2016年10月13日

別の配合も開始、ソルトレイクは悪くない手応え

[sakimori98bc 2016 5th]
11戦(1.1.4.2.1.2)
1Rは無印で追込のテラクレスタが軽量で流れも向いて勝利。60kgだった差しのダイアキュートも3着と安定した走り。
2Rは最後は真性馬同士での争いも勝ちきれずパワードール2着、マンゲキョウ3着。それでもスタミナに不安がありながらも崩れず頑張った。軽量だったモンブランケーキは着外に消えた。
3RはPS生産のシャドーロール馬カバーアートが3着。前とは少し差があったが、3・4・5着と3頭とも何とか掲示板確保と及第点。
4Rは条件的に期待薄だったが、最後離されながらもクローディア3着、差しのリルル4着と見せ場十分の大健闘。
勝ち星は最初だけだったものの、レベルを考えればなかなかの結果。

[ダビスタSS版生産]
締めの方のアルカングは依然苦戦が続くので他の締め配合と並行しながら、と言うか中断してしまいそうな感じ。
名前変え13530(82*165)には到達した。118/100とSP+ST合計で218の最高タイが出たがそれぐらい。あと最高STが115と新記録更新(当然ながらスピードは死亡)

他の配合の固定探しでは割と実験的な配合からなかなかの良固定が出たので、これをしばらくやってみる。
Salt Lake×バンブーアトラス×オールグリーン
SS Salt Lake.png

見事配合の生産は初めてだが、SPニトロ20とニトロ的には何ら大した事はなく、しかもインブリードがある(非見事だったらアウトブリードでもさらに低くなるが)。STアップのRelicなのでスピードアップ要素はない。
果たしてどの程度行けるのか半信半疑で名前変えを開始したが、100もやらないうちに125/95が出現。スタミナがちょっと足りないものの、予想外の好スタートを切った。
SPアップ要素無しだがニックスがある分なのか、今の時点では非ニックスのメジロマックイーンより良い感じ(マックでは結果的に配合限界SPを引けたが、はっきり言って手応えは芳しくなかった)。
SPが乗った時にSTがいまいち乗っていないが、ST乗り自体は悪くない感触。
アルカングでは1万3千以上やってSP+ST合計が最高218の惨状だったが、実績B+ニックスのこちらはそんなのあっさり越えてくる。まあ実績Cでニトロもショボいアルカングがひどすぎるだけだが…
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック