けているが、ラシアンルーブルは3番手ぐらいの種牡馬にもかかわらず、ほとんど手付かずのままだった。
配合の選択肢は多いが5代以上繋がないとベストの状態にならない事もあるし、やるタイミングがないままだった。ついでに未だに5代以上繋いだ配合のBC馬が皆無(全く手を付けていないわけでもないが、育成する段階になったのが無し)。
全体的にニジンスキー関連の配合は手薄で、ワイルド×ミッド牝を使いまわしたナグルスキーとかラッキーソヴリン産駒がいる程度。直系ではないが母系のニジンスキーを活用するアウザールとかもやる機会が無かった。

[ダビスタ98]
一区切り付いたので最近は止まっているが、不完全燃焼の配合も少なくない。

[PS版]
せっかくだからイットウショウから繋いでみるとか、Relaunchを使ってみよう(仮)
具体的に進むかどうかは不明瞭。SS版も同様だが育成はSFC版より確実にめんどくさそうだ。

[SS版]
まだ具体的な計画はないが、そのうち手を付けるかも知れない。

[BCプレミアPlus]
12戦(1.3.0.2.2.4)
(1R)1組はどちらもしばらく勝ち星の無い馬だったが全く見せ場無くビリとブービー。しばらく実戦から遠ざかりそう。2組は仮性-1のアストロマンが初ダートながらハナ差2着に健闘して、能力以上の走り。実戦でブレイヴェストローマン産駒らしいダート適性を発揮。次に芝ダートのどちらを選択するかは未定だが選択肢が広がる内容。
(2R)1組のワイバーンナイトはそれなりに差を詰め4着と悪くはない内容。2組はマネーボールがよく追い込んで2着と、実績A産駒を相手に好走。これぐらいの距離は合いそう。
(3R)1組で唯一右2フローしていないミストジャベリンが快勝。適性があるのか微妙な舞台での好結果で今後の選択肢が広がった。2組のサクサクイクナイは不振続きでおまけに無印だったが先行力を見せて2着。
(4R)1組はひどい内容のビリで着外の6着、5頭立ての2組でも実績Cコンビが先行力無くビリ&ブービー。3頭とも久々の出走だったが結果を出せず。
(5R)ミサンガが最初はいいペースも勝負所でうまく動けず5着まで。サイコクラッシャーは見せ場無くビリ。

全体的には微妙な成績。ダート戦・牝馬戦でビリ4回、ブービー2回は悪すぎた。芝無制限での能力勝負に強いタイプではなく、本来はそういう所でこそ稼がないといけないのに。まるで左を抑えるために出てきた左腕が四球出したり打たれたりして全く仕事ができなかったような物。
ただ逆に苦戦を予想していた芝無制限では、相手関係を考えたら合格点。今年生まれの若手が1勝2着2回と好成績だったのも収穫。
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする