2012年11月27日

SS版を中心に生産も物足りず

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタSS版を中心に生産。そこそこ時間があった割に締めは物足りない結果。

Kingmambo×タマモクロス×サンデー×レイン×アイル
栃栗毛の固定を3444(82*42)通り名前変えしてSP130台は無し。
最速129/98、合計値123/118。
実績AでSPニトロ23でSEスピードアップだが、予想より手応えは悪い。126〜127ぐらいが壁になっている感じ。Salseで131/102が出たのは実は引きが良かったのかも知れない。
98で同じ実績安定SPニトロのモガミあたりだともうちょっと跳ねるような気がする。まあ98は性別や毛色やサブパラを固定できないが。
まだ産駒がいない種牡馬だし、栃栗毛としては良い方だし気性もあまり良くない固定だし、ある程度妥協してしまっていいのかも知れないが。仮性-1なので最悪ダートで使えなくもないし。

メジロマックイーン×Danzig×ジェイド×レイン×アイル
サブパラ型の仮性-1だがちょっと重いのを3034(82*37)通り名前変え。
SEがDanzigでかなり良いにもかかわらず、手応えは劣悪。
SPニトロ20の実績B安定Cだが、SP120台は300頭に1頭も出てるのか怪しい。平均はともかく爆発力は98の実績Cレベル、下手すりゃそれ以下かも…。実績Bでこの状態だと前途多難だと言わざるを得ない。
最速126/76 スタミナが足りない。
合計値106/114 SPが論外、なおSP型で右2フローレベル(合計220以上)は今の所無し。
バランス型には121/97のがいたが、これで妥協したら負けって感じがする。PSのリローンチ(似たような条件でよりニトロが低い)で右2フローレベルが出たので、出来れば今回もそれぐらいを。
これもまだ産駒がいない種牡馬だし、仮性-1のサブパラ型なのでダートも走れなくないが…

ニトロ的に芝で勝負できそうなレベルが厳しそう種牡馬の場合、ダート適性を重視していった方がいいかも知れない。
特に実績BやCだと想像以上に爆発力がしょぼいし、ダートで手薄になれば多少見劣っていても穴を開ける可能性はあるし。
あと基本的にPS・SSより98中心に走らせる事を考えると、良さそうなサブパラなら重くてもいいかも。

しかし早くも弱気で後ろ向きになっている時点で、かなり雲行きが怪しい…

[774BC 7日目]
15戦(2.1.4.5.2.1)
今回は2勝。勝ったレースは流れにも恵まれた。
1Rはハンマーデュークが45戦目で初勝利。位置取りがやや後ろになったが結果的には幸いして、最後はいい脚を使っていた。
メインの5Rはカオスブレイカーが勝利。7日目でメイン初勝利(6頭立てだが)。多少ズブかったが最後伸びてようやく軌道に乗ってきた感。
デビュー戦だった3RのSS生産馬サルスベリは重いハンデ、4RのPS生産馬のロケットランチャーは少頭数ながら強い相手にどちらも3着と健闘。
あまり良くなかったのは2Rで、2頭脚質を間違えて登録。その2頭はイレ込み馬のおかげでビリを回避したものの、イレ込んでいたのも自分の馬だったので下位独占の結果。

[BCプレミア第2期 第9節]
9戦(0.3.0.1.0.5)
1RのジッケンハイゴーはST無しながら2着。2Rでデビュー戦のエルレーンも2着と、勝ち切れなかったものの力は出せた。ただ全体的には不安定な成績で勝ち星も無く9戦して5着外。特に後半は良くなかった。
最後の4Rは予選突破も決勝では良い所無し。同型対決では1勝1敗。今後はなるべくバッティング回避の方針。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

PS版4歳48勝、5歳80勝ローテ

2016-06-11更新

PS版の育成では4歳48勝、5歳80勝する事に一応成功。
馬体が軽すぎたり(ベストが414kg以下は3歳9月2週の時点でNGか?)、ST調教量が多かったりすると無理かもしれない。
あくまでもこれで成功したと言う例なので、ベストではない選択をしている部分もあり(輸送回数などに気を付ければ多少違っていても差はない)。

3歳(15勝) 3歳・4歳はなるべく賞金低い方を選択する
7/1 輸送(滞在)・新馬 1
7/4 函館3歳S 2
8/4 クローバー賞 +24kg 3
9/1 +22kg
9/2 輸送(帰厩)-4kg 野路菊S +24kg 4
9/3 芙蓉S +22kg 5
9/4 輸送-4kg ききょうS +16kg 6
10/1 輸送-4kg もみじS +10kg 7
10/2 アイビーS +8kg 8
10/3 +6kg
10/4 いちょうS +12kg 9
11/1 +10kg
11/2 京成杯3歳S +16kg 10
11/3 東京スポーツ杯3歳S +14kg 11
11/4 輸送-4kg 福島3歳S +8kg 12
12/1 +6kg
12/2 朝日杯3歳S +12kg 13
12/3 輸送-4kg シクラメンS +6kg 14 斤量72kg
12/4 輸送-4kg 中京3歳S +0kg 15
ここまで15勝、輸送7回

4歳(35勝、4歳でパス取る場合33勝)
1/1 -2kg
1/2 京成杯 +4kg 16
1/3 +2kg
1/4 ジュニアC +8kg 17
2/1 輸送-4kg バイオレットS +2kg 18
2/2 ヒヤシンスS +0kg 19
2/3 共同通信杯4歳S -2kg 20
2/4 -4kg
3/1 クロッカスS +2kg 21 このあたりから一気に楽になってくる 斤量74kg
3/2 弥生賞 +0kg 22
3/3 輸送-4kg すみれS -6kg 斤量77kg 23
3/4 スプリングS -8kg 24
4/1 若葉S -10kg 25
4/2 クリスタルC -12kg 斤量74kg 26
4/3 -14kg
4/4 皐月賞 -8kg 27
5/1 NZT4歳S -10kg 28
5/2 -12kg
5/3 青葉賞 -6kg 29
5/4 プリンシパルS -8kg 30
6/1 武蔵野S +10kg 31
6/2 -12kg
6/3 エプソムC -6kg 32
6/4 目黒記念 -8kg 33
7/1 -10kg
7/2 -4kg
7/3 輸送(滞在)-4kg 函館記念 -2kg 34
7/4 函館スプリントS -4kg 35
8/1 輸送(滞在)-4kg 北九州記念 -10kg 36
8/2 北九州短距離S -12kg 37
8/3 小倉記念 -14kg 斤量71kg 38
8/4 -16kg
9/1 京王杯オータムハンデ -10kg 39
9/2 オールカマー -12kg 40
9/3 セントライト記念 -14kg 41
9/4 -16kg
10/1 ユニコーンS -10kg 42 この時点で98生産馬は上回る
10/2 -12kg
10/3 アイルランドT -6kg 43
10/4 東京スポーツ杯 -8kg 44
11/1 アルゼンチン共和国杯 -10kg 45
11/2 根岸S -12kg 46
11/3 -14kg
11/4 富士S -8kg 47
12/1 ステイヤーズS -10kg 48 4歳でパス取る場合は48勝まで
12/2 -12kg
12/3 スプリンターズS -6kg 49
12/4 有馬記念 -8kg 50
ここまで50勝、輸送11回

G1よりなるべく賞金低い方を選択しているが、NHKマイルカップとダービーを使っても、5歳1月4週のアメリカJCCには出走可能だと思われる。さらに天皇賞秋を使ってもたぶん大丈夫なはず。たださらにジャパンカップまで使ってしまうと危ないかも。

5歳(30勝) どうせ別定戦には出られなくなるので、賞金高くても気にしなくていい
1/1 中山金杯 -10kg 51
1/2 -12kg
1/3 ガーネットS -6kg 52
1/4 アメリカJCC -8kg 斤量75kg 53 酷量は一応これが最後かも
2/1 -10kg
2/2 -4kg
2/3 +2kg
2/4 ダイヤモンドS +8kg 54 フェブラリーSでも可
3/1 輸送-4kg 仁川S +2kg 55
3/2 オーシャンS +0kg 56
3/3 マーチS -2kg 57 中山記念で79kg以下ならそちらでも可
3/4 -4kg
4/1 日経賞 +2kg 58
4/2 輸送-4kg 阪急杯 -4kg 59
4/3 輸送-4kg 大阪-ハンブルクC -10kg 60
4/4 -12kg
5/1 オアシスS -6kg 61
5/2 輸送-4kg 天皇賞春 -12kg 62
5/3 -14kg
5/4 京王杯SC -8kg 63
6/1 武蔵野S -10kg 64
6/2 -12kg
6/3 -6kg エプソムCは出られない
6/4 安田記念 +0kg 65
7/1 輸送-4kg 鳴尾記念 -6kg 66
7/2 -8kg
7/3 -2kg
7/4 輸送-4kg 宝塚記念 +0kg 67
8/1 輸送(滞在)-4kg 北九州記念 -6kg 68
8/2 北九州短距離S -8kg 69
8/3 -10kg
8/4 -4kg
9/1 京王杯オータムハンデ +2kg 70
9/2 オールカマー +0kg 71 この時点で98生産馬は上回る
9/3 -2kg
9/4 +4kg
10/1 毎日王冠 +10kg 72
10/2 +8kg
10/3 アイルランドT +14kg 73
10/4 天皇賞秋 +12kg 74
11/1 アルゼンチン共和国杯 +10kg 75
11/2 根岸S +8kg 76
11/3 輸送-4kg マイルCS +2kg 77
11/4 ジャパンC +0kg 78
12/1 ステイヤーズS -2kg 79
12/2 -4kg
12/3 スプリンターズS +2kg 80
12/4 +0kg
ここまで80勝、輸送19回

前回と大きく変えた部分は4歳7月に函館に使うところ。それ以外はマイナーチェンジって感じで多少の変更程度。
なお5歳80勝でペリエ騎手を乗せたい場合、それまでの輸送回数を1回減らして12月2週のシリウスSに使う。

G1よりなるべく賞金低い方を選択しているが、NHKマイルカップとダービーを使っても、5歳1月4週のアメリカJCCには出走可能だと思われる。さらに天皇賞秋を使ってもたぶん大丈夫なはず。たださらにジャパンカップまで使ってしまうと危ないかも。

2012年11月23日

PS版で1頭育成、栃栗毛リローンチ

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS版 Relaunch×Woodman×Caerleon×イットウショウ
121/105/89/80/4/5、430kg 栃栗毛

PS版では原点回帰のリローンチ生産。ようやく98で右2フローレベルのが来た。
仮性で栃栗毛、馬体重はやや重めだが許容範囲、サブパラも許容範囲。これでリローンチ生産は終了予定。
4歳48戦でパスを取る事はできた。まだやっていないが、5歳80戦も可能な見込み。
PS版はあとグレートローマンと(面白になる繁殖がいる&SS版登場せず)、バンブーアトラス(メジャーな配合&2・3・96・98の4作品で生産経験有り)だけはやっときたいと思う。

SS版では相変わらず苦戦気味だが、栃栗毛でそこそこの固定を見かけたので名前変え。気性が良くないが根性があるタイプ。さてどの程度のレベルまで行けるか…

BCは頭数が集まらなくても締め切りは変更せず発走予定。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

合計値Sランクもかなり微妙

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ96 ラシアンルーブル×エルグランセニョール×オグリキャップ×以下略
121+4/127/87/76/2、415S
無駄に高いスタミナで稼いでいるだけのタイプ。セン馬では無かった。合計値がSランクに到達したとは言えかなり微妙。
根性が足りないし、超晩成ボーナス入れてやっと合計Sランクだし、ダートが上手いわけでもない。
でもSランクを捨てるほど層が分厚いわけではないので育成。Sランク馬は今年2頭目だが(ともに96)、作品を跨いでも同一年に複数のSランク馬を引いたのは実は初めてだったりもする。

SS版生産では繁殖はそれなりに揃ってきた。ただ締めでは絶不調。
いろいろ手を出した感じだと底力BとかCの非面白は、名前変えしまくる価値がある良固定引くだけでも厳しめ。決して甘く見ていたわけではないがサッパリでかなりヤバい雰囲気。
メジャーどころだとアサティスもハイエストも底力Bの非面白だが…
特にアサティスは実績Bだし、固定を見つけてからも苦労しそうだし、既に繁殖は作っているが後回しになるのは確定っぽい。
シャドーロールが役に立たなくなったため、根性が低い固定の価値が大暴落したのもかなり致命的。以前育成したサブパラ微妙&やや重いサルス産駒でも、実はそこそこいい固定だったんじゃないかと思ったりした。
そう言えばPS版の生産では面白配合or非面白でも底力Aばかりだった。


[774BC96 2日目]
12戦(1.1.4.3.2.1)
今回も1勝だけだったが、出走数の多さを考えると2勝がノルマか。
1Rは微妙なレベルの右2フロー馬を出す作戦が当たって幸先良いスタート。しかしその後は勝ち切れずイマイチに終わっていた。無理やり分割しときながら普通に負けてるとかだらしない内容。最後は明らかに超絶が発動しながらも勝ち切れず。

[BCプレミア第2期 第8節]
7戦(2.0.1.1.1.2)、最弱以外5戦(1.0.1.0.1.2)
1R最弱戦は出遅れたゾルゲーシックスが後ろのままで実力発揮。
3Rは無印のワイマールが上位人気・上位騎手馬を相手に最後もしぶとく出走権獲得。Sランク馬だがそれほど印が厚い方ではなく穴馬タイプ。
4Rは先行力を見せたミジンギリが3着、もう1頭も何とか掲示板確保。
今回は最弱ビリを含む2勝でメインでも両方掲示板、連対無しの前回から巻き返した。なおモガミ産駒2頭だけが掲示板を外す大敗だった。
posted by ◆RifFE0aAlw at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

12月のBC開催予定

とりあえずは98のみ3回の予定。
今後年末あたりに追加する可能性はあり。

(98・PS・SS)8日目 12月8日午後10時締め切り予定
(1R) 98 阪神 2000 (8)
OP 印ハンデ
(2R) 98 京都 1200 (8)
OP SP120(K85)以下
(3R) 98 中山 3600 (8)
OP戦 無制限 連闘不可
(4R) PS 中京 2000 (8)
OP 無制限
(5R) 98 阪神 D1800 (12)
重賞 無制限


(98・PS・SS)9日目 12月15日午後10時締め切り予定
(1R) 98 中京 1200 (8)
OP 無制限 連闘不可
(2R) 98 阪神 D1800 (8)
初代or父実績C
(3R) 98 中京 2000 (8)
OP 牝 印ハンデ
(4R) 98 中山 D1200 (12)
重賞 98生産馬は父ダ適△以外、PS版・SS版生産馬は父ダ適◎以外


(98・PS・SS)10日目 12月22日午後10時締め切り予定
(1R) 98 中山 1200 (6)
一般戦 無制限 連闘不可
(2R) 98 中山 D1800 (8)
OP戦 印ハンデ
(3R) 98 阪神 1400 (8)
OP戦 SP124(K89)以下
(4R) 98 中山 2500 (12)
重賞 無制限
(5R) PS 大井 D2000 (16)
重賞 無制限
posted by ◆RifFE0aAlw at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

SS版でBC馬初育成、シャドーロールも付けてみた

[ダビスタSS版生産・育成]
Salse×タマモクロス×サンデーサイレンス×Rainbow Quest×アイルドゥイット
131/102/69/80/3/2、434kg
締め生産を何にするか迷っていたが、実績Aかつニトロも高めで、SS版初登場の海外種牡馬に白羽の矢を立てた。
ちょっと重くてサブパラも微妙な固定からSP130超えが出た。ダート△から仮性-1ってのが取り柄か。
実績・安定・SPニトロが同じマルゼンスキーから同じレベルが出ても、育成対象にするのかは微妙そう。
しかし98で配合限界SP馬が5頭も出ているマルゼンとは違って、産駒が皆無な種牡馬なので育成した。
dsss001.png

サブパラ微妙で40戦とかさせるようなレベルの馬じゃないし、実験的に温泉放牧で根性を削ってシャドーロールを付けてみた。SS版でのシャドー装着は今回が最初で最後の可能性もある。
SS版ではシャドーロールの実用性がかなり低く、わざわざ根性が低い固定で粘る可能性も低そうだし(父底力Cの非面白配合とかで、気性健康が良くてダ適が高かったりしたらある程度名前変えするかも知れないが)。

勝負服はPS版の時はダビマガの牧場使って初期設定のままだったが、SS版では(地元のクラブの)ガンバにあやかって青と黒を基調にしている。残留争いがやばいが…
posted by ◆RifFE0aAlw at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

BCでは連対できず&SS版Danzig牝生産

[BCプレミア第2期 第7節]
7戦(0.0.2.1.3.1)
1Rはコロコロピーケーが見せ場は作ったものの3着、4Rはブラックパールがよく追い上げるも前とは差があり3着と連対はできず、総合的に見るとイマイチの結果に。少頭数戦が多かったので掲示板を外したのは1回だけで済んだ。
レジェンドカップに登録する候補はだいぶ絞れてきた。

[ダビスタ生産]
オールグリーン始動Danzig牝生産の比較。当たり固定、ハズレ固定の差もあるかも知れないがとりあえず同じ数だけ名前変え。
基準値ツールで算出される数値は牡馬産駒が対象なので、牝馬だと数字の割にST乗りが悪い傾向(どの配合でもSPと比べてSTの乗りはかなり悪い。まあニトロはSP>STだが)。

Danzig×タイトスポット×オールグリーン(基準値97-87)
ニックス+ノーザンダンサークロス。ノーザンダンサーのクロスが邪魔になっている印象で、ニックスがあってもSP、STともに伸びは良くない。まあ基準値の分SPの方が乗る。サッカーボーイ(見事配合可能)やゴーンウエストのTSLなら見かけたがそこまで。下2つと比べると劣る感じ。

Danzig×Carson City×オールグリーン(基準値92-89)
ネイティヴダンサークロス。ST乗りはタイトよりは良いようで小爆発ならある感じ。基準値が低いSPに関してもそこまで差はない。ピロTSLやリアルTSLになるとかなり苦しいが、母父タイト牝よりはワンランク上の牝馬を見かけた。締めでの使い勝手ではタイトと互角だが、手応え的にはこっちの方が粘る価値がありそう。

Danzig×Rainbow Quest×オールグリーン(基準値97-92)
SP基準値はタイトと同じだが乗りは圧倒的にこちらが良い(隠れ父似)。STは基準値ほど伸びず、今の所カーソンよりは悪いレベル。ただ数をこなせばもう少しやれそうな気がする。
ST型でこれと言ったのが出なかったが、SP型ではバンブーアトラスTSL、プレコロTSLにちょっと届かない程度のがいた。これも粘る価値はありそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

SS版ではシャドーの効果は1戦のみ&牝馬生産

どうやらSS版では、ブリンカーだけでなくシャドーロールの効果も1戦のみになっているようだ。
また、効果があるうちにパスを取ってもPS・98馬ではないのに血統が消えてしまう(98のミスクエと同様の処理)。
98では不正対策としてミスクエになるように処理→正規の矯正馬がミスクエになるなど上手く行かない→SS版でも対策しきれずの流れで、矯正効果1戦のみにしてしまったのだろうか。
まあSS版で生産する時は、サブパラの良い固定が出るまで探した方が良さそうだが。
しかし+39のVTRを確保したのにガッカリだ。シャドーの実用性が極めて低くなったので、ブリンカー(ただ気性が悪い固定を拾う事は滅多にないだろう)の時に使うぐらいか…


[ダビスタ生産・育成]
系統図付きでここまでの繁殖生産などを振り返る。
名前変え途中の段階で載せている部分多数あり

アイルドゥイット系
●アイルドゥイット 牝 黒鹿毛 59-50
┣●牝(Rainbow Quest) 青鹿毛 85-97
┃┣●牝(サンデーサイレンス) 黒鹿毛 108-102
┃┃┗●牝(タマモクロス) 芦毛 119-114
┃┣●牝(トウショウペガサス) 鹿毛 98-100
┃┃┗●牝(タマモクロス) 芦毛 108-113
┃┣●牝(ジェイドロバリー) 黒鹿毛 82-115
┃┃┗●牝(ニホンピロウイナー) 鹿毛 107-104

アイルドゥイットは98と比べて、1だけSPが高くなっていたりするのが地味な変更点。
レイン×アイルは父似はいまいちだが母似は良好。どうせ繋ぎだしある程度のST型牝馬が出たら次に。ジェイドのTSLには多少届いていない。
まだ着手していない所だとカーリアンorマルゼンスキー×レインはやる予定。できればカーリアンにしときたい。カーリアンだとバックパサーを含む種牡馬にも使えるので。

サンデー×レインは名前変え数は少ないが、結果的には後でやったジェイドやトウペガとは比較にならないぐらい手応えがあった。父似もSPアップで効果的。タマモTSLにこそ届いていないもののさっさと進める。
タマモ×サンデーはダンチヒTSLレベルなら楽勝(グリデザに使うレベルを目指すのならもっと上の方がいいが)。母似も効いている。なお締めでも母似はスピードアップになる。

ジェイド×レインはサンデーより苦しい生産。ナスルーラが入っても大した手応えではない。次に短距離型が来るのでST型を採用。SP型だと117-84がいた程度。
ニホンピロ×ジェイドも実績Aにしては微妙だが、まあアサティスに使えるレベルなら楽勝で、現時点でもそれなりにいい牝馬は確保。
あとジェイド牝馬からはダンチヒにも繋げる予定。タマモ牝は他から繋いだ分だけで十分か。

トウショウペガサス×レインは実績Cで、おまけにどちらに似ても底力アップしか無くかなり苦しい生産。ジェイドと比べてもきつい。SPだけなら121なんてのもいたが、これ以上粘る気は起きず。
タマモ×トウペガはレリックのクロス。時々ST爆発らしき馬はいるものの、総合的に見れば基準値がサンデー牝より低い分手応えは良くない。現時点では一応グリデザ以外なら十分行けそうな牝馬は出た。
何だかんだでタマモ牝に関しては、98で生産した時と互角のクオリティには到達。一旦固定を見つけてしまえばあとは名前変えなので、98と違って牝馬誕生率をあまり気にしなくていいってのもある。


オールグリーン系
●オールグリーン 牝 鹿毛 60-44
┣●牝(ニホンピロウイナー) 鹿毛 87-97
┣●牝(ダンスオブライフ) 青鹿毛 90-108
┣●牝(Carson City) 青鹿毛 75-106
┣●牝(タイトスポット) 青鹿毛 83-101
┣●牝(Rainbow Quest) 青鹿毛 80-109

オールグリーン系生産の前にやってたダンチヒ×マノンの手応えは良くなく、このレベルの牝馬からどれだけやれるのか不安一杯のスタート。

ニホンピロウイナーは購入時に受胎していたのを名前変え。まだ上も出そうだが、これでもそこそこ使えそう。どちらに似てもスピードアップ。これに関しては繋ぎではなく締め用。これ以外は意識して青鹿毛の固定が来るのを待った。

ダンスオブライフは実績B安定Aながら意外にST爆発馬を見かけた。それより前にやってた配合より(ダンチヒ×マノンなど)距離適性が長めなのもあるが、父似ニジンスキーが効いている。引きが良かったかもしれないが、予想ほど苦労しなかった。結果的に他の種牡馬と比較してもかなり良い引き。

カーソンシティは実績B安定Aの短距離型で、特にスタミナ面が非常に厳しく、やっていてかなり不安になった。STニトロが下がっても実績A(マキャとかウッドとか)にした方がいいかもと思ったが、実機生産ならともかくエミュ生産で実績Aに逃げたら負けかなと思ったので続行、一応何とかなった。ここから5耐えが出たのは鬼引きかも(距離適性のせいで繁殖能力はSTが4下がっている)。他には79-100、SP型だと110-66を見かけた。もう少し粘ってもいいのかも知れないが、正直これより上を引けそうな気がしないので採用決定。

タイトスポットは劣化ダンスオブライフって感じで、このレベルでもかなり突き抜けたと思う手応え。実績と距離適性は同じだが。

レインボウクエストは実績Aなのでダンスと同レベルを狙いたいとも思ったが、ダンスの引きが良すぎただけでこれも十分に良い牝馬かも。実績の分かタイトスポットよりは明らかに良い手応えだった。


マノンレスコ系
●マノンレスコ 牝 黒鹿毛 64-48
┣●牝(Danzig) 青鹿毛 (85-106、118-76)

実は最初に手を付けた配合だったりするが、実績Aとは言え短距離型は苦しい。スピードアップ要素はあるが、スタミナ面が苦しい。ST基準値自体低めになるのもあるが、距離適性で繁殖能力が削られるのが地味に響く(ダンチヒやピロだと5も下がる)。現時点でも実績BやCならそこそこ使えそうだが、これで妥協はしたくないのでいずれ再開したい。やり始めの頃は98と比べて実績をワンランク落としたような手応えに感じられたが(特にアップ要素が無いスタミナ)、名前変えの部分だけを取ったら98よりも高速だし(SSFを3〜4倍速で動作可能なマシンなら)、そこまで差はないかも知れない。ただ厳しい事には変わりない。

他にはBTもやっときたい。短距離型のダンチヒよりはマシだと思いたいが、モガミあたりに使えるレベルまでは厳しそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ダビスタ96セルフBC 139R・140R

[ダビスタ96セルフBC 139R] 京都1400
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする