2016年11月01日

Salt Lake生産は手応えが良かったのは最初だけ

[ダビスタSS版生産]
Salt Lake×バンブーアトラス×オールグリーン
名前変えはようやく2文字目と2文字目+3文字目全通りで、一区切りになる6806(82*83)に到達。
手応えが悪化するに従って生産ペースも落ちてしまった。かなり早い段階で125/95が出たので、そのうちSP125以上でST上も出るだろうと思いきや、その後1頭もSP125に到達できず…配合限界は129なのだが。
最初の125/95以外にも123/100や122/103と一応の育成候補は出ているものの、ちょっと物足りないので満足とは言えない。仮性の根性型なので122ぐらいでもダートなら十分使えるが…

SP120以上はここまで23頭で、確率も300頭に1頭を上回る程度と非ニックスのメジロマックイーン以下に。
あちらは母似Danzigで、こちらはSPアップ要素無しの時点でさほど良くないのは予測できていた事なのだが、最初だけ妙に手応えが良かったのは一体何だったのか…
STはアップ要素ありだがそこまで高いわけでもない。5耐え級になると大抵SPが死んでるし、ここまで配合限界も出ず最高119止まり。ただSPが乗った時に2.5耐え(90)未満しかなかった馬は少なく、その点では一応効果があったと言える。
SP+STの最高は231がいたがSPが117だった(117/114)。ST5耐え超えで唯一SPがそこそこ乗ったのがこれだった。220以上が出る確率でも明らかにマックより上だった(ニックスがあって安定も違うので当然だが)
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック