2012年09月29日

かつて無かったほどの厳しい育成

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ3で最弱1頭育成。
ノーアテンション×ノーアテンション×ジェイドロバリー×スーパーシェビニオン
62/81/1/1/3

サブパラはどちらも最悪で申し分なしだが、スピード不足でかなり育成が厳しかった。初期人気は52(売却価格3200万)。
最初は未勝利のままダミー馬を使って人気を上げようとしたが、どうも96とは勝手が違って上手くいかない。
人気が高い(売却価格4500万)で滝を乗せたダミーをブービー、最弱をビリにしても人気が普通に落ちていた(96だったら人気が上がると思われる)。
ダビスタ96以降だと2着以下に負けた場合は、一つ前の馬の人気と着差が関係するが、どうやらダビスタ3の場合は勝ち馬の人気と、そこからの着差が関係するようだ(勝ち上がった後、格上挑戦させた時判明)。

そのため芝調教でまずSP限界まで上げて(デビュー前だとSP調教で人気が上げる)人気60台。
レースに使って行ってまず未勝利脱出で1勝。その後格上挑戦で少頭数のオールカマーでさらに少し人気が上がった。人気がかなり高い勝ち馬からあまり離されてない場合、3着以下でも人気がアップした。
そして格上挑戦のAJCC優勝で堂々のオープン馬に。最初はマチカメタンホイザから離されなかった程度で人気も上がったからいいかと思ったが、何回かやり直してたらまぐれで勝ってしまった(2着フジヤマケンサン)。しかしこんな馬でもG2に勝てるとは…
さらにもう1勝して宝塚記念にも出られる状態に。その宝塚記念は5着(勝ち馬アグリキャップ)で人気がアップ。一時は人気85、ハンデ62kgまで上がった。
パス取り前に追込で負けて、それでも人気77のハンデ60kgになった。

しかしサブパラ崩壊の最弱馬の育成は、最強馬育成より確実に数段厳しい。今回のはかつて無かったほどの厳しい育成で、高SPの人気MAX仕上げが楽に感じるぐらい。再び同じ事をやれと言われてもできるのか自信がない。
まあ最弱を徹底育成するのと比べたら、最強の晩成4歳仕上げとか去勢で気性79まで粘るのなんて朝飯前ってぐらいのレベルじゃないかと思う。

[BCプレミア第2期 第3節]
7戦(0.2.0.1.1.3)
(1R)デビュー戦のワイマールはイレ込んだ馬をかわしただけの5着。内容的には期待外れ。
(2R)キャットヴォイスは悪くない位置だったが4着。デビュー戦のオハヨウジョは後方のまま7着。1Rもそうだがデビュー戦で覇気がない内容では…
(3R)ミサンガが先行力を見せたが優先出走権は獲得できず、この馬は2着が多すぎる。クリスタナガホリは4角で前にはいたが、折り合っていなかった感じもあって失速してビリ。
(4R)牝馬のアイシャが見せ場十分の2着と頑張った。コロコロピーケーは2列目から伸びず6着と微妙。
後半はある程度は先行力が戻ったものの勝ち切れず、最弱を除くと前回に続いて未勝利。
それなりに補強はしているものの、質の面で非常に苦しくなっている事は否めない。
BC馬の性能の違いが、戦力の決定的差でないということを…教えてやる!とはなかなか行かないようだ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

ダビスタ98セルフBC 243R

[ダビスタ98セルフBC 243R] 東京D1400
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

ダビスタ3で1頭育成、PSのグレートローマンは苦戦

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ3で牝馬1頭育成。
モーニングフローリック×ノーザンディクテイター×リーデンベール
119/97/29(68)/79/3 栃栗毛
合計では一応Bランクに到達しているが、栃栗毛じゃなかったら育成対象にはなってないだろうなって感じ。

PS版ではグレートローマン×ウッドマン×カーリアン×イットウショウ。
グレートローマンで面白になるので実験的にやっているが、わざわざ面白配合にしているにもかかわらずシャドー率高めだし、SEにも恵まれてる割に手応えが悪い。
ニトロが高くても実績C非ニックスは想像以上に厳しい。現状では本気でやる気にはなれず、実験的にって程度で終わりそう。目に付いたのはこの程度。

120/80/98/96/4/3 458kg
サブパラだけの馬。重い固定をチェックしてみてもこの程度。

112/92/56(68)/88/5/7 424kg
真性のシャドー装着可。一応はライトアクスを超えてるがニトロの割にヘボいし、実機ならともかくエミュ生産でこれはあまり満足できないレベル。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

ダビスタ96セルフBC 135R

[ダビスタ96セルフBC 135R] 札幌1800 牝馬
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

774BC3日目回顧など

[774BC 3日目]
今回は開催前にサイトの方をほとんど触ってなかった。開催した後に気がついたw
BC開催は月2回ペースを目指していたが、2ヶ月で3回ペースぐらいになりそうな感じ。

(1R) 98 札幌 2600 (6) 一般戦 印ハンデ
1組はユリウスが軽ハンデでまんまと逃げ切った。シリウスシンボリ産駒。試しにミスクエバージョンを使ってみたタイムギャルはイレ込みで沈んだし、印も付き過ぎた。自分の馬以外ではダンダンバタケが2着、トップハンデのジブジブが3着。

2組は最後に接戦を制したダラダラスポットが勝利。タイトスポット産駒。自分の馬ではトリプルヒットがハナ差で惜しい2着。明らかにSP不足のネタ馬でデビュー戦のPS生産馬シャブリンは3着で、かなり展開に恵まれた感じだったが大健闘。
シャドーロール・ブリンカー両方装着馬が98のレースを走るケースは稀で、グラフィックの制約上道中ではシャドーロールのみ、スタート直後・4角・直線ではブリンカーのみが表示されている。

(2R) 98 中山 D1800 (8) OP戦 初代or実績C
1組は塩飛びながら間からしぶとく伸びたコネコナベが勝利。サンキリコ産駒。2着はウワサオブウインド。自分の出した馬はパウリーニョが差のない3着とまずまず。

2組は外から伸びたフォルネウスが勝利。シリウスシンボリ産駒。3着は初代配合馬のシンダール。
自分の馬では真性ながら成績がパッとしなかったミドウスジパレードが2着好走、初期牝馬産駒のテーブルマウンテンが4着。

(3R) 98 阪神 D1800 (8) OP戦 印ハンデ
1組は最軽量48kgで白毛馬のタビガラスが押し切って勝利。タップオンウッド産駒。2着はドングリコ。
自分の馬では3着にリカルデントで、予想外に重い64kgだった。久々出走のナイフキラーはビリ回避も軽ハンデでこれは力不足。

2組は52kgカワラナデシコが早めに抜け出して勝利。ゲイメセン産駒。3はジントニックは69kg。
自分の馬ではモンブランケーキが最後差を詰めて2着でOP初連対。ドースルは最軽量でもイレ込み馬より先に後退してビリと力不足。1組もだがラインコントロールを失敗していた感じで、軽ハンデでも明らかに足りなかった。

(4R) 98 阪神 1400 (8) OP戦 SP128(K93)以下
1組はセレクトボタンが外から最後に逃げ馬をかわして勝利。セクレト産駒。フォースフィールドは5着。自分の馬以外では2着に逃げたサンダルフォン、3着はトルネード。

2組は牝馬のミネルヴァが最後まで伸びて勝利。ミルジョージ産駒。3着はミストラス。
自分の馬では2着にPS生産馬のリーンバーン。最後に止まって勝ち切れずも今後にメドが立った。5着グロウルはこの条件でもパッとせず。初代or実績Cで巻き返せるかどうか。

(5R) 98 中山 1200 (12) 重賞 無制限
予選1組はトランソニックがイレ込みながらも凌ぎ切って勝利。デインヒル産駒。2着はスカイドライヴ、3着はフォールレイン。自分の馬はアトミックランナーが4着で一応決勝に進出。

予選2組はシャドーダンサーが押し切って勝利。ダンシングブレーヴ産駒。24連敗中と低迷していた馬だったが、予選ではあるが連敗を止めた。デイトナも4着で決勝進出。
自分の馬以外では2着に牝馬のアステロイド、3着は逃げ馬のヨルムンガルド。

決勝は予選1組勝利のトランソニックが予選を制した勢いで本番も勝利。内で食い下がったアステロイドが2着。自分の馬では最後に差を詰めたデイトナが3着といい内容だったが、他3頭はパッとせず着外に消えた上に逆ワンツーの結果。頭数の都合上優先枠を使ったのがビリだった。

自分の馬の成績は22戦(3.4.4.4.4.3)だった。質の面で苦しい事を考えれば意外に悪くなかったか。

[次回予定]
4日目 10月上旬予定
開催日は後日正式決定します(開催日1週間前までに発表)。

(1R) 98 東京 D1400 (6)
一般戦 無制限 連闘不可
(2R) 98 京都 1200 (8)
OP戦 無制限 連闘不可
(3R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 SP122(K87)以下
(4R) 98 東京 1800 (8)
OP戦 父実績C・初代
(5R) SS ロンシャン 2400 (16)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜4Rは超えた時はレース分割。5Rは予選などの開催で絞り込み。
1人5レース合計で15頭まで(変動制)。1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
5Rのみ、予選開催時免除で決勝から出走できる優先枠を設けます。
優先枠を使う時は、テンプレのレース部分かコメントにでも書いておいて下さい。
今回から一部のレース(一般・OPの無制限戦)で連闘制限あり(3日目に出走した馬が対象)。実機生産馬は制限の対象外。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

96マルゼンでSランクなど

[ダビスタ生産]
ダビスタ96 マルゼンスキー×ワイルドアゲイン×ニジンスキー×プリンキピア
123/117/97/34/0
一応Sランク。やっと生産は絶不調から脱したか。客観的に見ればマルゼンスキーでSランクに届いただけの馬だし、セン馬でダート適性も無い所が微妙だが。
繁殖作りでは苦戦気味。サクラショウリ×ニジンスキー×プリンキピアで1頭出たがその後が続かない。
ダビスタ3の生産では相変わらず不振続く。ノアノアは勿論マイナーな種牡馬よりはいい手応えなのだが、思ったほどは爆発しないので期待度とのギャップが大きい。
非外道モーニングフローリックもいまいち突き抜けずドングリーズ状態。
数が多い栗毛でも大して突き抜けてなかったりするので(SP120以上の合計Aランクすらいない)、小粒でも栃栗毛の方がマシってレベル…。
以下全て栃栗毛。
122/98/97/52/2 SPST根性はいい感じだが気性がちと悪く、ダ適も特に高くない。
119/90/95/68/4 昔の生産。使い勝手は良さそうだが永遠の育成候補になってる。
119/97/29/79/3 牝馬。シャドーを付ければそこそこか。
118/105/88/31/3 割と最近。SP根性足りず中途半端。
119/103/97/47/3 昔の生産。気性が悪い。

[BCプレミア第2期 第2節]
8戦(1.0.1.3.2.1) 最弱以外6戦(0.0.0.3.2.1)
(1R)2頭どちらも出遅れ。デビュー戦だったトキスデニオスシが見事にビリ5着と結果を出した。初戦で全く期待外れだった2戦目のハタライタラマケも、今度は3着と及第点の結果で今後にメドが立った。
(2R)1組でデビュー戦のミジンギリはイレ込んだ馬をかわしただけの4着。
(3R)1組のスリラーは無印で2列目だったが大きくは崩れず4着。2組コナンザグレートは直線失速の5着。乗り替わりだったし流れも向かなかったが…
(4R)チャーリーマニエルは4番人気で4着。最後直線でやや仕掛けが早かったものの、その前に動けた事は評価。フローする距離なので右2が付いていたアストロマンが5着。相手も揃っていたし、前走に続いてよく頑張った。ナイトストライカーは人気よりは上だったがあまり伸びず7着。一応3頭とも単勝人気を下回らなかった。
最弱以外では3着以内には入れなかったが最低限の結果は残したか。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

ダビスタ3(以前)の気性限界の違い判明、ニジンスキーで一定の成果など

気性難配合を多くやってる関係で自分では気が付きにくかったが、どうやら牡馬に関しては若干96より3の方が下限が高いようだ。TKSSさん情報ありがとうございました。
自分のデータで気性難要素の無い配合をチェックしてみると、マークオブディスティンクションから気性30台は出てなく(去勢可能なのは皆無)、メンデスからも気性10台、20台はいない(ともに牝馬除く)。
メンデスは実際に育成したトップの産駒と未育成の2番手は気性も揃った牡馬で、SP110以下でダ適が高いストックも大半が気性50台の牡馬で、去勢できるレベルの方が実際少なかった。
恐らくダビスタ2でも同じである可能性が高く、気性Cのスクラムダイナやゲイメセンでも、去勢したくなるレベルの産駒がそう言えばあまり出てなかったような…

[BCプレミア第2期 第1節]
7戦(1.1.0.0.1.4)
(1R)デビュー戦のコロコロピーケーはなんとか掲示板確保の5着で及第点。牝馬のイッポンザクラは8着。ともに先行力不足。
(2R)ハルブリーデンは先行力不足で見せ場無く6着で今年は不振。
(3R)1組のアストロマンはこの条件でどうかと思ったもののが、ジリっぽいイメージを覆す内容で見事に出走権獲得。長めの距離にもメドが立った。次はさすがに厳しいかも知れないが今回の内容は良かった。ダートもそこそここなせるし意外と万能。2組ランディバースはイレ込みながらも自分のペースで走り2着で連対と頑張った。
(4R)ホリフィールド8着、イレ込んでいたステラアサルト11着と見せ場無し。

開催初日は3Rの内容は良かったものの、他はイマイチで総じて先行力不足だった。

[ダビスタ生産]
層があまり厚くないニジンスキー系の補強に着手。ダビスタ2に関してはホリスキー産駒複数やノーアテ産駒がいるけど。
ダビスタ96 ニジンスキー×スイフト×ファンテ 126/101/94/93/3
欲を言えば根性がもう少しあればよかったが育成。ようやくニジンスキーで一定の成果。次回2Rで実戦デビューの予定。
ダビスタ3の生産では不振続く。久々にノアノアをやってみたが、予想以上にSP根性が乗らずいまだ育成対象なし。ラインを低くしにくいメジャーな配合の割に苦戦。マシなのがSP120に達していない119/98/97/13/3とか115+4/106/95/16/1程度で、このまま何も育成せずにお蔵入りになりそうな雰囲気。母はノーアテ×ジェイド×スーシェビ(117/77)だが、もっとSP高い方がいいのだろうか。

現状でもSP<STな手応えだがタマタマほど安定してSTが乗るわけでもなく、SP乗りもやや劣っているので、やはり過去の最強配合になってしまった感は否めない。
ノアノアはスーシェビをキュービックに変えるとよりST型の配合になるが、(繁殖作りも含めて)今よりも厳しくなりそうだ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

レシテイション生産など

ダビスタ3ではレシテイション×ディクテイター×ナノフラッパー生産。SPはそこそこ乗るが、SPが乗った時のサブパラの崩壊ぶりが予想以上に酷い。最弱として育成するほどではないが、117/54/5/1/0なんてのもいた。
ちなみにこの配合、種付け時にアウトブリードのようなコメントをされる。ダビスタ96のビショップボブ×ワイルドアゲイン×ミッドでも似たような現象が起こる(濃いインブリードなのに面白い配合ですと言われる)。なぜそうなるのか条件は謎。昔その辺を調べようとしたが、いろいろ調べても法則がよくわからなくて挫折したのを思い出した。マチカネイワシミズでファバージのクロスがある時はプリンスリーギフトのコメントをされたりしてよくわからない。

あとDSBFTのm96.txtでレシテイションの父父父父が間違っているのが発覚(Miori、正しくはMigoli。なおナノフラッパーにこの血が含まれている)。ただ無効果の血で影響がほとんど無いので、別の間違いが発覚した時ついでに直す事にしとこう。

さらに96でもレシテイション生産してた。ニジンスキー×ファンティリュージョン101-87でTSLにはSTが1届いていない。
SP乗りはナスルーラ多重の3よりだいぶ劣るが、サブパラは明らかに96の方が揃いやすく、SP根性が揃う確率になるとある程度は差が縮まる感じ。3では底力がネアルコ1本のみ、96では面白+ネアルコ2本。
SP根性がちょっと物足りないが一応牡馬をキープ。119/83/86/58/3
3より先にこれぐらいのレベルが出た。

ただBCプレミアの9〜10月が中長距離戦多めなのを考えると、実績Cみたいな趣味的&手応え悪めの(SPが乗ってもSTがあまり付いてこない)配合は後回しにして、他のを優先した方がいいかも知れないと思った。

774BC3日目はたぶん22日になる予定。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

BC開催予定など、生産は不振

まずはBC開催予定など

3日目 9月中旬〜下旬開催予定
開催日は後日正式決定(開催日1週間前までに発表)。

(1R) 98 札幌 2600 (6)
一般戦 印ハンデ
(2R) 98 中山 D1800 (8)
OP戦 初代or実績C
(3R) 98 阪神 D1800 (8)
OP戦 印ハンデ
(4R) 98 阪神 1400 (8)
OP戦 SP128(K93)以下
(5R) 98 中山 1200 (12)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜4Rは超えた時はレース分割。5Rは予選などの開催で絞り込み。
2Rと4Rは条件あり、他無制限。印ハンデの斤量は前回と同じ。
1人5レース合計で15頭まで(変動制)。1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
今回は連闘制限は見送りました。
4日目から一部のレース(一般・OPの無制限戦)で連闘制限の予定。実機生産馬は制限の対象外。

4日目(仮) 変更の可能性もあり
9月下旬〜10月上旬

(1R) 98 東京 D1400 (6)
一般戦 無制限 連闘不可
(2R) 98 京都 1200 (8)
OP戦 無制限 連闘不可
(3R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 SP122(K87)以下
(4R) 98 東京 1800 (8)
OP戦 父実績C・初代
(5R) SSorPS ロンシャン 2400
重賞 無制限

一部のレース(一般・OPの無制限戦)で連闘制限の予定(実機生産馬は制限の対象外)。
特にレース数が比較的多い芝無制限戦は、なるべくメンバーの固定化を避けたいと考えている。
5RはSSとPSとどちらで処理するのか、フルゲートを何頭にするのか、馬場状態がまだ未定。

5日目(仮) 変更の可能性もかなりあり 10月上旬〜中旬
(1R) 98 新潟 2000 (6)
一般戦 無制限 連闘不可
(2R) SSorPS 中山 D1800 (8)
OP戦 無制限
(3R) 98 中京 D2300 (8)
OP戦 98生産馬は父ダ適△以外、PS版・SS版生産馬は父ダ適◎以外
(4R) 98 東京 1800 (8)
OP戦 牝馬
(5R) 98 東京 D1600 (12)
重賞 無制限

2Rは98処理以外のダートを入れてみた。SSとPSとどちらで処理するのか、馬場状態がまだ未定。

[ダビスタ生産・育成]
生産は3・96・98・PSと何をやっても冴えない手応え。
最近のダビスタ3生産は妥協しまくりだったので、非外道モーニングフローリックはあまり妥協したくない気持ちはあるが、Sランクどころか合計AランクかつSP120台でも皆無の現状。
そこそこ使えそうなレベルだったら120+4/94/96/19/4とかこんな感じで何とか出てくるし(残念ながら栃栗毛ではない)、栃栗毛でも最低限のレベルには到達できているのだが、そこから先の壁が高い。
ついでに栃栗毛で最弱向きの馬も見当たらなかった。最弱狙いならSP型の栃栗毛牝馬から繋いでく方が良さそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする