2016年07月16日

SS版アルカング生産など

[ダビスタ生産・育成]
SS版の締めの方はそろそろマノンレスコ系やっとこうってのと、実績C+ニックスもやっとこうってので、アルカング×Danzig×マノンレスコにチャレンジ。
SSArcangues.png
SS版で実績Cの新種牡馬ではSPニトロが最も低く、配合限界でも127にしか達しない。98だとモンテプリンスと同等で、サンテステフやアンドレアモンも同等(これらの種牡馬とは違ってニックスは使えるが)

430kgだが仮性-1でサブパラ良好となかなかの良固定を確保したので名前変え中。父似の栗毛。
ただ超早熟の最もX月が早いタイプなので、育成ではあまり積む事はできない。

今の所手応えはあまり良くない。ニックスでSEも効果的とは言え、実績Cでニトロも低いので仕方がない。それでもある程度は見どころがある産駒も出ていた。
SP乗りは悪く最高SP122までしか出ていないが、その馬がSTが90とまずまずだったのが救い。これなら少々物足りないものの、しばらくやって何も出なかった時、育成してもいいレベルには達している感じ。
SP+ST合計のトップは218だが、107/111でSPが低すぎて問題外。
他にはバランス型で119/97ってのもいた。これも悪くはないがちょっと物足りないか。
今回も98長距離BCで右2フロー級を狙いたいところだが、苦戦させられそうな予感。

繁殖牝馬ではホスピタリティ×オールグリーンでカリスタグローリのTSLに届きそうで届かず中断。
最も合計値が高かった96/91(-3)もSTがわずかに届かず。
カリスタに届いてなくても十分実用レベルだし、後の代に繋ぐ用としては十分すぎるぐらいの能力だが。レイマル用でよく試されるホスピタリティ×アロマテラピー(オールグリーンと同じ父パーソロンだが、基礎能力が高い)なんかでも、このレベルまで粘る事は少ないだろうし。

[SS版新種牡馬生産済みメモ]
メジロマックイーン
スターオブコジーン
Salse
Kingmambo
ここまで4種牡馬。全ての新種牡馬生産をやるつもりでいるので、まだまだ先は長い。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

774BC2016(PS・98・SS)2日目

2016年2日目 8月7日午後締め切り予定(時間は未定)
なお、1〜4レースの合計登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。
個人的なスケジュールがまだ未定のため、締め切り日が前後する可能性もあります。

(1R) 98 札幌 2600 (8)
OP戦 別定 SP123(K88)以下 SP2下がる毎に1kg減(最低48kg)
(2R) 98 函館 D1700 (8)
OP戦 別定 ダ適別定3
ダ適3が馬齢重量 1段階毎に5kg増減(最低48kg)
(3R) 98 新潟 1400 (8)
OP戦 別定 SP129(K94)以下 SP2下がる毎に1kg減(最低48kg)
(4R) 98 小倉 D1700 (8)
OP戦 印ハンデ
(5R) PS 札幌 2000 (16)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜4Rは超えた時はレース分割。5Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭までになります。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
posted by ◆RifFE0aAlw at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

SS版メジロマックイーン新作、一応右2フロー

SS版メジロマックイーン新作は一応98BCクラシックで右2フローした。
結構ギリギリっぽい。

flow mejiromcqueen.pngdsssmejiromcqueen01.png

メジロマックイーン×Danzig×ジェイドロバリー×Rainbow Quest×アイルドゥイット
129/96/92/98/3/7、415、20-14
元気1500万(不出走)、早熟4月1週入厩、438kg
(滝登/逃げ)
たぎふげげ ごぺねべり しぜややれ すぽふもい
ろさえかめ ざつぞろこ なほろやか

生産馬ページは後日更新。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

なんとメジロマックイーンからSP配合限界

[ダビスタ生産・育成]
SS版 メジロマックイーン×Danzig×ジェイド×レイン×アイル
129/96/92/98/3/7、早熟1、438kg
久々に再開してみたものの相変わらず手応えが悪いし、サブパラ良好も馬体やや重い&早熟で長持ちしないタイプなので、見切りを付けて別の固定を探す事を検討し始めていたら、唐突にSP配合限界が出た。今までの最速が126/76とかなりショボかったのを考えると、びっくりするような大爆発。
スタミナも悪くないどころか、SP123以上でST3耐え以上が出ていなかった事を考えれば、3.25耐えの96ならかなり高いと言ってもいい。SP121だとST97、SP119だとST4耐え台の103もいたが。
98BCで右2フローするのかは微妙なところだが、滝登あたりの上位騎手なら。

SP・ST合計の225もトップだったが、今までがどれだけ酷い不発ぶりだったのか…それまでのトップは明らかにSPが足りない109/115の合計224。
SP120以上は250頭に1頭は上回る程度、ST限界は123だが最高ST119止まりだった。

(他作品ではあるが)今回のマックイーンと実績・安定が同じでよりニトロが低い、PS版97のRelaunch産駒のSP・ST合計226(121/105、ロケットランチャー)以上も目標にしていたが、今回の225がトップなので226に届いた産駒は結局出なかった。SP配合限界どころかSP125以上で3耐え級よりは、こっちの方が可能性があると思ったぐらいだったが。名前変え頭数も今回の方がだいぶ多いし(Relaunchで名前変えをした固定数は50程度でしかない)。

何とか結果を出して終わる事ができたが、予想もしなかったような厳しい戦いだった。
新作が出たので近いうちにBCも開催予定。

SSMcQueen.png
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする