2012年07月13日

ダビスタ2で三代同系の実験など

ダビスタ2で最弱生産と実験を兼ねて、まずはスティールハート×トップモデルの牝馬(114-51)を引っ張り出して三代同系配合をやってみた。
以前繁殖生産した時には、この牝馬にスティールハート重ねをした三代同系馬を採用している。

スピードに関しては母より低い馬もある程度出ているものの上も出ているので、スティールハート重ねでも問題なく伸ばす事が可能になっている。
ただ一方でスタミナは酷い有様。限界値は仕様上25が保証されるもののそれより上が皆無、現在値を見てみると壊滅的で一桁ばかり。
父の距離適性は短くても実績はAだし、母のスタミナも一応51あるのに。このスタミナを見ると、サーゲイロードのスタミナアップが全く効いていない感じで確実に抑えつけられている。
実績B安定Aで少し距離適性が長いニホンピロウイナーでも似たような感じ。スピードは母より伸びるものの、スタミナ限界値は仕様上34あっても現在値は良くて10台前半。やはりサーゲイロードのスタミナアップは全く効いてなさそうだ。

その次はラッキーソヴリン×スイフトスワローの牝馬(230-78)に、実績・安定・距離適性が同じ種牡馬を付けて、三代同系配合と非同系配合を比較(三代同系シルヴァーヴォイス、非同系セクレファスター、ともにノーザンダンサーのインブリード)。
やはり非同系より三代同系の方が若干乗りが悪い。ただ三代同系も全く使えそうにないレベルと言うわけでもない。スピードが高くなりすぎて逆に弱体化した馬は非同系セクレファスターの方のみ確認。
健康などに影響が出ていないのは、3以降の三代同系配合と同様。ついでに超危険配合は3と同様と考えられる(健康0&気性20以下)。2だとインブリードが4代までだから8本以上の軽度の危険配合ってのが無いが。

2の三代同系配合はどのような仕組みになっているのかわかりにくいが、何らかの制限は確実にあるようだ。そして低いレベルの時ほど悪影響が出やすい感じ。

仮育成はスティール重ねのSP117サブパラ壊滅(根性一桁気性1)でやってみた。問題なく勝てる。スタミナが一桁でも2000mで追い込んで来ていた。
よしとみ先生を乗せてイレ込み、下のランクだとイレ込まなかったので、ゲーム内では気性が逆フローしているようだ。BCでは逆フローしなかった(12頭同じ馬を登録して全てイレ込んでいた)。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

ダビスタ2系統図

2・3・96・98の中では最も産駒の数が少ない。おまけに生産がしばらく進みそうにない。
2と98は系統(基礎牝馬)が少ないが、3や96は多いのでまとめるのが面倒そうだ。

この記事は古い内容です。最新版はこちら

ダービースタリオン・生産馬のページに戻る

■ 牡馬
● 牝馬

トップモデル系
●トップモデル 牝 栗毛 93-68
┗●2牝(スティールハート) 鹿毛 114-51
 ┣●3牝(リードワンダー) 鹿毛 121-70
 ┃┗■デコジャンプ(マルゼンスキー) 牡 黒鹿毛 116/74/70/85/3
 ┣●3牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 128-54 不出走
 ┃┗●4牝(ニホンピロウイナー) 鹿毛 131-25 不出走
 ┗●3牝(スティールハート) 鹿毛 126-15 不出走
  ┗●4牝(セントシーザー) 黒鹿毛 140-31 不出走
   ┗●5牝(スティールハート) 栗毛 159-21 不出走
    ┗●6牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 171-57 不出走
     ┣■ピーエスイー(サクラシンゲキ) 牡 鹿毛 7/0/4/16/2 最弱馬
     ┣●7牝(ウインザーノット) 黒鹿毛 174-65
     ┃┗●ティンクルスター(ノーザンテースト) 牝 鹿毛 127/81/73/90/1 166-85
     ┃ ┣■ベオウルフ(シンボリルドルフ) 牡 栗毛 127/76/96/98/1
     ┃ ┣■ザンブラーノ(ブライアンズタイム) 牡 鹿毛 127/84/97/78/3
     ┃ ┣■ガーリックトースト(モーニングフローリック) 牡 栃栗毛 127/74/89/50/1
     ┃ ┣■オパオパ(オペックホース) 牡 青鹿毛 127/85/97/70/3
     ┃ ┣■ホリフィールド(ホリスキー) 牡 青鹿毛 127/100/97/96/3
     ┃ ┣■プラズマクラスター(スクラムダイナ) 牡 鹿毛 127/81/92/54/1
     ┃ ┗■ミストジャベリン(ミスターシービー) 牡 黒鹿毛 127/81/99/75/4
     ┗●7牝(サクラシンゲキ) 鹿毛 238-27 不出走
      ┣●8牝(スイフトスワロー) 鹿毛 232-76
      ┃┣■ホーリーバスター(ホリスキー) 牡 白毛 127/90/96/80/4
      ┃┣■オイルマネー(オペックホース) 牡 栗毛 127/70/99/52/2
      ┃┣■テスタメント(サンテステフ) 牡 白毛 127/89/98/79/0
      ┃┣■メイルシュトロム(メジロティターン) 牡 芦毛 127/96/98/79/0
      ┃┣■ホリン(ホリスキー) 牡 鹿毛 127/100/97/93/1
      ┃┣●9牝(リアルシャダイ) 栗毛 227-80
      ┃┃┣■モーリスグリーン(グリーングラス) 牡 鹿毛 127/99/99/76/2
      ┃┃┗■アトランチスノナゾ(バンブーアトラス) 牡 栗毛 127/117/75/76/0
      ┃┗●9牝(ラッキーソヴリン) 黒鹿毛 230-78
      ┗●8牝(シンボリルドルフ) 鹿毛 212-81
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ダ適3の馬だと85戦か(ダビスタ2)

ダビスタ2のBCでの、ダ適3の馬の寸止めラインはおそらくSP212の模様。
ベストの条件(元のSP127以上・無敗・絶好調・ベスト馬体重)の場合だと85戦。
86戦でフローして遅くなっている馬が出たのを確認。90戦させた場合だと間違いなくフローしていて「順調」より「絶好調」の方が明らかに遅い。
ダ適4だとSP179(ベストの条件で52戦)、芝のレースだとSP183(同じく56戦)だったので、それと比べるとかなり手間がかかる。
ダート用の馬が足りない時とか、余裕のある時だけやれば十分かも。
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

母最高額牝馬の(中途半端な)価格テーブル

ダビスタ2の最高額・牡馬産駒の価格テーブル。
SP初期値2毎に100万上がる仕組みになっているのを利用して、推測で埋めている箇所多し(3・96でも同様の仕組みになっている)、
まだ詳しく調査はしていないが、たぶん10700万を超えると価格フローで安くなるはず。
面倒なので売却価格とSP初期値のみで、途中かなり省略あり。成長型毎の数字までは書いていない。

10700 174〜175
(中略)
10000 160〜161
(中略)
9000 140〜141
(中略)
8000 120〜121
7900 118〜119
7800 116〜117
7700 114〜115
(中略)
7100 102〜103
7000 100〜101
6900 98〜99
6800 96〜97
6700 94〜95
6600 92〜93
6500 90〜91
6400 88〜89
6300 86〜87
6200 84〜85
6100 82〜83
6000 80〜81
5900 78〜79
(中略)
5500 70〜71
5400 68〜69
5300 66〜67
5200 64〜65
(中略)
4900 58〜59
4800 56〜57
4700 54〜55
4600 52〜53
4500 50〜51
(中略)
4200 44〜45
4100 42〜43
4000 40〜41
(中略)
3600 32〜33
3500 30〜31
(中略)
3200 24〜25
3100 22〜23
3000 20〜21
(中略)
2200 4〜5
2100 2〜3
2000 0〜1

ダビスタ2では母が最高額なら、父の種付け料は無関係。
最高額の基準は96よりはかなり低いはず。たぶん3と似たようなものだと思うが、詳しくは不明。

ダビスタ3の最高額は一律マイナス100万。ダビスタ3でも母が最高額なら、父の種付け料は無関係。
ダビスタ3ではジャッジアンジェルーチ×母の売却価格6900万の産駒(最弱馬)を生産したが、どうやら最高額に到達しているようで、96と比較するとかなり低いレベルでも最高額扱いになる(と言うよりも、96の最高額の基準がかなり上がっている)。
機会があれば、どの程度から最高額になるのか調査予定。たぶんだいぶ後回しになるだろうけど。

ダビスタ96では母が最高額でも、父の種付け料によって200万円程度の誤差が生じる。

父種付け料が高い(300万以上)の場合は、ダビスタ2の最高額と全く同じ。300万のエブロスやラッキーソヴリンはここに入るのが確定、280万ぐらいだと下か?

種付け料がやや高い種牡馬(210万以上300万未満?)はダビスタ2の最高額とダビスタ3の最高額の中間で、初期値が偶数の時のみマイナス100万。暫定的に50万落ちとでも表現しておくか。
210万のアジュディケーティング、250万のノーザンディクテイターがここなのは確定。ノーアテンションやラシアンルーブルはここに属すると思われる。

種付け料がやや安い種牡馬(ラグビーボール、スイフトスワローなど200万以下。100万ジャストは不明)はダビスタ3の最高額と同じく、一律マイナス100万。

種付け料が安い種牡馬(セクレファスター、ウインドストースなど)は初期値偶数はマイナス200万、初期値奇数はマイナス100万で、実質150万落ち。
種付け料が最低クラスの種牡馬は一律マイナス200万。マチカネイワシミズがここに入るのは確定。

初期人気は牡馬の場合、(売却価格÷100万)+20となる。3100万だと人気51。
牝馬の売却価格はダビスタ2・3だと牡馬の75%、ダビスタ96だと牡馬の80%になる。
同じ売却価格なら、牡馬より牝馬の方が人気は高くなる。
4500万の馬を例に取ると、牡馬だと人気65だが、牝馬だとダビスタ2・3の場合は人気80〜81、ダビスタ96の場合だと人気77になる。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1999年12月26日

差し馬も指示しないと追込に

2008-11-13作成

ダビスタ2では、先行馬に指示を出さなかった場合、勝手に逃げるケースがよくあったが、どうも差し馬に関しても、指示を出さなかった場合、追込みに変わってしまうケースが見られる。面倒でもちゃんと指示した方が良いようだ。
これに関しても先行→逃げと同様、ダビスタ3以降ではあまり見られない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手に逃げる現象

2008-07-21作成

ダビスタ2ではレースで騎手に指示しなかった場合、前走先行だった馬でも勝手に逃げてしまう事が割とある(なお、デビュー初戦に指示をしなかった場合はほぼ逃げになる。以後の作品だと、逃げないケースも多いが)。
気性が良くない馬は比較的なりやすいと思われる。ちゃんと指示をした場合はそれに従うが(当然出遅れ時などは除く)。
この現象は凱旋門賞で発生しやすく、宝塚記念を先行で勝ったにもかかわらず、帰国後脚質を確認すると逃げになっている事がよくある。
騎手に指示できない上に、レース間隔の関係上休み明け扱いになって気性が悪化している事が原因と思われる。
ダビスタ3以降だと、勝手に逃げてしまう事は少ない(結果的に逃げる形になった場合でも、脚質は変わっていないケースがほとんど)。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダート戦でのスピード

2007-06-24作成

ダート戦のSPはダ適4(仮性)の馬だと、SP180(53戦)以上になるとフローし始めるようだ。芝だと56戦がベストだが、ダートで56戦もすると弱くなりやすい。52戦までならたぶん大丈夫。
※ベスト体重で絶好調の場合。当然ながら太かったり調子が悪かったりする場合は、フローするSPになっていても弱くならない。
ダ適3の場合だと、60戦ぐらいしても大丈夫っぽい。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バグ成長型と真性馬

2007-05-17作成

ダビスタ2のバグ成長型のSP初期値は80%(超早熟と同じ)で、気性の初期値は20%(超晩成以下)のようだ。まだサンプル数は少ないが、これで間違いないと思われる。
SPが高くない馬は成長型に関するコメントは出ないが、SPが非常に高い場合は「オク手or大きい」のコメントが出る。SP初期値が高いので4月1週入厩OKになるが。

あとは真性馬が出るかどうかの実験も、念のためやってみた。
ハイセイコー×スイフトスワロー牝の生産をしたが、真性馬は皆無。やはりダビスタ2では出ないようだ。
あと他の配合をやっている時の感触でも、どうもダート適性だけでなく、母父のパラメータ自体無視されているような印象。

『ダビスタコミック3R』(ダビスタ3の頃の本)をよく見てみると、

「ダビスタ3」からは、父馬だけでなく、母の父もダート適性に影響を及ぼすようになった。

とさりげなく書いてあるので、やはり真性馬が出るようになったのはダビスタ3からなのだろう。
ダート適性以外に関しても、母父のパラメータ(底力)が影響するようになったのも、ダビスタ3以降だと思われる(パソコン版のEXは不明)。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

騎手対応表

2006-04-15作成

3の馬は96で走らせても、御屋敷(実名だと小屋敷)が塩村になる程度だが、2の馬を3や96で走らせると、しばたまとCランク以下の騎手は全然違う騎手になる。3の加登と不二田に関しても入れ替わる。

おたべ→小田部→岡部
しばたま→加登→藤田
てきば→的庭→的場
よこのり→横乗→横山典
よしとみ→義臣→柴田善
たなかつ→騎士→岸
なかたて→海老正→蛯名正
おおさく→江戸→江田
えびなま→加登→藤田
えど→橋野戸→橋本広
はしのと→田間木→田面木
おおづか→松昌→松永昌
たまぎ→熊田→熊沢
やすとみ→須賀→菅谷
のもと→神山→亀山

たき→滝→武豊
みなみ→南見→南井
かわうち→河打→河内
まつみき→松三木→松永幹
たわら→田茨→田原
むなもと→田名勝→田中勝
きす→津野田→角田
つもだ→村元→村本
やすたか→田縞信→田島信
たでま→中縦→中舘
ふびた→犬塚→大塚
まつまさ→御屋敷→塩村
くまだわ→安登美→安田富
おやしき→野本→根本
すがたに→糸井→伊藤直

ますさわ→伊板→飯田
すがはら→小早川→小林徹
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ2の最弱レース

2006-04-09作成

ダビスタ2でも最弱馬を作ってみたので試しにやってみたが、3や96の最弱レースと比べてもさらに弱そうなレース内容だった。
3や96だと最弱でも直線では画面中央ぐらいまで出てくるが、2だと距離が長いクラシックやディスタンスでは直線も左端に固まっているw
マイルやダートだとまだ中央寄りまで出てくるが、それでも3や96と比べると左側に固まっている。
タイムも3や96だとクラシックで2分31秒台が平均的だが、2では2分33秒台という驚異的な遅いタイムが出た。多頭数だと流れが意外に速くなって30秒台が出るが、5頭立てだと33秒かかる。
ダビスタ2は最強系だと2分13〜15秒ぐらいのタイムが出るので、実に20秒近くも差が付いている。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気フロー

2006-04-08作成

ダビスタ2では調教でスピードが上がると人気も上がるが(SP2毎に人気が1上がる)、あまりにも人気が高くなりすぎるとフローしてしまうようだ。
127までは大丈夫だが、128になると0になってしまい左1印が薄くなる。
なお人気が実数値でわからない場合でも、ハンデ戦の斤量で判別する事が可能。127だと72キロで、128だと73キロになるため。
ハンデが72キロになった後で、スピード調教を6回やった時点が人気127の状態。

サンプル馬。一応繁殖用の馬だがBCでも十分使えるレベル。
ティンクルスター 牝9 56戦56勝
ノーザンテースト×ウインザーノット×サクラシンゲキ×スティールハート×セントシーザー×スティールハート×スティールハート×トップモデル

人気がフローしてしまったパスワード
ベドワモケ チヒポタテ ネテメメ ソユポエヘ セグエスグ リリヒ

こちらが本来のパスワード
ノラヒルペ ユワマガニ ゴニトト ゼチマゾミ ヌカゾテニ スレワ
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービースタリオンIIの戦績ボーナス

2006-03-11作成

1回でも負けている場合は、戦績ボーナスがどうなっているのか不明だったが、だいたいわかって来た。
どうやら勝利数×勝率で計算できるようだ。

サイキョウヌスット 9戦9勝 SP98(107)→9×1=9
サイキョウギガント 12戦7勝 SP113(117)→7×0.5833…=4.0833…
シルバイオー 58戦58勝 SP127(185)→58×1=58
ミドリマキバオー 24戦23勝 SP106(128)→23×0.9583…=22.0416…
アリマデサムイボ 60戦60勝 SP84(144)→60×1=60
アグリキャップ 20戦12勝 SP93(100)→12×0.6=7.2
スーパークリック 16戦8勝 SP80(84)→8×0.5=4
コウカイテイオー 12戦9勝 SP86(92)→9×0.75=6.75
ホーリックス 31戦14勝 SP94(100)→14×0.4516…=6.3225…
ミソノブルボン 8戦7勝 SP86(92)→7×0.875=6.125
メジロマッコイーン 21戦12勝 SP75(81)→12×0.5714…=6.8571…
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ2の豆知識

2005-10-21作成

とりあえずいろいろと。

・戦績は5歳末までに50〜60戦は積める。疲労がたまっていても気にしない。
これは98などで戦績積みをやるのと同じ。
レース後や疲労がたまっている時は馬なり調教をして、調子を確認したらリセット。
96と98以外は、レース以外でリセットしても週送りはされないので、調教の時はリセットしてもいい。その点では2の戦績積みの方が楽かも?

・レースでのハンデ上げは66キロまで、しかし調教でもハンデが上がる。
レースでハンデが66キロまで上がるのは3以降と同じ。
ただし3以降とは違って、芝や坂路での調教でスピードが上がると、人気も上がる(実は3と96もデビュー前に限ればそうだったりするが)。
そのためハンデ66キロを超える事が可能。
ただしハンデが66キロ以上の時にレースに出走すると、レース後は66キロに戻る。
これは超晩成ボーナスやブリンカー(2には登場しないが)の効果(限界を超えている時にレースに出すと、元の限界まで戻る)と同じような感じ。
X月を過ぎてスピードが落ちてからスピード調教をすると、ハンデがどんどん上がる。ただし73キロ以上になるとフローしてしまうため、72kgまでにしておく方が良い。

・母父は気性Aで
3や96ほどではないが、気性はスタミナに影響する。気性が良ければ繁殖入り後にスタミナが高くなる。

・パドックを見るのをキャンセルしたタイミングでも乱数が変わる。
これはたぶんダビスタ3でも同じ。96や98は駄目。

・レース出走時、VTR録画画面に切り替えると乱数が変わる。
これはダビスタ3・96・98でも同じ。

・BC登録をすると乱数が変わる
100万円をドブに捨てる事になるが、まあこれが原因で破産することはないだろうw

・ちょっと太め→だいぶ重いを利用した順調固定が出来ない。
ダビスタ3以降とは違って、ちょっと太め→だいぶ重いになった時でも調子が変わる場合あり。

・スタミナ放牧チェックは使えない
これもダビスタ3以降なら出来るが。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビスタ2の最強馬生産

2005-10-21作成

日記的な内容が残ってるが、面倒なのでそのまま

スティールハート×トップモデルは4800万。コメントは早熟とスピードのみ。
リードワンダー×上の牝馬は5100万。早熟・スピード・落ち着き。
繁殖のスタミナの計算式は(スタミナ限界値+気性限界値)÷2で、落ち着きコメントが出るのは気性80以上、距離適性上限1800mならスタミナは最低でも40、よって父リードワンダーで落ち着きコメントが出れば最低でもスタミナが60以上あるのは確定。
何代も重ねる時間は無いのでさっさと締めに。マルゼンスキーを付けてみるも、あまりスタミナは付かず。母のスタミナはサヨナラよりやや上程度か。
採用したのは普通型5100万のフルコメント馬。しかしスタミナも根性も今ひとつな感じだった。

最高額牝馬での価格テーブルは、ダビスタ2や3でも96の物を流用できるようだ。
多少ずれているかもしれないが、一応の基準にはなる。
ただし牝馬の売却価格は牡馬の75% (96では80%)
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2攻略・データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする