2017年01月25日

dsbft修正テキストファイル詰め合わせ 96・PS・SS用 20170125

ミスが3箇所あったので更新しておいた。
96のレシテイションに関してはだいぶ前に気づいていたが、長期間放置したままだった。

[f96.txt] 96繁殖牝馬データ
ビーチパラソル(DS3)
Round TableとPrincequillo間にインターメゾを追加

[m96.txt] 96種牡馬データ
レシテイション
Miori→Migoli

[fss.txt] SS繁殖牝馬データ
ガスパッチョ
馬名 ガスパチョ→ガスパッチョ

dsbft修正テキストファイル詰め合わせ 96・PS・SS用 20170125
https://www.axfc.net/u/3768553

追加馬に$マークを付けていない物
http://houi774.up.seesaa.net/image/dsbftfix2020170125.zip
タグ:DSBFT

2017年01月19日

勝て勝て勝て勝てホームやぞ

[774BC2016(PS・98・SS)1日目]
16戦(1.3.6.1.5.0)
1Rは1組メタルマックスが3着。2組は離されたビリ。3組ステテコパンツは2kg減だが詰めが甘くまた3着。
2Rは1組ブースターが3着、2組は印が付くもイレ込みでビリに大敗。3組はデビュー戦でSS版生産アルカング産駒のアルカエストが2着に入り今回6頭目でようやく連対。ただ内容的には完敗だった。
3Rは1組ビリ、2組で1番人気になっていたムックがなんとか初勝利。デビュー戦のSS版生産アルカング産駒のルノーカングーは完敗の4着。3組は初代配合の差し馬マイフェアレディが3着健闘もナックルカーブがビリ。
4Rは1組デビュー戦のSS版生産Salt Lake産駒ディージェイソルトが惜しい2着。ウッディライフが4kg増ながらも流れ込んで3着確保と合格点。3Rサラマンダークローも3着。OP戦を終えてここまで1勝のみでビリ4回。
5Rはデビュー戦でSS版ハイサド配合限界のドライバーズハイがハナ差敗れて2着。アオイダンガンが地味に5着に入っていた。単勝人気よりは下だったが、戦績の分人気になってたのもあるので能力を考えれば頑張った方。
しかし小川の印って未だによくわからん部分があるな。逃げ馬多い中で先行馬に印が付くのはわかるが、それ以外は必ずしもスピード上位の馬が付いている感じでもない。

今回は合計62頭でも処理しようと思えばできなくもなかったが、自分の馬を減らして合計60頭にしてOPは全レース15頭に(なお合計の60頭は、ターボファイルを使わずにBC馬のパスを保存できる上限)。
アウェイでまずまずの成績だったし、ホームに戻ってOP戦が全て5頭立ての少頭数なら合計2〜3勝は見込めると思いきや、1勝しかできずビリが4回と期待外れの結果に終わった。まあ1着<2着<3着なのはいつも通りと言えばいつも通りだが…
最後5Rで2頭とも掲示板を確保できたのは予想以上だったが、力を入れていたはずのOP戦で勝ち切れなかった。勝て勝て勝て勝て勝て勝て勝て勝てホームやぞ。
次回はまだ未定。

[ダビスタSS版生産・育成]
ハイサド新作の育成はまず気性79バージョンから。
ブリンカーを付けた方が育成は楽なのだが、3回負ける必要があるので今回は戦績優先で去勢のみ。序盤は気性が悪すぎてかなり苦戦した。4歳では45戦44勝止まりだった。BCデビュー戦も4歳バージョンを登録。
5歳バージョンでしっかり積む時間はなかったが、近いうちに仕上げる予定。
超気性難の育成は過去作と比べても厳しそうなので、気性7バージョン(15から半減)の育成は後回しになる見込み。PS97の時のハデデスやデュアルブートもきつかったが、さらに辛くなる事は間違いない。当時よりたくさん積む予定なので、だいぶ時間かかりそう。
なお実在の現役馬に同名がいたのだが、気が付いたのは育成途中だった(中央2勝)
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ひとまずハイサド名前変え終了

[ダビスタSS版生産]
Highest Honor×Sadler's Wells×タイトスポット×Rainbow Quest×オールグリーン

福原遥ちゃんプリキュア声優決定ってビッグニュースもあったし、予定より遅れ気味だったが気合いを入れ直す。
しかしその後も苦戦続き。SPアップ要素無しの割にそこそこ良いのは出ていたものの、どでかいホームランを狙いたい時にメジャーな配合でそこそこ止まりでは満足できず、かなりの長期戦になるんだろうなと思ったその時…

アョゲ 137/106

なんとSP配合限界。135すら出ていなかったのに突き抜けて、自分でも目を疑った。
スタミナ4.5耐えはハイサド父似としては特に高くはないが、これだけのSPなら合格点。

今回の目標を達成できたので、アルカングの時と同じ13530(82×165)通りに達した所でひとまず終了。もっと数を増やせばさらにST上がいるのかも知れないが、それを目指すと6桁になりそう。

SP128以上は47頭。6806頭時点よりわずかながら確率が上がった
SPST合計240以上は40頭と、6806頭時点よりさらにペースが落ちた。トップも131/120で合計251のまま終了。その他目に付いたのは132/115合計247。
ST7耐え級でそこそこSPがあったのは118/126ぐらい。

一体どうなるのかと思ったハイサドだったが、よく考えてみればこの頭数でSP配合限界が出たのはかなり幸運。これで近いうちに母父デインヒルをやる可能性もなくなった。
違う母父のハイエストをやる可能性はまだあるが、近いうちではなく他にいろいろやった後だろう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

ようやく6806通りに到達もかなり苦戦

[ダビスタSS版生産]
Highest Honor×Sadler's Wells×タイトスポット×Rainbow Quest×オールグリーン
名前変えはようやく一区切りの6806通りに到達も、3000ほどの時点より明らかに手応えが悪化していてかなり苦戦している。

SP128以上は23頭。300頭に1頭を上回る程度にまでペースが落ちてしまった。配合限界が出るどころか、未だに133/106がトップのまま。
STは割と乗りが良く配合限界の127が出現したのを確認。ただ単純に6耐え級が出る確率だけなら高いと思うが、爆ST馬は大抵SPがショボい。
SP・ST合計240以上は22頭と、300頭に1頭以下。これに関しても3000ほどの時点よりペースが落ちていた。トップは131/120の合計251のまま。

ハイエストは機会があれば、母父デインヒルの非父似でどの程度行けるのかも試したくなってきた。まだ繁殖はできていないし、やるとしてもまずハイサドで万以上やった後だが…
posted by ◆RifFE0aAlw at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする