2016年10月01日

BC処理ミス、SS版生産など

[774BC2016(2・EX・3・96)2日目]
最弱以外17戦(3.3.3.3.4.1)
今回は出走頭数少なめでレース分割もなく、処理レース数が少ないのでいつもよりスムーズに行くはず…と思いきや2Rの処理コースを間違えるなどむしろダメになっていた。決して油断していたつもりはなかったのだが、注意力が足りなくなっていたのかも知れない。すいません。

1Rの長距離印ハンデはスペースハリアーが勝利。斤量もそこそこだった。BC未勝利のスワンチカが3着、久々のメリケンパークが4着。

2Rは96では今回初めて設定したダ適別定。ここで処理コースを間違えるミスを犯してしまう。やり直し前の阪神D1400ではプレミアムディスクが2着、5kg減のスピンダッシュが3着。新潟D1200でやり直したらスピンダッシュ勝利。やり直し前にイレ込んで大敗していたオイルマネーが2着で、ダ適2で5kg減のワンツーと全く違う結果に。

最初はやり直し前の分は無かった事にするつもりだったが、ここで自分の馬が勝ってしまってなんだかモヤモヤした感じになった事もあり、結局やり直し前の記録を残した上で、正しい条件での処理も追加する形にした。

3Rは非面白かつ実績CのスタークラッシャーがBC初勝利。実績Cのナイトブレードが3着。3生産の実績Cマネーボールが4着。とは言っても6頭中5頭が自分で出した馬で1番人気も譲った。

4Rは最弱と同時。最弱馬のみでは参加人数的に成り立たないかも知れないってのもあって、抱き合わせで最強馬と一緒のレースにしたのもある。実際に最弱場を登録したのは自分だけだった。
本命が最弱レースのつもりだったので自分では最弱のみのつもりだったのだが、さすがにメインレースが実質2頭立てでは何なので一応5頭に。予選開催どころか逆に穴埋めをする事に。
まあ海外の競馬だとG1級のレースでも5頭未満になる事はあるが…Spectacular BidなんかはG1なのに単走だった事もあったし。

最強部門では久々出走のアイボールが2着。牝馬のブルーオーブが4着。ジャンクションが5着と最下位。
最弱部門は7頭出したが、自分の馬で騎手が被らないようなメンバー構成に。3生産のゾルゲーシックスがビリ12着で1位。イマイチ期待外れだった栃栗毛のウボァーがブービーの2位と結果を出した。3位は芦毛牝馬ハタライタラマケ、4位チンソーダン、5位イイエケフィアデス。

BCは年内に3回やる計画もあったが、今年はたぶんこれで終わり。また春に会いましょう。
98の方でも年内にもう1回やるのかがちょっと怪しくなってきたが、こちらの方は生産次第。

[ダビスタ生産・育成]
SS版生産。繁殖作りではカリスタグローリ×Carson City×オールグリーンでついにモガミTSLが来た。
さすが高ニトロ、アルカングのSP限界なんて超えてる(もっとも127を超えても繁殖能力は127になってしまうので無駄な速さだが)。
サブパラなんて全く気にしなくてもいい繁殖作りとは言え、SS版の実績C非ニックスで初めてSP130台を出せたのは良かったか。
STはジャスト2耐えの86(-5)。距離適性のせいで5も落ちて81になってしまうが何とかセーフだった。

締めの方のアルカングは名前変え1万には到達するもまだ目標には届かず、依然苦戦が続く。
ただ123/91となかなか良さげな候補は出た。まだ育成はしていないものの、後で育成する可能性は結構ある。他にもST不足だが126/77とSP限界一歩手前も出ていた。
posted by ◆RifFE0aAlw at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442415274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック