2015年07月24日

PS版で426kgを超えた馬の加速力を検証のつもり…も割とグダグダだった

ベスト446kg、健康が5と悪くないデザートストームの育成前データがあったので、ベスト馬体重の446kgの他に、438〜426kgと、さらに424kgの合計9パターンを馬体重別に名前を変えてパスを取った。

馬体重別サンプル馬のパス。
調教だけでほぼ能力を仕上げた後に放牧→再入厩時に名前変更して1戦だけしてパスを取った。
なお騎手は同一ランクの違う騎手にしている。乗り替わると騎手のランクがズレるため(小田部が乗ってしまうなど)
ベスト馬体重時の能力 125(K90)/100(3.75耐え)/95/98/4/5

ヨンヨンロク 446kg(ベスト馬体重) ST100
るあばふさ けもよむど みもひわせ けたやびげ
ざちだんす ざがくめし ざてふえべ

ヨンサンハチ 438kg ST96
そどぽぱり ぶさゆぱさ むせひぱぐ つのぞへぎ
だつがぺし ねしぱもみ しほめさろ

ヨンサンロク 436kg ST94
だうどいそ ねめがぐく りぽでぐげ ちばぶぐぱ
にるみえぼ やにぽんだ そりせべぞ

ヨンサンヨン 434kg ST92
めほわるも りちんけく ねそめえい ぬそればち
へそはぼだ おひにきぼ いなるぽも

ヨンサンニ 432kg ST90
なやくむら どうぬごな ほかたべも こえたつみ
おやたまさ すちでけし さふよらあ

ヨンサンゼロ 430kg ST88
らへあせひ けぐびごひ どいぽぱひ ぶほよあそ
べんほばす ざしひふぼ ぜざつげぐ

ヨンニハチ 428kg ST86
ぐゆみなろ ぞぽみびた ごぜみぞる にぐふだけ
るでぬんえ ぶぜざぱぼ こぺつくや

ヨンニロク 426kg ST84
りばぼどだ いざしんだ せけさてだ しおそぼよ
みへおめく えぶすてあ ぎぐかがせ

ヨンニヨン 424kg ST82
びみつぎん びすむまげ ろせどむも うなびぽん
がさきいあ たとゆげべ びかふせて

ちょっと前に、426kgの馬と428kg以上の別の馬を2頭だけで走らせた時は(2頭以外は最弱馬で穴埋め)、428kgでも436kgでも加速力が大して変わらなかった気がしたのだが、今回428kgと436kgを走らせてみたら差を感じた。
ただレース回数を重ねていくと、8kg差どころか2kg差でさえ1馬身弱の差が付く事が多かったため、ここで急遽424kgバージョンも追加。これなら426kgと同等の加速力のはず…
なのだが、実際に走らせてみると直線で1馬身弱の差が付く事がほどんど。
ただ424kgの方が早い時と、426kgの方が早い時が同程度の回数だった感じなので、これはやっぱり同等の加速力なのだろう。

この辺で結構グダグダになってきていたので終わろうと思ったが、その後にサンプル馬よりSPがやや低い重量級逃げ馬を、サンプル馬を挟む形で入れて走らせるようにした(例えば1番最弱、2番と5番に比較したいサンプル、3番と4番に重量級逃げ馬)。
これは結構な効果があったようで、加速力の差が縮まった。424kgと426kgの加速力の差はほとんどないし、426を超えた馬の2kg違いや4kg違いでも小さな差しか付かなくなった。

いろいろやってみた感じだと、8kg毎とか10kg毎に加速力が変わるわけではなく、426kgを超えたら2kg違いでも加速力の差がありそうな感じだった。
ただ2kgや4kgだとそこまで大きな差があったわけでもなく、短距離やダートのような前がつぶれやすい条件なら434kgや436kgでも許容範囲内かも。

なお9頭のサンプル馬を同時に走らせた場合、大抵1〜2頭は状態の悪い馬(明らかにスピードを発揮していない)が出ていた。丈夫コメントが出るレベルならもう少しマシかも知れないが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック