2012年07月16日

ダビスタ98でいろいろ育成

ダビスタ98でいろいろ育成。
最弱は2頭再育成。1頭目は持ち込み馬のハイエストオナーニ(85/76/2/1/4/5、超早熟X月4歳3月)
この馬は人気MAX仕上げにした。このSPでどうかなと思ったが、初期値の高い超早熟なのもあって意外と楽に勝てた。根性無し馬を勝たせるのも3や96よりは楽で、致命的に根性が無い馬でもスピードとスタミナだけで押し切る事が多い感じ。
ただ人気上げに関しては最悪の糞世代だった。SP85サブ崩壊の馬でヒシアマゾン相手に離して勝たせるのは厳しすぎ。結果論だがX月経過後にも出走機会が何回もあったので、古馬のビワハヤヒデとか相手に上げれば良かったのかも知れない。
超早熟X月4歳3月根性2なので、6歳3月に出走したら根性が0まで落ちた。再育成前は根性が1だけあったが、これでSP/ST/根性/気性の4能力オールゼロを達成(ダ適と健康は高いが)。なおダ適健康も含めてオールゼロを狙うなら、ダ適◎の外道配合が早道か。
しかし既に一度育成していた馬で能力オールゼロが達成可能な状態だったって事か…。

2頭目は市場取引馬のナカムラブランド(57/25/4/12/1/5、遅普通)
以前のバージョンはSPが2残っていて仕上げが甘かったし、パス取り直前のデータが無かったので出走前まで戻ってやり直し。SPがこの程度だと勝たせて人気を上げていくのは厳しそう&気性の限界が二桁あるので、普通に昔風の育成。遅普通型で気性の初期値は5、2戦しても9→ブリンカー付けてもアップ無し&半減して4になった。以前のバージョンは気性の仕上げも甘かったようだ。2戦目は7月2週の新馬戦だったが、人気上位のナリタタイセイが出遅れだった事もあって、元よりもかなりアップできた。

バイコクドケケナカも再育成しようと思ったが、気性限界が二桁→ちょっと高めなので育成時に逆フロー出来ない→非常に勝ちづらい、と言う時点で却下。しかも超晩成なのが面倒っぽいし。

98の最弱馬は理論上は127戦127勝人気MAXがベストだが、よく考えてみるとそこまで積む事ができる馬は気性逆フローの関係もあって、ランクが低い騎手を乗せても微妙=そこそこの騎手を必死に確保するなどと言う事に…

BC馬も久しぶりに新作を育成。
グロウ×リアルシャダイ×マノンレスコ
128/108/51/77/3/3
以前底力アップ3本の配合実験を(ヘイルトゥリーズン、ターントゥ、ハイペリオン)していた時に出た産駒。
SP配合限界とは言ってもニトロが低いからこの程度のレベルだし、適当な育成でもいいかなと思ったりもしたが、結果的には思いっきり本気でやっていた。

これで98の育成は一区切りのつもりだったが、主にBC成績不振馬を対象に何頭か体重削りバージョンの追加も検討中。452kgのシャドーダンサーを26kg減の426kgまで削ったらSTが117→95と22減。元々のスタミナが高いのでそれなりに見られるレベルだが、さすがにここまで減ると微妙。やるとしても相当なスタミナ馬以外は440kgまでか。
参考までに
体重 ST
*00 *00
-02 *00
-04 -01
-06 -02
-08 -03
-10 -06 なぜか-8kgと-10kgの差が大きい、これ以降は2kg減でST2減
-12 -08
-14 -10
-16 -12

生産は特に進んでいない。
BCも8月上旬あたりをメドに考えたいがまだ未定。
posted by ◆RifFE0aAlw at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

ダビスタ98系統図 アイルドゥイット系

2012-03-01更新

この記事は古い内容です。最新版はこちら

ダービースタリオン・生産馬のページに戻る

やはりダビスタ98だとアイルドゥイット系が主流。
レイン牝の入手にかなり苦労して遅くなった事で、ルドルフから繋いだ系統や非アイルドゥイットの系統が伸びたと言う面もある。

●アイルドゥイット 牝 黒鹿毛 58-50
┣●サン(サンデーサイレンス) 牝 鹿毛 108/88/69/42/1/5 108-88
┃┣●牝(マルゼンスキー) 黒鹿毛 112-104
┃┃┣●牝(タマモクロス) 111-100?
┃┃┃┗■タイムパイロット(ブライアンズタイム) 牡 鹿毛 126/99/99/71/2/2
┃┃┗●マリーシア(タマモクロス) 牝 芦毛 127/103/75/70/3/7 127-106
┃┃ ┣●アルルナジャ(バンブーアトラス) 牝 鹿毛 129/120/73/92/4/5
┃┃ ┣■デザートストライク(クリエイター) 牡 芦毛 122/114/56(68)/85/5/5
┃┃ ┣■パルスマン(パドスール) 牡 芦毛 129/99/46(68)/91/4/6
┃┃ ┣■ベンジーモリーナ(バンブーメモリー) 牡 鹿毛 125/91/88/77/2/2
┃┃ ┣■タイガーシャーク(ハクタイセイ) 牡 芦毛 124/101/64/63/3/6
┃┃ ┗■フリーファイター(ランニングフリー) 牡 芦毛 130/89/61/95/3/7
┃┣●牝(ジェイドロバリー) 鹿毛 112-90
┃┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 117-108
┃┃┃┣■トラース(ラストタイクーン) 牡 鹿毛 122/113/96/95/0/7
┃┃┃┣●レナ(モガミ) 牝 芦毛 130/109/69/92/0/7
┃┃┃┣■サンダークロス(サンキリコ) 牡 芦毛 129/76/83/92/4/6
┃┃┃┗●フィーナ(ダンシングブレーヴ) 牝 芦毛 130/109/79/92/1/5
┃┃┗●牝(グロウ) 鹿毛 112-91
┃┃ ┗▲トニーレッドウッド(トニービン) セン 鹿毛 130/101/90/79/3/2
┃┣●牝(トウショウペガサス) 栗毛 115-81
┃┃┗●牝(タマモクロス) 芦毛 102-109
┃┃ ┣●マチルダ(マルゼンスキー) 牝 芦毛 121/120/79/92/1/5
┃┃ ┣■フォースフィールド(フォーティナイナー) 牡 芦毛 127/110/74/97/2/6
┃┃ ┣■マルス(マルゼンスキー) 牡 栗毛 127/108/97/98/2/2
┃┃ ┣■ノースウォール(ノーザンテースト) 牡 白毛 127/106/95/82/1/5
┃┃ ┗■アルツール(アウザール) 牡 芦毛 122/104/92/96/4/5
┃┗●牝(イブンベイ) 鹿毛 118-103
┃ ┗●牝(ノーザンテースト) 鹿毛 123-114
┃  ┗●パステルインク(ウインザーノット) 牝 黒鹿毛 127/106/65/92/4/5
┣●牝(シンボリルドルフ) 牝 青鹿毛 86-105
┃┣●牝(ジェイドロバリー) 鹿毛 111-104
┃┃┣●牝(ミルジョージ) 黒鹿毛 112-120
┃┃┃┣■イバンロドリゲス(ロドリゴデトリアーノ) 牡 鹿毛 125/112/82/61/2/3
┃┃┃┗■ランダー(ランズダーン) 牡 鹿毛 124/84/91/97/4/7
┃┃┣●牝(ノーザンテースト) 鹿毛 118-103
┃┃┣●牝(アーティアス) 栗毛 99-106
┃┃┃┣●ロリータアート(ロドリゴデトリアーノ) 牝 栗毛 133/84/68/48/2/2
┃┃┃┣■ビギニング(バンブービギン) 牡 鹿毛 127/112/60/95/2/3
┃┃┃┗■デロリアン(ロドリゴデトリアーノ) 牡 栗毛 128/108/76/83/2/6
┃┃┣●牝(グロウ) 鹿毛 105-94
┃┃┃┣■ブラックウィップ(トウショウペガサス) 牡 黒鹿毛 125/93/67/98/2/3
┃┃┃┣■シャドウサーバント(トニービン) 牡 青鹿毛 129/96/99/95/3/5
┃┃┃┗■トマホーク(サクラホクトオー) 牡 鹿毛 130/105/96/91/3/3
┃┃┣●牝(シェルシュールドール) 鹿毛 121-104
┃┃┃┣■ファイナリスト(バンブーアトラス) 牡 鹿毛 134/111/93/91/2/2
┃┃┃┗■ムック(ムクター) 牡 鹿毛 120/101/73/90/0/3
┃┃┣●牝(ノーザンテースト) 栗毛 105-109
┃┃┃┣■サンダーゾーン(サンデーサイレンス) 牡 栃栗毛 122/105/79/93/4/7
┃┃┃┣■ウエストエンド(ニシノエトランゼ) 牡 栗毛 124/100/75/76/1/4
┃┃┃┣■サスペンション(トウショウペガサス) 牡 鹿毛 114/116/42(68)/57/4/5
┃┃┃┣■テンプルナイト(テンパレートシル) 牡 芦毛 117/106/79/95/2/4
┃┃┃┣■サイクルヒット(サンデーサイレンス) 牡 青鹿毛 125/110/88/98/2/7
┃┃┃┣■サンバースト(サンデーサイレンス) 牡 栗毛 129/107/84/79/1/7
┃┃┃┗■ボレーシュート(トレボロ) 牡 鹿毛 127/90/69/69/2/7
┃┃┣●牝(ニホンピロウイナー) 栗毛 108-102 不出走
┃┃┣●牝(セクレト) 黒鹿毛 124-88 不出走
┃┃┗●牝(ムクター) 芦毛 121-99 不出走
┃┣●牝(タイトスポット) 鹿毛 109-99
┃┃┣●牝(ガダボート) 栗毛 111-96
┃┃┃┣■パワーメモリー(バンブーメモリー) 牡 栗毛 117/109/69/85/0/2
┃┃┃┣■ワンダーバングル(リードワンダー) 牡 鹿毛 126/85/79/68/3/3
┃┃┃┣●チチビンタリカ(レッツゴーターキン) 牝 鹿毛 121/100/41(68)/99/4/7
┃┃┃┣■レッドアリーマー(レッツゴーターキン) 牡 栗毛 130/80/85/95/3/2
┃┃┃┣■クラックダウン(サクラユタカオー) 牡 栗毛 126/105/88/94/4/3
┃┃┃┣■ビルライザー(ビゼンニシキ) 牡 栗毛 127/106/91/70/4/4
┃┃┃┣■アダマンタイト(メジロアルダン) 牡 栗毛 128/101/86/100/3/3
┃┃┃┣■スパークスター(スーパークリーク) 牡 鹿毛 128/97/66/85/3/2
┃┃┃┗■イメージセンサー(ゲイメセン) 牡 鹿毛 129/104/66/68/2/1
┃┃┣●牝(アーティアス) 鹿毛 103-109
┃┃┃┗■ジェイガン(ジェイドロバリー) 牡 青鹿毛 127/91/45(68)/72/0/4
┃┃┗●牝(グロウ) 栗毛 111-104
┃┃ ┣●アサヒナユウコ(アサヒエンペラー) 牝 鹿毛 126/95/56(68)/93/2/4
┃┃ ┗■サラマンダークロー(サクラロータリー) 牡 鹿毛 130/102/99/58/4/5
┃┣●牝(テューター) 鹿毛 106-82
┃┃┗●牝(ゲイメセン) 栗毛 85-107
┃┃ ┗■ゲイボルグ(ヤエノムテキ) 牡 栗毛 126/100/39(68)/97/2/6
┃┣●牝(イブンベイ) 青鹿毛 115-107
┃┃┗●牝(ノーザンテースト) 栃栗毛 114-105
┃┃┃┣■ミナルディ(クリミナルタイプ) 牡 栃栗毛 120/113/61/92/0/5
┃┃┃┣●ワカオカミ(ワカオライデン) 牝 栗毛 121/85/71/96/4/4
┃┃┃┣■リッチハーデン(ワカオライデン) 牡 栗毛 123/107/72/96/4/1
┃┃┃┣▲ヘイスト(ダイタクヘリオス) セン 青鹿毛 129/94/36(68)/79/1/2
┃┃┃┣■バナナシュート(サッカーボーイ) 牡 栃栗毛 124/107/36(68)/95/2/3
┃┃┃┣■タイムストッパー(ブライアンズタイム) 牡 鹿毛 130/118/79/94/0/3
┃┃┃┣■ブラッドプール(ブライアンズタイム) 牡 栃栗毛 126/122/83/82/0/1
┃┃┃┣●タイムギャル(ブライアンズタイム) 牝 青鹿毛 129/107/41/83/0/4
┃┃┃┣▲カウンターアタック(サッカーボーイ) セン 栃栗毛 127/106/73/79/3/3
┃┃┃┗■デスヘイム(ジョリーズヘイロー) 牡 青鹿毛 129/112/51(68)/82/2/7
┃┣●牝(マルゼンスキー) 黒鹿毛 119-104
┃┃┣●牝(ニホンピロウイナー) 黒鹿毛 123-91
┃┃┃┗■ビッグハート(ミルジョージ) 牡 青鹿毛 129/107/77/90/1/7
┃┃┣●牝(サンデーサイレンス) 栗毛 116-105
┃┃┃┗■イフリート(アフリート) 牡 栗毛 124/112/90/87/2/6
┃┃┗●牝(アフリート) 栗毛 112-97
┃┃ ┣■モンスターハウス(メジロモンスニー) 牡 栗毛 123/92/61/85/3/2
┃┃ ┗●モンブランケーキ(メジロモンスニー) 牝 栗毛 114/113/59(68)/59/3/5
┃┗●牝(ジェイドロバリー) 青鹿毛 112-90
┃ ┗●牝(サンデーサイレンス) 青毛 106-98
┃  ┣■ビルフォード(ミルフォード) 牡 青毛 121/102/88/91/4/5
┃  ┗●リプルズロッド(ロドリゴデトリアーノ) 牝 栗毛 126/100/71/89/4/2
┗●牝(Rainbow Quest) 牝 鹿毛 42-97
 ┣●牝(イブンベイ) 鹿毛 110-100
 ┃┣●牝(ムクター) 芦毛 108-107
 ┃┃┣■グラディウス(シリウスシンボリ) 牡 黒鹿毛 129/100/46(68)/97/2/4
 ┃┃┗■グランドオクトパス(グランドオペラ) 牡 芦毛 125/93/76/86/3/3
 ┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 113-122
 ┃┃┣■スプリングキャンプ(スキャン) 牡 芦毛 130/92/69/92/4/4
 ┃┃┗■ディスラプター(シャーディー) 牡 芦毛 130/93/90/98/3/2
 ┃┣●牝(ノーザンテースト) 鹿毛 120-114
 ┃┃┗■マモノ(タマモクロス) 牡 黒鹿毛 134/90/75/100/2/6
 ┃┗●牝(サクラユタカオー) 鹿毛 101-109 不出走
 ┃ ┗■ユリウス(シリウスシンボリ) 牡 黒鹿毛 130/112/28(67)/69/3/5
 ┣●牝(マルゼンスキー) 青鹿毛 114-100
 ┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 119-114
 ┃┃┣■リブロー(リヴリア) 牡 芦毛 122/119/98/100/1/6
 ┃┃┗■フリートコマンダー(アフリート) 牡 芦毛 128/103/67/95/3/4
 ┃┣●牝(アーティアス) 栗毛 109-106
 ┃┣●牝(シンボリルドルフ) 黒鹿毛 104-118
 ┃┃┣●パワードール(パドスール) 牝 黒鹿毛 121/97/79/88/5/4
 ┃┃┣■トリプルヒット(ミスターシービー) 牡 鹿毛 130/110/39(68)/78/1/4
 ┃┃┣●ニーナ(トニービン) 牝 鹿毛 125/113/75/4(5)/5/3
 ┃┃┣■ライフフォース(ライフタテヤマ) 牡 黒鹿毛 125/96/67/86/4/5
 ┃┃┗■フジッリ(フジノフウウン) 牡 黒鹿毛 122/85/31(68)/63/4/3
 ┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 97-116
 ┃┃┣●ブーケトス(バンブーアトラス) 牝 芦毛 132/100/74/95/3/2
 ┃┃┣■カコノエイコウ(カコイーシーズ) 牡 芦毛 128/92/50(68)/84/1/4
 ┃┃┣■パワーグローブ(パドスール) 牡 芦毛 119/107/99/87/4/5
 ┃┃┣■ヒエン(アサヒエンペラー) 牡 芦毛 119/108/84/85/3/3
 ┃┃┣■トットナム(デュデナムキング) 牡 芦毛 125/84/96/88/2/5
 ┃┃┣■エイルカリバー(クリエイター) 牡 芦毛 130/107/98/71/4/7
 ┃┃┣■ロストワールド(パドスール) 牡 芦毛 124/110/35(68)/99/5/6
 ┃┃┗■ブロックアウト(バンブーアトラス) 牡 黒鹿毛 134/101/76/57(67)/2/4
 ┃┣●牝(サクラユタカオー) 青鹿毛 104-102
 ┃┃┣■ウルフチャイルド(シンボリルドルフ) 牡 黒鹿毛 131/98/78/97/1/3
 ┃┃┣▲バイコクドケケナカ(タマモクロス) セン 芦毛 0/0/0/5/4/4 最弱馬
 ┃┃┣■アサルトシェル(アサカシルバー) 牡 芦毛 121/83/61/74/4/5
 ┃┃┣■ワールドシリーズ(シンボリルドルフ) 牡 鹿毛 132/98/32(68)/57/5/5
 ┃┃┗●シングウジサクラ(シンボリルドルフ) 牝 鹿毛 128/103/68/82/5/3
 ┃┗●牝(アーティアス) 鹿毛 112-90 不出走
 ┃ ┗■タロス(タマモクロス) 牡 鹿毛 133/115/68/74/3/4
 ┣●牝(テューター) 黒鹿毛 98-85
 ┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 115-106
 ┃┃┣■ハンマーデューク(デュラブ) 牡 芦毛 132/104/96/75/1/5
 ┃┃┣●シルク(シアトルダンサー) 牝 芦毛 125/101/68/87/1/3
 ┃┃┗■スタークルーザー(タイトスポット) 牡 芦毛 130/93/76/67/5/2
 ┃┣●牝(シンボリルドルフ) 黒鹿毛 114-105
 ┃┃┣■シグルド(ダンシングブレーヴ) 牡 黒鹿毛 129/113/96/95/2/3
 ┃┃┣■マスターナイト(マルゼンスキー) 牡 栗毛 128/104/93/98/4/5
 ┃┃┣■ミドウスジパレード(スズパレード) 牡 黒鹿毛 117/83/77/93/5/4
 ┃┃┗■ギガウイング(アスワン) 牡 黒鹿毛 125/118/99/85/4/6
 ┃┣●牝(アーティアス) 栗毛 100-113
 ┃┃┣■トロン(トロメオ) 牡 黒鹿毛 128/88/57(68)/91/2/6
 ┃┃┣■リリアーノ(ロドリゴデトリアーノ) 牡 栗毛 133/87/79/79/1/5
 ┃┃┗▲アジアカップ(アジュディケーティング) セン 鹿毛 132/95/91/79/1/4
 ┃┗●牝(シリウスシンボリ) 鹿毛 80-101 不出走
 ┃ ┣■カツラガワ(カツラノハイセイコ) 牡 鹿毛 123/73/99/88/1/6
 ┃ ┣■ショートサーキット(トウショウサミット) 牡 鹿毛 125/85/66/97/0/5
 ┃ ┗■ムーンクレスタ(ムクター) 牡 芦毛 130/76/91/89/0/4
 ┣●牝(タイトスポット) 鹿毛 93-106
 ┃┗●牝(グロウ) 鹿毛 122-99
 ┃ ┣●サニーレタス(サクラサニーオー) 牝 鹿毛 125/73/56(68)/100/4/5
 ┃ ┣●ティータ(メジロティターン) 牡 芦毛 131/98/66/91/3/6
 ┃ ┣■ボーナスステージ(ターナボス) 牡 鹿毛 122/87/99/73/3/7
 ┃ ┗●グルグルミックス(タマモクロス) 牝 芦毛 132/112/59(68)/54/4/7
 ┣●牝(ジェイドロバリー) 鹿毛 87-107
 ┃┗●牝(タイトスポット) 鹿毛 123-109
 ┃ ┣■タービン(トニービン) 牡 黒鹿毛 122/111/85/71/5/7
 ┃ ┣■マンドリル(シンボリルドルフ) 牡 鹿毛 126/96/40(68)/80/5/5
 ┃ ┣■メトロシティ(メジロティターン) 牡 芦毛 125/105/90/97/4/3
 ┃ ┣●ギンノタロット(タマモクロス) 牝 芦毛 128/118/66/76/4/7
 ┃ ┣■スクーター(タマモクロス) 牡 芦毛 130/108/53(68)/87/4/5
 ┃ ┣■クルードバスター(シンボリルドルフ) 牡 鹿毛 129/99/77/98/4/5
 ┃ ┣■タマギレ(タマモクロス) 牡 鹿毛 120/116/17(56)/76/5/5
 ┃ ┗■ドラゴンズリベンジ(スルーザドラゴン) 牡 鹿毛 118/103/81/98/3/6
 ┣●牝(トウショウペガサス) 鹿毛 66-114
 ┃┣●牝(タマモクロス) 芦毛 99-95
 ┃┃┣■オールドキャッスル(ワッスルタッチ) 牡 芦毛 129/100/86/98/2/2
 ┃┃┣■カオスブレイカー(ダンシングブレーヴ) 牡 芦毛 132/102/99/92/4/3
 ┃┃┗■ガイアレス(パレスミュージック) 牡 芦毛 129/117/40(68)/87/4/6
 ┃┣●牝(タマモクロス) 栗毛 86-100
 ┃┃┗■アトミックランナー(アスワン) 牡 栗毛 132/123/96/95/0/6
 ┃┗●牝(タマモクロス) 芦毛 88-110 不出走
 ┃ ┗■スペースニードル(シアトルダンサー) 牡 芦毛 129/101/99/95/1/6
 ┗●牝(イブンベイ) 鹿毛 57-117 不出走
  ┗●牝(タマモクロス) 芦毛 67-111 不出走
   ┗■デイトナ(デインヒル) 芦毛 136/81/74/92/1/4
posted by ◆RifFE0aAlw at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

ダビスタ98系統図 非アイルドゥイット系

2012-07-15更新

この記事は古い内容です。最新版はこちら

とりあえず。初代産駒しかいないのは面倒なので省略。
ダビスタ98生産者の中ではアイルドゥイットから繋いでいない産駒の比率が割と高い方だと思われるが、やはりアイルドゥイットから繋いだ産駒と比べると少ないっぽい。

ダービースタリオン・生産馬のページに戻る

■ 牡馬
▲ セン馬
● 牝馬

イズミマイヒメ系
●イズミマイヒメ 牝 鹿毛 48-52
┣●ヒメハジメ(マルゼンスキー) 牝 鹿毛 120/84/78/54(68)/3/2
┣■クロイゴムボート(ガダボート) 牡 黒鹿毛 111/74/70/76/4/5
┣●ウィッチ(ニホンピロウイナー) 牝 鹿毛 127/69/51(68)/89/1/2
┣●牝(ニホンピロウイナー) 黒鹿毛 101-86
┃┣●レイリア(ダンスオブライフ) 牝 鹿毛 127/88/56/100/0/6
┃┣■グーグルダンス(ダンスホール) 牡 栗毛 120/108/77/90/4/3
┃┣■ダイヤモンドスピア(ダイヤモンドショール) 牡 鹿毛 111/109/74/99/4/6
┃┗●ゴールドオーブ(ダンスオブライフ) 牝 栗毛 129/98/55(68)/46/3/3
┣●牝(グロウ) 黒鹿毛 75-108
┃┣●ニニアン(ニチドウアラシ) 牝 黒鹿毛 127/100/63/71/4/5
┃┗■ニューロード(ニホンピロウイナー) 牡 黒鹿毛 135/112/70/91/1/5
┣●牝(ノーザンテースト) 鹿毛 118-86
┃┣■アルカード(リアルシャダイ) 牡 鹿毛 130/94/98/100/3/7
┃┗■トランスポーター(ニシノエトランゼ) 牡 鹿毛 120/84/66/89/3/5
┣●牝(ガダボート) 栗毛 109-72
┣●牝(バンブーアトラス) 青鹿毛 113-99 不出走
┃┣■ダンスライスダンス(ダンスオブライフ) 牡 白毛 121/105/84/84/3/3
┃┣●ダイアキュート(ダイナサンキュー) 牝 栗毛 128/83/64/67/4/7
┃┗●キュービィロップ(ギャロップダイナ) 牝 黒鹿毛 131/84/79/80/3/6
┣●牝(スキャン) 青鹿毛 86-90 不出走
┗●牝(ニホンピロウイナー) 鹿毛 116-93 不出走
 ┗■セレクトボタン(セクレト) 牡 鹿毛 128/99/88/91/4/5


マノンレスコ系
●マノンレスコ 牝 黒鹿毛 64-48
┣●牝(ジェイドロバリー) 鹿毛 71-113
┃┗●牝(アーティアス) 黒鹿毛 112-101
┣●牝(マルゼンスキー) 鹿毛 112-91
┃┗●牝(アーティアス) 鹿毛 101-106
┣●牝(ダンスオブライフ) 黒鹿毛 91-109
┃┣●ガーダーベルト(ガダボート) 牝 栗毛 119/104/55(68)/40/4/4 119-101
┃┣●牝(ニホンピロウイナー) 黒鹿毛 120-100
┃┃┣■データイースト(アズマイースト) 牡 鹿毛 122/100/73/77/1/4
┃┃┣■イーストガード(アズマイースト) 牡 黒鹿毛 127/86/94/96/3/5
┃┃┗■ジョージシスラー(ミルジョージ) 牡 鹿毛 132/100/57(68)/100/1/5
┃┣●牝(アーティアス) 鹿毛 114-104
┃┃┣▲アサエロ(アサティス) セン 鹿毛 128/101/67/79/4/4
┃┃┣■ダンシングダガー(ガダボート) 牡 黒鹿毛 123/109/74/96/1/2
┃┃┣■テラクレスタ(テューター) 牡 鹿毛 130/87/52(68)/57/0/6
┃┃┗■クイックブーメラン(バンブーメモリー) 牡 栗毛 124/90/50(68)/83/4/5
┃┣●牝(メイワパッサー) 栗毛 107-110 不出走
┃┃┣■テストドライブ(テューター) 牡 鹿毛 118/91/54(68)/72/4/5
┃┃┣■スムースクリミナル(クリミナルタイプ) 牡 栃栗毛 120/103/61/68/4/7
┃┃┣●アウトレット(ゴールドレット) 牝 栗毛 121/85/41(68)/62/3/5
┃┃┗■デススマイルズ(マジックマイルズ) 牡 黒鹿毛 124/92/61/75/4/7
┣●牝(リアルシャダイ) 黒鹿毛 107-107
┃┣●牝(アーティアス) 鹿毛 117-103
┃┃┣■シャドーダンサー(ダンシングブレーヴ) 牡 鹿毛 134/117/32(68)/98/0/5
┃┃┣■ブレインダムド(ダンシングブレーヴ) 牡 青鹿毛 130/107/72/98/1/6
┃┃┣■ロイアス(ロイヤルアカデミー) 牡 黒鹿毛 129/102/71/99/2/4
┃┃┣■ネイビーブルー(ポリッシュネイビー) 牡 青鹿毛 129/118/87/58/3/5
┃┃┗■パルティア(ダンシングブレーヴ) 牡 鹿毛 132/117/75/95/2/3
┃┣●牝(ムクター) 芦毛 121-98
┃┃┣■アクスボンバー(アスワン) 牡 芦毛 132/106/69/62/2/4
┃┃┗●エスリン(アスワン) 牝 鹿毛 130/109/47(68)/91/1/4
┃┗■グロウル(グロウ) 牡 黒鹿毛 128/108/51(68)/77/3/3
┣●牝(ニホンピロウイナー) 青鹿毛 99-90
┃┣■ガミラス(モガミ) 牡 青毛 130/82/50(68)/86/2/3
┃┗■ライフスティール(ダンスオブライフ) 牡 鹿毛 132/118/34(68)/85/1/4
┣●牝(グロウ) 黒鹿毛 110-77
┃┣■コブラコマンド(コトノアサブキ) 牡 鹿毛 120/112/31(68)/58/4/6
┃┣■ニードルクラッカー(プレクラスニー) 牡 芦毛 127/86/89/87/1/3
┃┗■アーマークラス(プレクラスニー) 牡 芦毛 120/83/46(68)/67/4/2
┣●牝(ニホンピロウイナー) 黒鹿毛 70-105 不出走
┃┗●デイジー(デインヒル) 牝 鹿毛 135/81/79/58/3/3
┣●牝(テューター) 鹿毛 70-101 不出走
┃┗●牝(アーティアス) 鹿毛 117-103 不出走
┣●牝(マルゼンスキー) 青鹿毛 100-97 不出走
┃┗●牝(ニチドウアラシ) 栃栗毛 80-114 不出走
┃ ┣■イクスティンク(マークオブディスティンクション) 牡 青毛 131/100/39(68)/75/3/7
┃ ┗■ハミルトン(ミルフォード) 牡 栃栗毛 129/95/91/94/4/5
┣●牝(グロウ) 鹿毛 69-110 不出走
┗●牝(ガダボート) 鹿毛 110-71 不出走


ワークエリア系
●ワークエリア 牝 青毛 67-80
┣●牝(サンデーサイレンス) 青毛 103-92
┃┗■ブルーサンダー(ミルフォード) 牡 青毛 122/109/79/69/3/4
┣■スターキック(サッカーボーイ) 牡 青毛 120/66/74/92/2/4
┗●アクエリアス(クリミナルタイプ) 牝 青毛 119/88/50(68)/71/0/6
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

ダビスタ3・96のような多重クロス配合の実験

ダビスタ98で、ダビスタ3・96のような多重クロス配合でどのような効果がでているのか軽く実験。スタミナ・スピード・気性難の多重クロス配合をやってみた。

アンドレアモン×アサカシルバー×プリンキピア
まずスタミナ配合から。面白、父安定CでSTアップ5本、ダビスタ96だとハズレ産駒でも一定のスタミナレベルを保証され、スタミナに限ってはかなりの爆発力がある配合。
しかしダビスタ98でこれをやっても、悲しくなるぐらい爆発しない。SP85ST46のアサカ牝馬で実験したところ、STコメ無し馬頻発で爆発力があまり無く、やはりインブリードの効き方は96以前とは全く違う模様。SP104ST31みたいな、96仕様だとありえないような産駒まで出る始末。

フジノフウウン×アイシーグルーム×ナノフラッパー
今度はスピード配合。フジノフウウンは96以前には登場しない種牡馬だが、血統構成はマチカネイワシミズとよく似ている(距離適性がやや長めになり、ネアルコが2本あるマチカネみたいな感じ)。
父安定CでSP◎7本(ナスルーラ6、プリンスリーギフト1)、ダビスタ3仕様だと一定のスピードレベルを保証される配合要素で、96仕様でもそれなりに乗りは良さそうな配合。
しかしこれも98だと悲しいぐらい爆発しない。SP60ST59のアイシー牝馬で実験したが、全然駄目。基準値だとややスタミナ寄りなためか(SP54ST65)、アップ要素無しのスタミナの方が高い産駒ばかりが出る結果に。

ダイシンフブキ×アイシーグルーム×ナノフラッパー
ダイシンフブキも96以前には登場しない種牡馬だが、サクラシンゲキと同じく父がドンで血統構成はよく似ている(安定をCにしてネアルコとプリンスリーギフトを増やした感じ)。
これも上と同じく父安定CでSP◎7本のスピード配合(ナスルーラ6、プリンスリーギフト1)。やはり爆発しない。距離適性が短い分スピード寄りになったが(基準値はSP65ST54)、それだけ。

クリスタルグリッターズ×アイシーグルーム×ナノフラッパー
最後に気性難配合。上2つの配合と同じ母。気性難8本(ナスルーラ6、レッドゴッド1、ブラッシンググルーム1)。クロス本数8本以上の危険配合ではあるが、同じ血が50%以上になる超危険配合ではない。
SP・STクロスの爆発力が全く無かったので気性難だとどうかと思ったが、全ての産駒が気性20以下の結果に。SP・STとは違い3・96と同じ手応えだった。

SP・STに関しては96以前とは全く違う手応えだったが、それ以外はあまり変わってなさそうだ(今回は実験していないがダート適性アップ等はそんな感じ)。
しかしダイシンフブキとフジノフウウンは、多重インブリード全盛期のダビスタ3に出ていれば面白かっただろうなあ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

人気が上回っていても騎手乗り替わり

今更だが一応書いとこう。

(1)自分で複数頭出走させ、人気が低い馬を先に登録する
これは当然。
(2)対象よりも出走レースの格が低い
この場合も騎手を取られる。特にG1の時に発生しやすい。たとえ人気がMAXでも、別の競馬場のレースに登録すると乗り替わってしまう場合がある(秋華賞のヒシアマゾン、菊花賞のナリタブライアンなど。同じレースに出せば自分の馬に乗る)。
これはライバル馬にもあり、もみじSのビワハヤヒデ(人気が高い)が毎日王冠のバブルガムフェロー(人気が低い)に小田部を取られて乗り替わる。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

底力ダウン効果

底力ダウンのサイアーエフェクトや、インブリード本数が底力ダウン>底力アップになった時(底力ダウン≧底力アップではない)の根性の制限をまとめてみた。
なお底力ダウンと底力アップが同じ本数、底力アップの方が多い場合は制限はかからない。
繰り返し書くが底力ダウン≧底力アップではなく、底力ダウン>底力アップである。大事なことなので二回言いました。

父・母父ともに底力Aの場合はたぶん85が限界。ルドルフ×テーストやルドルフ×タイトの父似は80台も出ている。
父のみ底力Aの場合はたぶん限界が80。ルドルフ×ユタカオーやルドルフ×アイマイミーマインの父似など。トウカイテイオー再現配合でも80が限界とよく言われていた(96・98ともに)。96ならオグリでネヴァービートの多重クロスなんかだとそんな感じか。
『ダビスタマガジンvol.10』のパレスミュージック配合対決を見た限りでは、PS版でもおそらく同様。横井氏のパレスミュージック産駒(ハイトロピカル、母父Rainbow Quest)は父似の根性84で「根性はあのレベルを超えない」「コメントされるぎりぎりに丸め込まれている」「究極に高いレベルの馬だけ引きずり落とされている」との記述があった。ホーク爺氏のパレスミュージック配合(母父バイアモン)では、「父似産駒の根性は牝馬並」との記述があった。

それ以下も5刻みで下がっているようで、底力Bはたぶん75。
底力Cはたぶん70。スーパークリーク×ガダボートの父似は面白でもかなり根性が死んでいた。きっちりチェックしていないのでどこまで出たのかははっきりしないが、コメントされるレベルの根性があったのはほぼ非父似だったような。
96ならグレートローマンでネヴァービートの多重クロスだと、70しか出ないと言う事か。
底力C重ねだと根性コメントすら出ない65が限界だと思われる。上記スーパークリークなんかだと、非面白で母父底力Cのニチドウだと間違いなくもっと悲惨(STニトロはガダボートより高いが)。

超危険配合の根性制限も、98に関しては自分で軽く実験してみた感じや、98関連の掲示板のログを見た限りでは、同じなのがほぼ確実(アーティアス×アーティアス×テューター×レイン×アイルだと面白だが75までしか確認できず)。こんな時に白毛が出てきたが、普通に弱い上に面白効果で中途半端に根性があるので使い物にならない。

いずれのケースでも、上には蓋がされるものの、面白配合で下の方が保証される事は変わらない。超危険かつ面白のアーティアスは50未満、面白のスーパークリーク×ガダボートなんかだと40未満は出ない。
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ダビスタ98のBCでの人気

後で書き直すかも
ダビスタ98のBCでは、42戦41勝と40戦40勝の馬だと、人気と騎手のランクが同じ場合は内枠に入った方が印を取るようで(騎手が同じ場合は内枠の馬に乗る)、どちらも同じ人気評価のようだ。
41戦40勝と39戦39勝、38戦37勝と36戦36勝でも同様の結果。この辺はなんとなくダビスタ2のBCにおける戦績ボーナスに似ている。
試しにそれぞれをDS2方式で計算してみると
(41÷42)×41=40.023…、(40÷40)×40=40
(40÷41)×40=39.024…、(39÷39)×39=39
(37÷38)×37=36.026…、(36÷36)×36=36
になり、同じような仕組みになっていそうな感じ。小数点以下は切り捨てられているのも同様。
さらに3敗していて人気100の馬(カウンターアタック、31戦28勝)がいたので無敗馬、1敗馬と比較。これは27戦26勝、25戦25勝と同じ評価になった。
それぞれを計算してみると
(28÷31)×28=25.290…
(26÷27)×26=25.037…
(25÷25)×25=25
になり、同じような仕組みになっているのはほぼ間違いないと思われる。
ここまでは全て人気100の馬で調査。

次はやや人気が落ちる馬も入れた調査。
35戦35勝人気92の馬は、8戦少ない27戦27勝人気100の馬と同じ評価になった。
戦績ボーナスの1は、人気の1と同等のようだ。
そして21戦21勝人気99の馬は、20戦20勝人気100、22戦21勝人気100と同じ評価になった。
99+((21÷21)×21)=120
100+((20÷20)×20)=120
100+((21÷22)×21)=120.045…

32戦22勝で人気97のアグリキャップは、12戦12勝で人気100の馬と同等の評価になる。
97+((22 ÷ 32)×22)=112.125…
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ダビスタ98の戦績積み

2012-07-27更新

まだ詰めが甘い部分もあるかも。特に牝馬。
ベスト馬体重との差は週送り直後の値(レース出走や輸送の前)。
数字は3歳7月1週までにST根性を上げ切っている場合。それまでに上げ残しがある場合は、その分余裕を持たせないと積めない。
ある程度能力の高い馬は入厩前にVTRを駆使する必要があるが(牧場で必ず+2kg増えるVTRを使って週送りする)、それでもかなりスタミナが高い馬だと限界まで積むのは無理なので、できる範囲内で頑張るしかない。その場合は出走数が減っても、輸送回数を減らして調教量を確保した方が良いと思われる。
馬体重に余裕が無い場合、一切妥協不可。順調固定かつ、週送り時+6kg、レース出走後-4kg、輸送時-4kg厳守。
最初の3歳7月1週の所だけ、輸送後の値になっていたのを修正。

牡馬41勝ローテ(関東入厩)
3歳(12勝)
7/1 +4kg 輸送(滞在)・新馬(矯正イベント発生させる場合、+14kg)
7/2 -4kg(矯正イベント等で新馬出走の場合、+6kg)
7/3 +2kg
7/4 +8kg 函館3歳S 2勝
8/1 +4kg
8/2 +10kg
8/3 +16kg
8/4 +22kg クローバー賞
9/1 +18kg
9/2 +24kg 輸送(帰厩)・ききょうS
9/3 +16kg 芙蓉S
9/4 +12kg 輸送・野路菊S
10/1 +4kg 輸送・もみじS
10/2 -4kg アイビーS
10/3 -8kg
10/4 -2kg いちょうS
11/1 -6kg
11/2 +0kg 京王杯3歳S 10勝
11/3 -4kg 東京スポーツ杯3歳S
11/4 -8kg
12/1 -2kg
12/2 +4kg 朝日杯3歳S 12勝
12/3 0kg
12/4 +6kg

もみじSは世代が同じならビワハヤヒデが出走する(人気上げの際には使いやすい)
晩成・超晩成型の馬はつらい時期。
11/4の福島3歳Sを野路菊Sに変更。早い時期に使って、SPを上げつつ馬体を絞った方が勝ちやすいため。

4歳(29勝)
1/1 +12kg
1/2 +18kg 京成杯
1/3 +14kg
1/4 +20kg ジュニアC
2/1 +16kg
2/2 +22kg ヒヤシンスS
2/3 +18kg 共同通信杯4歳S
2/4 +14kg
3/1 +20kg
3/2 +26kg 弥生賞
3/3 +22kg
3/4 +28kg スプリングS
4/1 +24kg 若葉S
4/2 +20kg クリスタルC 20勝
4/3 +16kg
4/4 +22kg 皐月賞
5/1 +18kg NZT4歳S
5/2 +14kg
5/3 +20kg 青葉賞
5/4 +16kg プリンシパルS
6/1 +12kg 武蔵野S
6/2 +8kg
6/3 +14kg エプソムC
6/4 +10kg 目黒記念 27勝
7/1 +6kg
7/2 +12kg
7/3 +18kg
7/4 +24kg
8/1 +30kg 輸送・北九州記念
8/2 +22kg 北九州短距離S
8/3 +18kg 小倉記念 30勝
8/4 +14kg
9/1 +20kg 京成杯オータムハンデ
9/2 +16kg オールカマー
9/3 +12kg セントライト記念
9/4 +8kg ユニコーンS
10/1 +4kg 毎日王冠
10/2 0kg
10/3 +6kg 神無月S
10/4 +2kg アイルランドT
11/1 -2kg アルゼンチン共和国杯
11/2 -6kg 根岸S
11/3 -10kg
11/4 -4kg 富士S 40勝
12/1 -8kg ステイヤーズS 41勝
12/2 -12kg
12/3 -6kg
12/4 0kg
合計41勝

レース難易度が高いのは共同通信杯で、重い状態で斤量も背負わされるため、ライバル馬の世代によってはつらくなる(ナリタブライアン・ビワハヤヒデが同時に出ると悲惨)。
厳しい世代になる場合は、繁殖牝馬が高齢でなければ種付け年をずらした方がいいかもしれない。なおナリタブライアンは4年、ビワハヤヒデは3年周期で登場するようだ。ビワハヤヒデの方が人気上げには使いやすい印象。
ベスト馬体重が軽い馬だと、北九州記念(輸送前+30kg)やスプリングS(出走前+28kg)の所で足りなくなる。
ベスト馬体重がやや軽い436kgの場合だと、+24kgの時までは6kg増やせたが(+30kgまで増やせる)、+26kgの時は6kg増やせなかった。
ベスト馬体重424kgでも同じで、この程度あれば戦績積みに影響しないようだ。
ベスト馬体重が402kgだと、+6kg増やせるラインが+20kgまでになるので影響が出てくる。

牝馬42勝ローテ(関東入厩)
まだ詰めが甘い気がする。こちらもベスト馬体重424kg以上対応。

3歳(12勝)
7/1 +10kg 輸送(滞在)・新馬(矯正イベント発生させる場合、+20kg)
7/2 +2kg(矯正イベント等で新馬出走の場合、+12kg)
7/3 +8kg
7/4 +14kg 函館3歳S 2勝
8/1 +10kg
8/2 +16kg
8/3 +22kg
8/4 +28kg クローバー賞
9/1 +24kg
9/2 +30kg 輸送(帰厩)・ききょうS
9/3 +22kg 芙蓉S
9/4 +18kg 輸送・野路菊S
10/1 +10kg 輸送・もみじS
10/2 +2kg アイビーS
10/3 -2kg
10/4 +4kg いちょうS
11/1 +0kg
11/2 +6kg 京王杯3歳S 10勝
11/3 +2kg 東京スポーツ杯3歳S
11/4 -2kg
12/1 +4kg
12/2 +10kg
12/3 +16kg
12/4 +22kg フェアリーS 12勝

出走レースは朝日杯がフェアリーSに変わっただけ。
こちらも牡馬と同様の理由で11/4の福島3歳Sを野路菊Sに変更。
元々牡馬より重めなので若干勝ちやすくなるはず。

4歳(30勝)
1/1 +18kg
1/2 +24kg 京成杯
1/3 +20kg フローラS
1/4 +16kg ジュニアC
2/1 +12kg クロッカスS
2/2 +8kg ヒヤシンスS
2/3 +4kg 共同通信杯4歳S
2/4 0kg クイーンC
3/1 -4kg
3/2 +2kg 弥生賞 20勝
3/3 -2kg
3/4 +4kg フラワーC
4/1 0kg 若葉S
4/2 -4kg クリスタルC
4/3 -8kg
4/4 -2kg 皐月賞
5/1 -6kg NZT4歳S
5/2 -10kg オークストライアル
5/3 -14kg スイートピーS
5/4 -18kg プリンシパルS
6/1 -22kg 武蔵野S
6/2 -26kg オークス 30勝
6/3 -30kg エプソムC
6/4 -34kg 目黒記念 32勝
7/1 -38kg
7/2 -32kg
7/3 -26kg
7/4 -20kg
8/1 -14kg
8/2 -8kg
8/3 -2kg
8/4 +4kg
9/1 +10kg 京成杯オータムハンデ
9/2 +6kg オールカマー
9/3 +2kg セントライト記念
9/4 -2kg ユニコーンS
10/1 -6kg 毎日王冠
10/2 -10kg
10/3 -4kg 神無月S
10/4 -8kg アイルランドT
11/1 -12kg アルゼンチン共和国杯 40勝
11/2 -16kg 根岸S
11/3 -20kg
11/4 -14kg 富士S 42勝
12/1 -18kg
12/2 -12kg
12/3 -6kg
12/4 0kg

4歳時は牝馬限定レースが増える関係上、輸送が一度もなく牡馬より楽にローテを組める。
途中でかなり細くなるので、スタミナや気性が低い馬だとやや勝ちにくくなるが、それでも牡馬の共同通信杯よりはよっぽどマシ。
posted by ◆RifFE0aAlw at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1999年12月28日

ダービースタリオン98の騎手の人気(ランク)

2008-08-29作成

ダビスタ98では、過去作よりも騎手のランク分けがわかりにくくなっていて、同じ行でもランクが違うケースがある。
なんとなく把握はしていたが、まとめてなかったのでとりあえず書いてみた。

人気・戦績・馬齢が同じで騎手が違う馬の枠順を変える簡易的な方法で、騎手の人気調査をしてみた。
騎手が同じランクの場合は、内枠に入った方が左1印を取る。違うランクの場合は、枠順に関係なく左1印は変わらない。
なおDランクより下は人気に差が無く、見習い騎手でも内枠に入れば、Dランクの騎手から左1印を取る。

Sランク
関東は小田部。
関西は滝登。
外国人騎手はロバーツ、ペリエ。

Aランク
関東は的庭。的庭と同じ行の横乗はBランク。
関西は南見、河打。
外国人騎手はムンロ。

Bランク
関東は横乗から田名勝まで。
関西は不二田から田茨まで。田茨と同じ行の津野田はCランク。
外国人騎手はリサ。

Cランク
関東は海老正から大咲まで。
関西は津野田から福長まで。福長と同じ行の熊田はDランク。

Dランク以下
関東は犬塚から下。
関西は熊田から下。

Dランク以下も騎手の腕の差はあると思われるが、人気に差がない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ98の最弱馬生産

2007-03-17作成

スピード・スタミナに関しては、三代同系配合をすると能力制限がかかるため、代重ねしていけば自然に弱くなる。
さらにスピードはピザ状態で登録すれば、かなり落とす事が出来、スタミナは放牧を数回やれば底まで落とす事が出来る。

超危険配合をすれば、気性が崩壊し(最高でも20)、健康も最悪(0)になる。
特に配合にこだわりが無いならば、三代同系配合かつ超危険配合をやるのがお手軽。その際底力アップのクロスは入れない方が楽。
三代同系だと能力制限がかかるので、父の実績やニトロはあまり考えなくてもいい気がする。

1歳時コメントに関しては、ダビスタ98の場合最強だけでなく最弱でも、「たいへん元気」がベスト。根性と気性の差が少ないので、どちらも駄目な馬は「たいへん元気」になる。

「おとなしい」は超危険配合からは出ない(気性が最高でも20のため)。
超危険配合以外で最弱馬を作るのなら、チェックしてみてもいい(気性難コメントが出る限界39以下の場合、根性限界が1〜14)。
気性は限界が30以上あっても、晩成寄りの成長型なら初期値が低く、さらに3ヶ月以上後の出走で半減させる事ができるので、「おとなしい」でもいける。

「ヤンチャ」は根性が高すぎるので(最低でも限界26、初期値13以上)、チェックせずに捨てても良い。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初代配合(インブリード時)の母似・非父似

2006-08-27作成

初代配合のインブリード配合で、母父が種牡馬として登場しない場合は、母似でも父の気性が受け継がれる。
多くの書籍(攻略本やダビマガなど)やサイトで「母父の気性がB扱い」とされているが、これは誤り。
数少ない例外はPS版の攻略本『ダビスタ名人横井顕の最新最強理論』で、この本には正しい情報が書かれている(163項)。

この事は栗毛の市場牝馬に、(気性難以外の)インブリードが発生する気性AかCの栗毛種牡馬を付けてみるとわかりやすい。
サクラユタカオー×マルチメディアだと、母似(非父似)からでも気性がかなり良い馬が出るし(牡馬の気性難は皆無)、ロイヤルスキー×マルチメディアだと、非父似でも父似と同じぐらい牡馬に気性難が出る(牝馬も含めて気性61以上の馬が皆無)。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グロウ牝馬

2006-02-12作成

グロウ×イズミマイヒメで75.109(-1)のSPしょぼいがST豊富な馬をゲット。
とりあえずニチドウアラシだったらTSL。ニホンピロウイナーだとTSLに届いていないが、今使っている105.95(-1)のグロウ×ジェイド×ルドルフ×アイル牝馬とどうやら基準値が同じらしい。こんな配合からでも頑張ればSP135を見られる可能性はあるかも。
まだそんなに数をこなしていないので、もっと上は出そう。実績C×安い牝馬で効果が無いインブリードが発生しているので手応えが良くないが。
ニチドウアラシ×グロウ×イズミマイヒメ・SPニトロ26、STニトロ14
ニホンピロウイナー×グロウ×イズミマイヒメ・SPニトロ26、STニトロ13
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービースタリオン98・SS 攻略本に載っていない再現配合

2005-12-17作成

攻略本発売より後に活躍した馬の再現配合をとりあえず。

二冠馬ネオユニヴァースは旧PS・98で再現可能。サンデーサイレンス×ダイレクトメール
公営佐賀で活躍中のオペラキッスも旧PS・98で再現可能。グランドオペラ×ミリオンキッス
他にはクーリンガー→フォーティナイナー×クールオペレーター
フサイチソニック→デインヒル×ウォッカライム
ダビスタ2や3でも再現可能だが、マイネルブライアン→ブライアンズタイム×マイナーレーベル

ついでにセガサターン版でも再現配合をいろいろと。

ファインモーション→デインヒル×ココアビーンズ
ユートピア→フォーティナイナー×ドリームキャスト
ダイヤモンドビコー→サンデーサイレンス×プロセルピナ
ケイアイガード→Dehere×ベンチマークテスト
外国馬だとforestry (キングズビショップS・米G1)→Storm Cat×リエントラントループ
Cash Run (BCジュベナイルフィリーズ・米G1)→Seeking the Gold×リエントラントループ

96で再現可能な物は省略。

追記
アグネスフライト、アグネスタキオン→サンデーサイレンス×ラスティングノート
エアシャカール→サンデーサイレンス×ラブジェネレーション
ハウスバスター→Mt.Livermore×オーバーアンビシャス
タマモヒビキ→コマンダーインチーフ×タマノホリデー

結構有名どころを忘れていた。
攻略本(SS版や99。それ以降は知らん)には載っていなかった。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母似はシービークロス?それともシャトーゲイ?

2005-10-08作成

母父タマモクロスの配合のサイアーエフェクトが本当にシービークロスなのか、実験をしてみた。

ハクタイセイ×タマモクロス×マルゼンスキー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット

アウトブリード・非面白配合。
父似はチャイナロック(ダ適・回復)。
母似はシービークロス(底力)?それともシャトーゲイ(SP・ST)?
芦毛の牡馬のみを調査対象とした。

芦毛牡馬の生産数が100頭になった時点では
全体:100頭、根性あり25頭(25.0%)
父似:52頭、根性あり11頭(21.2%)
非父似:48頭、根性あり14頭(29.2%)

この結果を見た限りではシャトーゲイではなくシービークロスが拾われている感じ。
もう少し生産をしてみると…。

全体:100頭、根性あり24頭(24.0%)
父似:49頭、根性あり9頭(18.4%)
非父似:51頭、根性あり15頭(29.4%)

両方を合計すると
全体:200頭、根性あり49頭(24.5%)
父似:101頭、根性あり20頭(19.8%)
非父似:99頭、根性あり29頭(29.3%)

やはり明らかに非父似の根性が優れている。シービークロスで確定だろう。

母似の5番目以降はまだ何とも言えないが、4番目まではほぼこれで確定か。
1 母父
2 母父父
3 母父母父
4 母父父父

つまり有力母父の母似効果はこうなるのか。

ノーザンテースト:底力
グロウ:底力
アーティアス:SP・回復
タマモクロス:底力
シェルシュールドール:底力
セクレト:底力
ゲイメセン:ST
ハギノカムイオー:底力・気性
ミルジョージ:ST・底力
ニチドウアラシ・SP
ガダボート・SP
サクラユタカオー:底力・気性
ニホンピロウイナー:SP
シンボリルドルフ:SP・底力
ウインザーノット:SP・底力
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ98のサイアーエフェクト(昨日の続きと初代配合)

2005-10-07作成

母父グルームダンサーはいきなり牡馬1頭目から気性難。
間違いなくリファールは拾われていない。たぶんブラッシンググルームが拾われている。
母父アイネスフウジンは気性難無し。
テスコボーイは拾われていないようだ。恐らくシーホークが拾われている。

今回は初代配合(市場繁殖牝馬を使った時)の母似も調べてみた。

まず優先度が最も高い母父に気性難効果がある場合は、それが拾われる。
パリティビット(セクレタリアト)等。

2番目に優先度が高いのは母父父か。母母部分のSEが無視されるのは市場繁殖牝馬でも同じようだ。
アスワン×ナホコの非父似牡馬から気性難を確認。
母母父パーソロンではなく、母父父シカンブルが拾われている。他作品ならパーソロンが拾われるはず。
さらにフォーティナイナー×サマーエンプレスの非父似牡馬からも気性難を確認した。
こちらもノーザンテーストではなくサンクタスが拾われているようだ。

3番目に優先度が高い母父母父にレッドゴッドがある、ノーザンテースト×ノーマジーンでも非父似牡馬の気性難を確認。母父父父はプリンスリーギフトだが、優先度が低いため拾われない。
ここでも母母部分のSEは無視で、母母母父にあるプリメロは拾われていないようだ。

4番目に優先度が高い母父父父にナスルーラがある、ナスルエルアラブ×リードオルガンの非父似牡馬からも気性難を確認。
さらにオグリキャップ×エンジェルウインクの非父似牡馬からも気性難を確認。
ここでも母母部分のSEは無視され、ヌレイエフではなくカラムーンが拾われているようだ。

以上の結果を見ると、市場繁殖牝馬でも代重ね牝馬でも、SEの優先順位は同じである可能性が高いだろう。

母父タマモクロスの母似シャトーゲイ説が多少揺らいできたかも…
時間がある時にでも父ハクタイセイ(父似チャイナロック)、母父タマモクロスで父似・非父似の根性の出やすさでもチェックしてみるか。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ98のサイアーエフェクト(母似・非父似)

2005-10-06作成
2010-02-13更新

49氏(仮名)の説はかなり興味深いものだった。
それが正しいかどうかは、地道に細かい実験(主に気性難のSEが絡んでくる配合)を繰り返してデータを取って行くしかないか。

まずは母似・非父似から考えてみる事にする。
優先順位が低い部分(最強馬生産にあまり関係が無い&スルーパス牝馬が必要)は後回しにする事にして、4番目までがどうなのか重点的に調査。
しかし1番優先順位の高いはずの、母父のサイアーエフェクトを調べるのは難しい。
自身が効果のある種牡馬(サンデーサイレンスなど)は、サイアーエフェクトが2番目になったとしても、効果があまり変わらないので非常にわかりづらい。
レインボウクエストだと、2番目になった場合気性難があるのでわかりやすいが、RQ牝馬をゲットするのは簡単ではなく、手元に無いので確認しようが無い。(追記)RQ牝馬は普通にRQ自身の底力アップが拾われて、ブラッシンググルームの気性難は拾われない。
初代配合だと母父の気性難が拾われているので(パリティビットのセクレタリアト等)、代重ねした場合でも同じように母父が最優先で拾われていると思いたい所だが…。

いろいろと実験をした結果、優先順位2番目が母父父なのはぼぼ決定的だと思われる。

シリウスシンボリ×ハギノカムイオー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット
ニッポーテイオー×ハギノカムイオー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット
ニッポーテイオー×サクラユタカオー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット
シリウスシンボリ×サクラユタカオー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット
アンドレアモン×サクラユタカオー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×アイルドゥイット

いずれの配合でも牡馬産駒に気性難が発生する事を確認(父似産駒の気性難は確認できず)
これらの配合は全て、母似で母父母父ではなく、母父父のテスコボーイが拾われているようだ。

バンブーアトラス×セクレト×ジェイドロバリー×シンボリルドルフ×アイルドゥイット
牡馬産駒の気性難は無し。母父母父セクレタリアトでは無く、母父父ノーザンダンサーが拾われているのは間違いない。
この配合から気性難が出ないのなら、もっと良い牝馬を作ってから本格的にチャレンジしてみたいと思う。
母母父マルゼンスキーのバンタマと比べるとSPニトロが1落ちるが、それ以外(母母父ジェイドなど)のバンタマよりはかなり優れているはず。

優先順位3番目が母父母父なのも決定的。
母父バンブーアトラス配合で、母父父父のグロースタークではなく、母父母父のテスコボーイが拾われるのは周知の事実。

優先順位4番目は母父父父か。
4番目にカラムーンがある、母父トニービンの配合から気性難が出る事を確認。

あとは市場繁殖牝馬を使った時にどうなのかも調べてみたい所。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする