2015年08月29日

774BC2015(PS・98・SS)5日目

2015年5日目 9月26日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 札幌 2600 (8)
OP戦 印ハンデ
(2R) 98 東京 D1400 (8)
OP戦 無制限
(3R) 98 京都 1200 (8)
OP戦 別定 SP122(K87)以下 SP2下がる毎に1kg減(最低48kg)
(4R) 98 阪神 D1800 (10)
重賞 印ハンデ

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭まで(印ハンデの1Rと4Rは1頭のみ)になります。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
posted by ◆RifFE0aAlw at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ダビマガ総集編からBCパスいろいろ発掘

せっかくダビマガ総集編を持っているので、そこからBCパスをいろいろ発掘。
自分の知らない世界には未知なる強豪がまだまだいた。
グランドチャンピオンには過去のBC上位馬(決勝進出馬)が殿堂馬として収録されているので、これだけでも結構たくさんいる。とりあえず目に付いた所から。
一応パスは98の方に打ち込んで確認済み。

Vol.4 ダビマガCマイル
ストレイシープ 牡5
アスワン×バンブーアトラス
129/107/42/100/3/6、418kg シャドーロール
つろぐまあ ほだらたか がらもろに らむさるば んつけむけ みぺににに いほぽちつ(先行)

Vol.7 ダビマガCディスタフ
プランリュンヌ 牝5
アスワン×バンブーアトラス
128/99/63/86/2/6、422kg
ぜるどこむ けねぼらび くそそわの きざきまけ うくくおぐ ればぱちぽ のぺぎつく(先行)

ダビマガ帝王賞
フィッシュボーン 牡5
Fairy King×Rainbow Quest
118/104/90/99/4/4、416kg
むふすそむ ねがぞにす のふぶはほ すぼこぬて てあめむさ てげのぼて ぽめゆぶぐ(先行)

おたっしゃ記念
マサグルゾ 牡9
バンブーアトラス×Danzig
129/99/82/89/4/3、418kg
ぐぞほてこ ばぜつごる ぺすこぬよ ぜわまぞそ かぱべねの しざぜぼぱ ぺばぶびぐ(先行)
9歳でもきっちり仕上がっているようだ(能力的には呉BCデータベースにある4歳Verと同じ)。

Vol.8 トリコロール賞
エリチャン 牡5 白毛
Rainbow Quest×Danzig
122/111/92/97/4/6、428kg
めまみびね らりおきさ けでてんぬ そどけほい くだゆろり やくむらえ わやげどち(逃げ)

ダンガンライナー 牡5 栃栗毛
サンデーサイレンス×Danzig
124/110/92/84/0/7、436kg
ねわよちめ ぼはてわに にれしゆき それぞすぱ といでかえ えなさぞり ふれあぬよ(逃げ)

レインエリア 牝5 青毛
Rainbow Quest×サンデーサイレンス
122/99/65/93/4/4、434kg
もどこちぺ うがぎなの くねくめば ならうめむ ぼゆとのら やくつろめ こりるるそ(先行)

ゼンジロウ 牡4 栃栗毛
サッカーボーイ×Danzig
115/108/75/95/2/6、410kg
ごげなぺれ そきめぼは しがでしそ ぼどふてね ほいかみな びぺてべめ れだべぽぺ(逃げ)

パールセブン 牡5 白毛
Diesis×サンデーサイレンス
116/99/93/74/1/5、426kg
あくげいぼ ぶあれそよ うどばびぶ みでけせせ ぞちざらぼ ばぜだみま でべびぬぐ(逃げ)

Vol.9 ダビマガCぬかるみスプリント
アリーヴェデルチ 牡4
Rainbow Quest×Danzig
124/112/95/93/4/7 416kg
すごんぽふ にぞはひで きろひがみ てげきるぬ ぽきあとぎ むむすいう せぞぞはす(先行)

初代配合特別
ビッグドリーム 牡5
バンブーアトラス×オールドファッション
119/80/81/66/1/2、406kg
らむまもひ すきぐもく ぼしうぐだ あめざゆど せぺぺどて ひえぬあん いだがこふ(先行)

エスプリライン 牝5
ノーザンテースト×パリティビット
119/94/74/97/3/7、398kg(重い)
げなりてて ぜげるぱあ すぶばげゆ がどこほま らぺうきぜ へあねわだ ばどどぼぼ(逃げ)

気性難ステークス
エバーフリー セン5
ノーアテンション×Rahy
118/109/60/79/4/7、416kg ブリンカー
ぽりらいば してあねけ まれべなび こたおざこ つくぼけそ すやりねす んてるぽむ(逃げ)

ダビデ セン6
ミルジョージ×Danzig
120/109/96/74/1/5、426kg ブリンカー
するぼぬさ ゆびてやゆ みしゆめせ すのいぼぎ びばひにそ みがえあし ぞぎびぬこ(先行)

Vol.10
ダビマガC三冠
ランドストライダー 牡4
ニホンピロウイナー×ミルジョージ
120/110/87/96/3/5、408kg
はぶそりす よざおゆや やめぐぬえ ぺへしとだ うこつねへ とうすがう やたけこだ(先行)

ドタンバ特別
ペンタゴンマーズ 牡4
サンデーサイレンス×ノーザンテースト
122/72/97/97/4/6、424kg
とごぶだよ うゆへゆび きゆだでぺ むべもやぶ べむげだん みひもせち ぐべてがわ(先行)

ワッフル 牡4 芦毛
Risen Star×Woodman
122/78/75/98/5/7、410kg
あはどうあ ぜぞげびね まぐでべり おでぎぽう むけどはひ もひぼぼり ゆがぎぐて(先行)

Vol.11 ダビマガ甲子園
ショットガンブルー 牡5
シンボリルドルフ×Danzig
127/91/94/76/2/4、418kg
あちたるい わげこぎば ほねきがへ にてうがせ らぞきてほ くぬわやか ふふとざす(先行)

レオンハルト 牡4
トニービン×Danzig
125/110/94/93/2/7、428kg
そでふむけ ろげみさよ ぱぜやわふ しけほおぐ わまなねご らだでごろ のんぱぐら(逃げ)

コウテイラグナス 牡5
Sadler's Wells×Rainbow Quest
120/115/88/83/1/2、416kg
ちべれまお ぬごぞぜぱ りてるくも ぜばながぽ めきたはい ほかしいつ たぜばぎは(逃げ)

ローコストステークス
ヤオアルゴン 牡4
アンバーシャダイ×プレッピールック
115/79/90/99/3/5、416kg
ぽえつせせ ぱだわしご そこふぱの ぬやまかく ぼぬぜその となつすか らたときそ(先行)

アンティーク 牡4
アスワン×プレッピールック
117/108/82/68/3/7、430kg
どがぱまる こぞまぎど ほだがりさ ぜぼぱふど せのれぎざ ぬざてべぜ すござねせ(差し)

ケンホウアゲイン 牝5
バンブーアトラス×プリンセスビスチェ
120/85/72/63/0/2、438kg
はえにべち すはせだま なぺこいぼ べこげいう えふうさだ みへのめぎ のけろだく(逃げ)

ブレーヴウインド 牡5
ダンシングブレーヴ×プレッピールック
118/95/62/48/2/2、436kg ブリンカー
くほめのざ やうしやく ぺうこべぬ やだくぞな べみうふき わなぬおと れべそれざ(先行)

ドゥーイット 牡5
デインヒル×ディヒターリーベ
119/67/83/79/0/6、426kg(軽い)
げよしちへ るとけぞや ておざへゆ すにぎまつ うふゆぞな ほわるぬよ けぐまおろ(差し)

Vol.12 ダビマガC・アーリントン
キドクラッチ 牡5
マルゼンスキー×Rainbow Quest
125/111/97/97/2/5、408kg
ぐへきださ たれよみけ ぼがしだざ ねえそぎこ はもだぬう がばへぺぶ ぎあてきし(逃げ)

ロビンフッド 牡6
サンデーサイレンス×Caerleon
123/111/96/73/0/2、422kg
ぽつふこぼ らざぶんよ のべひざお きななりよ かだすれひ めぱうみそ らなびぞあ(逃げ)

総集編・ジョッキーズグランプリ
ミスターファンキー
Sadler's Wells×Pleasant Colony
123/100/89/100/3/6、424kg
わほつろれ わてちえぱ まざおいろ ねぬわくた ぶぜぞくば めよそぞい せゆむめば(逃げ)

グランドチャンピオン
スモモクロス 牡5 栃栗毛
タマモクロス×Danzig
128/105/87/70/1/6、414kg
ごげぜぽち らにめぜま すざどべさ ぼぐとあね ほいしぎつ びせこいる ごおがんぺ(逃げ)

カザンバイツ 牡6
Highest Honer×Caerleon
128/105/81/96/2/7、406kg
だかおぺん かごひがし ぞしがぱゆ いふぶおろ わきあぼた しゆやいげ ゆすせぬも(逃げ)

ディアパストリアス 牡5
バンブーアトラス×Danzig
130/115/82/91/0/2、382kg
みまいらほ どらやぱお はえにどあ めわにぞま ぽはかだぺ ごげかのあ よらねせだ(逃げ)

ホワイトスタリオン 牡5 白毛
バンブーアトラス×Danzig
128/100/59/80/3/4、418kg
ぱでゆそと ぶによなべ ぽかぶえつ くえもぽた でだがむう あてばるも てでむよぺ(逃げ)

バロックライヴ 牡4
シリウスシンボリ×ニチドウアラシ
129/92/67/96/1/7、424kg シャドーロール
おちわなと ちらとうお につつちぐ ばそふげま ばこげめや ごおおぶこ れぺくるが(逃げ)

2015年08月22日

ダビスタ96セルフBC 158・159R

[ダビスタ96セルフBC 158R] 小倉 1800
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

774BC2015(2・EX・3・96)3日目

2015年3日目 9月19日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 96 中山 D2400 (6)
一般戦 印ハンデ
(2R) 96 小倉 1800 (8)
OP戦 無制限
(3R) 96 阪神 D1400 (8)
OP戦 無制限
(4R) 96 中山 1600 (10)
重賞 印ハンデ

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録する事はできません。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…7kg増、○…4kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
今回から無印だった場合の扱いを変更しました。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

史上初のダビスタ3・96初代真性馬を狙うも、良い結果は出ず

[ダビスタ生産・育成]
前回に書いた、(少なくとも自分の知っている範囲内では)3・96でその条件に該当するBC馬が1頭もいなかったもの、それは初代配合の真性馬。
以前PS版で初代真性馬狙い生産をやった時に気が付いたのだが、ようやく史上初の3・96初代真性馬生産に着手。

まずはダビスタ3で生産。母はナイスダンサー牝馬で基礎能力が高めのアキタコマチ、初期牝馬だがネイティヴダンサーが1本多いユキノベンテン。
父は安定Cで外道配合のナイスダンサーと、外道ではないスイフトスワロー。

ユキノベンテン産駒の真性でSP113はいたが、スタミナと根性が両方50台とショボかった。これではとても実戦で使えそうなレベルではない。真性以外でもこれと言って使えそうなのはいなかった。
はっきり言って手応えは悪く、スピードだけ、スタミナだけ爆発ってのはいても揃えるのは難しそう。
さらに真性が出る確率自体、96以降の作品より低いような感じもした(きっちり調べたわけではないが)。

96の方だと、多重クロスで面白になる配合がかなり限られている感じ。
初期牝馬のプレミアムグッズぐらいしか使えそうなのがいない。
多重クロス可能でそれなりに基礎能力がある牝馬、デミタスカップやミアモーレでは面白が厳しい。
こちらの方もスイフトスワロー×プレミアムグッズに着手したが、今のところ使えそうなのはいない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

BC回顧など、そろそろ3・96の生産もやる予定

[ダビスタ97の掲示板 第17回掲示板BC]
6戦(0.2.0.0.0.4)
小倉芝2000はCaerleon産駒の2頭出し。97では初出走の青毛馬ブルートレイン、初芝だったカバーアートともにバテてはいないが伸びもなく。ブルートレインは隠れ騎手を乗せていたが、正直言ってあまり上手ではなかった。
新潟ダ1000はデュラブ産駒の2頭出し。初代の真性馬デュアルブートが2着で、それほど期待していなかったが健闘。97では初出走のデューは印の時点で駄目だった。レース運びは悪くなかったが…
小倉芝1000はウサミミバンドが僅差の2着。よく頑張ったものの、競り合う形になるとスタミナと根性が劣る分、最後に差し返された。エストポリスは見せ場無しで、BCでは苦戦が続く。

連に絡んだ2頭はよく頑張ったが、4頭が掲示板にも載れず。
あと逃げ馬が有利とは言い切れない条件でも、スピードそこそこでスタミナや根性が比較的優れている馬はしぶとい(自分は負けた側だが)。そんなタイプだと早く抜け出して止まる展開にはなりにくいし。

[774BC2015(2・EX・3・96)2日目]
23戦(3.4.3.5.3.5)
1Rは無制限で通用しない馬を使える条件で、次回同じ条件をやる可能もかなり低いので大量投入。
2組のグラドリエルと3組のマザーファッカーが勝利。ともにBCでは初勝利。
3組ではビリとブービーの逆ワンツーにもなった。
2Rは2組のナイトブレードがBC初勝利。3Rと4Rは最高でも2着まで。4Rのファステストワンは期待以上の走りだった。

前回開催の登録馬が合計40頭とは言っても、自分で出した馬が半数を超えていて、今回もどの程度集まるのかわからなかったが、フタを開けてみれば予想以上に集まって合計60頭に到達した。
(ソフトにセーブできる数が60頭なのでそれを上限にしている。もっと増やしても行けそうな気がしたが、この辺で止めておくのがきりがいい)

一週間前のPS・98・SSのBCでは合計9レース処理で、これがその時点では自己最多の処理数だったが、今回はさらに多い10レース処理になった。
処理内容が必要最低限レベルでそれほど凝っていない分、これぐらいレース数が増えても何とかなっている。動画のエンコード時間がレース数に比例して長くなるぐらいか。
動画の処理では新たに音声や字幕を入れるわけではなく、特に凝った部分もなく複数レースを繋げているのみ。エミュレータ処理ながら画面比率が4:3になっているものの、これは98のBCを処理する際に画面解像度が違うPS版・SS版のレースと繋げる可能性がある事も考えて、画面比率を共通化した事に伴うもの。静止画の処理も出馬表の左右を繋げているぐらい。

今回の開催では意外なことに、イレ込み馬が2勝していた(3R2組と4R決勝)。
イレ込んでいても、複数頭で競り合う形になるとスタミナ切れしにくい。なおここで2着に負けた馬は…どちらも自分で出した馬だった。
さらに4R予選はイレ込み馬が全馬決勝に進出もしていた。
そのうち1頭は決勝でも再びイレ込み、そしてビリケツになったが…これも自分で出した馬だった。

次回はまだ未定だが、早ければ9月か10月にでもできれば。
ただ今回思った以上に人数が集まったので、他にも誰かやってくれないかなと他力本願な事もちょっと考えたり。

[ダビスタ生産・育成]
PS版ではこれといって成果はなかった。3・96の生産もそろそろやる予定。
しばらく前にPS版でとある条件の生産をやっていた時に、(少なくとも自分の知っている範囲内では)3・96でその条件に該当するBC馬が1頭も存在していない事がわかったので、これは狙い目かも知れないと思った。能力的にはさほど高いのが望めるわけではなく、むしろかなり苦しそうだが…
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

PSデュラブ真性、BC結果・予定など

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS デュラブ×ブライアンズタイム×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×イットウショウ
122(K87)/111(5.125耐え)/40(68)/84/5/6、385、426kg
根性はシャドーロールだったが、他は十分に合格点をやれる能力。
父栗毛×母青毛なので栃栗毛が出る可能性もある配合だったが、鹿毛だった。
栃栗毛は真性の名前変え対象が出ず、仮性ならいたがしょぼかった。

PS97のデュラブは、ブライアンズタイムやモガミと比べるとBC馬が少なく、マイナーと言うほどでもないがメジャーにもなりきれない感じだが、ある程度は行ける種牡馬。
(真性配合だと)面白になりやすそうに見えて案外そうでもなかったり、SEも弱かったりはするが。

オグリキャップ×グランドオペラも同時進行していたが、こちらは育成対象なし。
SEに関しては強力な配合だが(父似Native Dancer、母似Nijinsky)、実績Bで非ニックスだとなかなか厳しい。ニトロも決して高くはない。勝負根性を除けばRelaunchよりはいい条件だが…
なおオグリキャップはSS版では実績がCに下がった。グランドオペラはSS版では消えた。そしてダビスタ98ではダ適反転のため真性は狙えない。なのでPS97でこそやる意味がある配合。

[774BC2015(PS・98・SS)4日目]
25戦(3.4.4.6.4.4)
1Rは18頭中8頭出して3組全て未連対。勝てていない事は処理中からわかっていたが、よく見てみたら連対すらなかった。実験的に斤量が軽くなるのを出したりもしたが、いい結果には繋がらなかった。
2Rも1組は未連対だったが2組で初勝利で、デビュー戦だった真性馬デューも1人気で2着と合格点。
3Rは1組でデビュー戦の青毛馬ビッグブルーが快勝、2組は97BCでサッパリだったフォルブレイズが僅差の2着と初めて好走。
4Rは位置取りと展開にも恵まれてセレクトボタンが勝利、4kg減のデススマイルズが2着。
5RはPS馬ウサミミバンドが健闘するも3着まで。98馬の2頭は着外に消えた。
序盤悪すぎたのは誤算だったが、2R2組以降は持ち直していて新戦力も健闘していた。ただ最後は力負けだった感じ。あと4Rと5Rはさらに追加登録するつもりだったが、迷っているうちに結局やめた。

[次回以降のBC予定]
PS・98・SSは早くても9月以降だが、まだ未定。

2・EX・3・96は今回の登録状況を見て、次回を年内にするか年明け以降にするか決めるつもりだったが、締め切り前の今の時点でも自分の中で設定していたラインをクリアしているので、次回は年内にする予定。
2・EX・3・96ではしばらくBC馬生産をしていないのもあって、新戦力の投入は無し。これから追加登録するのは既存の馬で。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする