2017年01月19日

勝て勝て勝て勝てホームやぞ

[774BC2016(PS・98・SS)1日目]
16戦(1.3.6.1.5.0)
1Rは1組メタルマックスが3着。2組は離されたビリ。3組ステテコパンツは2kg減だが詰めが甘くまた3着。
2Rは1組ブースターが3着、2組は印が付くもイレ込みでビリに大敗。3組はデビュー戦でSS版生産アルカング産駒のアルカエストが2着に入り今回6頭目でようやく連対。ただ内容的には完敗だった。
3Rは1組ビリ、2組で1番人気になっていたムックがなんとか初勝利。デビュー戦のSS版生産アルカング産駒のルノーカングーは完敗の4着。3組は初代配合の差し馬マイフェアレディが3着健闘もナックルカーブがビリ。
4Rは1組デビュー戦のSS版生産Salt Lake産駒ディージェイソルトが惜しい2着。ウッディライフが4kg増ながらも流れ込んで3着確保と合格点。3Rサラマンダークローも3着。OP戦を終えてここまで1勝のみでビリ4回。
5Rはデビュー戦でSS版ハイサド配合限界のドライバーズハイがハナ差敗れて2着。アオイダンガンが地味に5着に入っていた。単勝人気よりは下だったが、戦績の分人気になってたのもあるので能力を考えれば頑張った方。
しかし小川の印って未だによくわからん部分があるな。逃げ馬多い中で先行馬に印が付くのはわかるが、それ以外は必ずしもスピード上位の馬が付いている感じでもない。

今回は合計62頭でも処理しようと思えばできなくもなかったが、自分の馬を減らして合計60頭にしてOPは全レース15頭に(なお合計の60頭は、ターボファイルを使わずにBC馬のパスを保存できる上限)。
アウェイでまずまずの成績だったし、ホームに戻ってOP戦が全て5頭立ての少頭数なら合計2〜3勝は見込めると思いきや、1勝しかできずビリが4回と期待外れの結果に終わった。まあ1着<2着<3着なのはいつも通りと言えばいつも通りだが…
最後5Rで2頭とも掲示板を確保できたのは予想以上だったが、力を入れていたはずのOP戦で勝ち切れなかった。勝て勝て勝て勝て勝て勝て勝て勝てホームやぞ。
次回はまだ未定。

[ダビスタSS版生産・育成]
ハイサド新作の育成はまず気性79バージョンから。
ブリンカーを付けた方が育成は楽なのだが、3回負ける必要があるので今回は戦績優先で去勢のみ。序盤は気性が悪すぎてかなり苦戦した。4歳では45戦44勝止まりだった。BCデビュー戦も4歳バージョンを登録。
5歳バージョンでしっかり積む時間はなかったが、近いうちに仕上げる予定。
超気性難の育成は過去作と比べても厳しそうなので、気性7バージョン(15から半減)の育成は後回しになる見込み。PS97の時のハデデスやデュアルブートもきつかったが、さらに辛くなる事は間違いない。当時よりたくさん積む予定なので、だいぶ時間かかりそう。
なお実在の現役馬に同名がいたのだが、気が付いたのは育成途中だった(中央2勝)
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック