2016年03月06日

774BC2016(PS・98・SS)1日目

2016年1日目 4月2日午後締め切り予定(時間は未定)
なお、98処理の1〜4レースの合計登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 福島 2000 (8)
OP戦 白毛・青毛・栃栗毛
(2R) 98 中山 D1200 (8)
OP戦 別定
父ダ適△(98は◎)は4kg減、父ダ適◎(98は△)は4kg増、父、母父ともにダ適◎(98は△)は8kg増
(3R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 別定 SP121(K86)以下 SP2下がる毎に1kg減(最低48kg)
(4R) 98 阪神 D1800 (10)
重賞 無制限
(5R) PS 中京 1200 (16)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rと5Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭までになります。
posted by ◆RifFE0aAlw at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

SP大台には届かずも、今年初の育成対象

[ダビスタ97の掲示板 第23回掲示板BC]
6戦(1.1.1.0.0.3)
小倉芝1800は能力よりBC実績重視で、前走ダートで勝ったデュー、小倉で勝ち星のあったムトンボを投入するも、2頭とも掲示板に載れず。
東京ダ1400は勝てなかったものの、初代真性のデュアルブートが塩飛びながら2着、成績不振だった仮性のゾーナシーカーが見せ場十分の3着と満足の内容。
京都芝2400はエストポリスが早め先頭から押し切って勝利。ようやく多頭数戦で好結果。意外と中長距離向きなのかも。シャドー馬なので馬体を併せられなかったのも良かったか。オーダインはスピイレだったような内容。

今回は不振が続いていた芝で久々に勝利。ダートでは連勝が止まったが内容は良かった。
あとはSP限定戦(Bクラス戦)では3開催連続で掲示板にすら載れていないのが問題か。能力的には無制限やダート路線と比べても悪くないはずなのだが、どうもサッパリ走らない。

[sakimori98bc 2016 2nd]
10戦(2.2.1.1.0.4)
1Rはトマホークが塩飛びでイレ込みで超絶?と謎の状態で噛み合わない内容ながらも、見せ場は十分の2着。PS馬ガラスノツルギが3着。エスリンが4着。勝てなかったものの、3頭出して2・3・4着の結果は合格点。
2Rはダイアキュートが斤量や流れには恵まれたが、最後方からよく伸びて勝利。ダートに使う機会が多かったが芝でBC初勝利。気性の悪い2頭は駄目だったが、続けて好走するのを期待するのに無理があるレベルだったか。
3Rは前哨戦で好内容だったデザートストームがここでも根性を発揮して勝利。PS生産馬ながらPSではあまり走らないが(重いため馬体削ってるのもあるが)、98では期待以上に走っている。父実績Cのパウリーニョが2着。SP低い分軽量だったのもあってよく頑張った。
今回も目標以上の結果で収穫も多かった。今後もいい流れを続けていけるかどうか。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS バンブーアトラス×Danzig×サンデーサイレンス×イットウショウ
129(KSP94)/107(4.625耐え)/80/81/0/4 418kg 青毛 遅普通
年明け以降初めての育成対象、現在育成中。
小柄丈夫なし、ダ適皆無、根性気性もそれなりで、SP大台には届かなかったものの、現時点でPS97生産の青毛馬最速。
基準値102-105だが、もしTSLだったら何て事は考えないようにしとこう。
この配合でTSLを出すのは厳しいし(ジェイドを挟んだのも試したがきつかった。あっちでもっと粘ったら行けるかも知れないが、今の所は見送り)。
バンダンTSLをやりたかったらパンチュル始動でSTニトロも高いやつを使えばいいし(青毛ではないが)
もう少し早く生産に本気を出していたら、そのぶん早く引けてBCに間に合ったのかも知れないが、実際に登録した馬より良い結果を出せたのか怪しい感じもしたので、これはこれでいいか。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

774BC2016(2・EX・3・96)1日目

後から気が付いたが、この3月でダビスタ96の発売20周年の節目だった。
これだけ長い年月が経っていると、さすがに登場している種牡馬で現役なのはもういない。
2014年に引退、翌2015年に死亡したアジュディケーティングが最後の現役種牡馬だったようだ。
2・EX・3では2013年に死亡したブライアンズタイムが最後だったようだ。

2016年1日目 3月19日午後締め切り予定(時間は未定)
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 96 阪神 D1400 (8)
OP戦 無制限
(2R) 96 中山 1600 (8)
OP戦 牝馬
(3R) 96 中山 D1800 (10)
重賞 印ハンデ
(4R) 96 中京 1200 (12)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1R・2Rは超えた時はレース分割。3R・4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…7kg増、○…4kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

BCはダートでは好調持続。相変わらず芝のレースと生産は不振

[ダビスタ97の掲示板 第22回掲示板BC]
6戦(1.0.1.0.0.4)
福島芝2600は2頭とも掲示板に載れず。うちの馬に多い、多頭数になると弱くなる病気っぽい。
PS97で2戦目のレイニーブルーは、今回も1番人気だったが6着と着外に消えた。カタログスペックは立派なもんだが、見掛け倒しでイマイチ走らず期待外れ。計算通りに行かない事もダビスタの面白さでもあり難しさでもあるが…
福島ダ1700はグレートローマン産駒の真性牝馬マンゲキョウが、人気以外の印が薄いながらもスピードを発揮して勝利。仮性のデザートストームは6着で、98の方で勝った時の勢いがなかった。
福島芝1700はウサミミバンドが最後に止まって3着も、合格点の結果。馬場は稍重だったが、さほどマイナスには感じなかった。
ダートでは全て別の馬で3連勝と好調持続も、相変わらず芝では不振。6着に終わった2頭は、もうちょっと根性出さんかいと思うような内容だった。

[ダビスタ生産・育成]
細々とPS版生産も、相変わらず目ぼしい候補は出ていない。
ダート配合ではBCの前までにブラナグを10固定ほどやっていたが、今回ダート戦を実績C非ニックスで勝てたので、キヨヒダカあたりのさらにマニアックな配合に行くかも。あとオグリの真性も狙っていたが、母父は違うものの先を越されたっぽいので、これはしばらく見送り。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

ダビスタPSセルフBC 6〜8R

[ダビスタPSセルフBC 6R] 福島2600 SP124以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

2週間経っていた

年が明けてから早くも2週間経っていた。
ただ意外と余裕がなかったのもあって、今のところあまりペースが上がってなく、これと言って良さそうなのも引けていない。
それでも生涯現役のつもりで、細々でも続けていきたい。

[sakimori98bc 2015 7th]
4戦(1.0.2.0.0.1)
1Rはいいペースで走ったデザートストームが最後までバテず突き放し、幸先良く今年初戦を勝利。
ギガウイングも3着は確保して合格点。
2Rはフレンチトーストが完敗の内容も3着は確保。もう1頭はハンデに恵まれるもビリで力不足だったか。
4頭出して1勝ならまずは好スタート。さらに追加する可能性もあったが余裕がなかったのと、少頭数の方が有利になるかも知れないってのもあって、2頭ずつになった。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

仕事納め

気がついたらもう12月30日だった。リアル競馬では既に有馬記念も東京大賞典も終わっている。

[774BC2015(PS・98・SS)6日目]
26戦(3.5.5.3.6.4)
芝ハンデの1R1組はシャドーVer初出走のライフスケイプ2着、数合わせレベルだったマーベルランドが3着と、全く期待していなかったのが思いのほか健闘。2組では先行馬のゴールドオーブが出遅れたものの、それがむしろ幸いした形で勝利。
ダートハンデの2R1組はタコウインナー2着、ヘイミンプレイ3着と勝ち切れなかったが、それぞれBCでは最高着順だった。2組はアーマークラスがBC初勝利、アサルトシェルが2着。
3R1組は合計値Sランクのレイニーブルーがデビュー戦だったが、同じ組にSランク馬が他にもいたため1番人気にはなれず、結果も悪くはない程度の3着。久々出走のシルクが2着に健闘。2組は実績Cのトットナムが勝利、PS97でデビュー戦勝利のムトンボが3着。
4RはPS生産馬のフォルブレイズがゴール前踏ん張れずも2着に健闘。PS97でもこれぐらい走ってくれればいいのだが、正直97に使うのはまだ怖い。ここではSP下位のビッグブルーもしぶとく5着。
2頭の98生産馬の方がSP的には上だったがダメで、ライフスティールは出遅れてビリ。1Rで同じ父のゴールドオーブが出遅れて勝っていたが、この条件で出遅れてはどうしようもない。
5RはPS生産馬のカバーアートが前から離されたが、シャドーロール馬の割にしぶとさを見せ3着に粘った。
1〜3Rは1勝ずつも、重賞の4Rと5Rは善戦止まりだった。もっとも一度も一番人気にならなかった事を考えれば、悪くはない結果か(ハンデ戦の1Rと2Rは人気にならなくても問題ないが)

[ダビスタ97の掲示板 第21回掲示板BC]
6戦(1.0.0.0.1.4)
中京芝1700は消極的な先行策で大失敗。PS97ではデビュー戦のレイニーブルーは人気を吸っただけの結果。デビュー戦勝利のムトンボも今回はサッパリで、両馬とも人気以下の着順で掲示板すら無し。
阪神ダ1800は真性のマンドラーがハナ差でBC初勝利。先行だったが4角で上手くスペースが開いて展開も向いたが、最後も叩き合いを制した。逃げた仮性のキングフェリックスも5着で掲示板確保と好成績。
中山芝2500はガラスノツルギが一応人気より上の着順も6着、前走好成績のエストポリスも見せ場無しで、こちらも両馬とも掲示板に載れず。
ダートでは前回に続き連勝で好調だが、芝の多頭数が不得意な傾向は相変わらず。もっとも芝の王道路線で不安定なのは他作品でも同じだし、今に始まったことでもないが…

[sakimori98bc 2015 7th]
12戦(1.0.1.0.3.7)
1Rはロストワールドが最後よく粘って勝利。念願のビッグタイトル獲得。PS生産馬のデューも掲示板を確保の5着と合格点。カオスブレイカーは6着。仮性で塩飛びの割には悪くないが、着差を考えるともう少し根性を見せて欲しかった。
2Rはニューロードが早め先頭も5着まで。逃げ馬も残っていた流れだが粘れず。追込のデイトナは7着、逆フローで初出走のアジアカップも不発。
3RはPS生産馬のマンドラーが前には離されるも健闘の3着、97の方に続いて好走。他2頭は気性の悪さを感じさせる失速。引っかかり気味に飛ばしすぎたか。
4Rはアトミックランナーが自分のレースはできたが5着まで。他2頭は見せ場無し。
ダートでは1勝して見せ場もあったのでまずまず。こちらでも芝ではイマイチで力負けした感じだった。

[774BC2015(2・EX・3・96)4日目]
21戦(4.4.1.1.5.6)
1Rは1組のミスタービーンが軽ハンデもあってBC初勝利、ウォーターガンが2着。2組はヘッドプレスが2着。
2RはセクションゼットがBC初勝利。スタミナ不足ながら踏ん張った。2戦目のレアグッズが3着。根性無しだが流れにも恵まれたか。2組はサンクスギビングが2着。こちらは2戦目の馬が逆ワンツーで、市場馬のナイトショップはさすがに力不足だった。
3Rは2組でミジンギリが勝利。ただ他の馬は軒並み下位に沈んだ。
4Rはミサンガが勝利、ディークが2着。前走勝った2頭が続けて好走した。
1〜3Rで1勝ずつ出来て4Rもワンツーだった反面、出走頭数を考えると着外も多かった(1〜3Rは6頭立て×6レースのうち、実に5頭がビリに沈んで掲示板を外した)

来年のBC開催は、PS・98・SSも2・EX・3・96もまだ日程は未定。
ただ処理のクオリティはたぶん現状維持で、上がる事はたぶん無いと思うw
自分自身でも他と比べたらチープだと思っているが、処理速度や手間を考えるとあんまり頑張れないなとも思う。

生産は特に進まなかった。
今年の更新はこれで終わり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

ダビスタPS版で青毛初の合計値Sランク

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Rainbow Quest×マルゼンスキー×サンデーサイレンス×イットウショウ
123(K88)/115(5.625耐え)/98/99/1/6、435、416kg 牡 青毛 普通型
PS版では青毛初の合計値Sランク。どうやら互換性がある98やSS版を含めても、青毛で合計値Sランクに到達したのは今までいなかったようだ。
スピードは高くないしダートも上手くないが、芝のBクラス以下ならかなり良さそう。
育成はきっちり4歳48戦、5歳80戦やったが、戦績積みをするのは(実機よりかなり有利な)エミュ環境でもそれなりに時間がかかった。
これが今年最後の育成馬になりそうな予感。年末にどの程度数をこなせるか…

BC登録は一通り済ませた。自分で開催する分はまだ追加登録する予定。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

98BCでも2勝

[sakimori98bc 2015 6th]
14戦(2.1.0.2.1.8)
1Rはニニアンが内から伸びて勝利。根性63でシャドー馬以下なのだが謎の勝負強さを発揮。デビュー当初はかなり苦戦していた馬だが、この路線でのエース級になっている。リプルズロッドも掲示板を確保。ただ真性2頭が見せ場なく期待外れ。
2Rはレッドアリーマーが右1◎が付き、展開も悪くなかったが勝負弱く4着。安定して掲示板に載るようにはなっているので、この馬なりには頑張っているが…。他3頭は着外に沈み、春の2ndで結果を出した2頭も今回は駄目だった。
3Rは逆フロー真性のニーナがマッチレースの形になって惜しい2着。4Rとどちらに出すか迷っていた仮性でサブパラ悪いグルグルミックスが健闘の4着。早めに抜けたパワードールは失速。真性のSP121でもスピード負けしていなかった点では良かったが、結果は悪かった。もう1頭は見せ場無し。
4RはPS生産馬のウサミミバンドが接戦を制して勝利。位置取りも良かったし、中距離でも安定して走れるようになった。さすがにここで勝ち切るのは難しいと思ったが、2R・3Rに勝ったのも河打騎手だったので、流れも良かったのかも知れない。もう1頭は見せ場無し。
今回は◎が付いた馬が勝負弱かったが、相手も揃っていたので2勝できたのなら上出来か。

[ダビスタ生産・育成]
PS版中心だったが生産不足気味で、あまりパッとしなかった。
白毛が出ても使えなかった。馬体重やサブパラが駄目だったり。
来年はSS版の生産も再開したいと思うが、本当にできるのかは不透明。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ダビスタ98セルフBC 275・276R

[ダビスタ98セルフBC 275R] 98 阪神 1600 SP125以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

774BC2015(2・EX・3・96)4日目

774BC2015(2・EX・3・96)4日目

2015年4日目 12月26日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 96 京都 2000 (8)
OP戦 印ハンデ
(2R) 96 阪神 D1400 (8)
OP戦 父実績C or 初代配合 or 96非面白
(3R) 96 中山 1200 (8)
OP戦 無制限
(4R) 96 中京 D1700 (12)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…7kg増、○…4kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

BCでは2勝

今週は調子がよくなかった。月曜か火曜にでも更新しようとしてたが遅れた。
ダビスタ生産の方も、特に当たりは特になし。

[ダビスタ97の掲示板 第20回掲示板BC]
5戦(2.1.0.0.0.2)
福島芝2000はウサミミバンドが2着。相変わらず競り合いには弱いものの、中距離にもメドが立った内容。
フォルブレイズはイレ込みで惨敗。相変わらずPS処理or多頭数戦では全く走らない。それどころか走るたびに内容が悪化している。芝の無制限戦は参加馬が多くなる傾向なのでこれでは全く期待できず、劇的な向上タイミングがない限りは98専用か。下手すりゃ永久に98専用かも知れない。
京都ダ1800は真性のデューが先行ながらも、直線入り口で逃げ馬を捕まえるとそのまま押し切ってBC初勝利。この距離だと逃げるのもありかと思ったが、参加馬が芝無制限より少なかった分、先行でもわりと良い位置に付けられたか。
逃げた仮性のブルーブラッドはイレ込みで惨敗。
小倉芝1200はデビュー戦のムトンボが勝利。いい位置に付けられたし、ランクの低い潮村騎手だったが直線もロスなく、逃げ馬の背後に付ける事ができた分最後によく伸びた。

今回は2勝2着1回の好成績。ただしイレ込んだ2頭は、数合わせにすら先着される惨敗と極端な結果だった。
小倉芝1200の上位3名は賞品付きだったが辞退した。本気で賞品を取りに行った人にとっては、門番みたいになってしまったかも知れない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

774BC2015(PS・98・SS)6日目

2015年6日目 12月19日午後10時締め切り予定
なお、98処理の1〜4レースの合計登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 東京 1400 (8)
OP戦 印ハンデ
(2R) 98 中山 D1800 (8)
OP戦 印ハンデ
(3R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 別定 SP125(K90)以下 SP2下がる毎に1kg減(最低48kg)
(4R) 98 中京 2000 (10)
重賞 別定 SP133(K98)超、SP1毎に1kg増
(5R) PS 大井 D2000 (16)
重賞 別定
父ダ適△(98は◎)は4kg減、父ダ適◎(98は△)は4kg増、父、母父ともにダ適◎(98は△)は8kg増

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rと5Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭まで(印ハンデの1Rと2Rは1頭のみ)になります。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最高69kg、最低48kg。
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

PS版でMtoto産駒育成、青毛レイマルはパッとせず

[sakimori98bc 2015 5th]
17戦(1.3.2.3.2.6)
1Rは最も期待薄で無印のナイフキラーが2着に大健闘。イレ込んでいたリアカーも前走に続いて3着、ハンデ戦なら計算できそうなら戦力に。仮性-1は3頭中2頭が軽量もあって頑張ったが、2頭出した仮性はコタツフトンが5着に入った程度。
2Rは初代のムーンウォーカーが最後によく伸びて久々の勝利。実績Cの2頭も初芝のパウリーニョが4着、久々出走のテンプルナイトが5着と掲示板確保。Sランク馬のリブローは期待外れ。
3Rは勝ち馬からは離された完敗も、PS生産馬ローンチタイトルが苦しい位置から差を詰めて2着。ダイヤモンドスピアが3着、市場馬のンガググが4着と低SPで軽量の2頭が掲示板を確保。初代の真性馬だったニッテイクンは掲示板に載れず。
4Rはリルルが2着、シルフィーが4着。上手く動けて展開に恵まれても勝ち切れなかったのは力の差とも言えるが、どちらか片方が掲示板に載ればって程度の期待度だったのを考えれば健闘。

今回は1勝、一応4レース全てで連対と、戦力を考えれば合格点。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Mtoto×Woodman×Caerleon×イットウショウ
123(K88)/99(3.625耐え)/72/87/3/7、381
13固定目。面白底力A重ねの割に根性はイマイチで、スタミナもそれなりだが、父似(底力+晩成)のくせにスピードが乗った(配合限界はK90)。丈夫でダ適も仮性一枚落ちとまずまず。
超晩成なので育成が面倒だったが、4歳時はしっかり48戦積んでいた。
母は栃栗毛だったが、栃栗毛で良さそうなのは出なかった。
flow Mtoto1.pngflow Mtoto2.png
98BCだと一応右2フロー。

しばらくやっていた母青毛のレイマル生産はイマイチ爆発してない。悪くはないって程度でどんぐりの背比べ。
122(K87)/107(4.625) 仮性 青毛
126(K91)/105(4.375)
128(K93)/90(2.5) スピードはSクラスもスタミナ不足
125(K90)/105(4.375) 牝 仮性-1
どれも育成するにはあと一歩決め手に欠ける感じ。青毛固定は何頭かいたが、いまいち能力が乗らない。
白毛もいたが、重くてサブパラもあまり良くなかった。
他の配合も含めて白毛は意外と見かけてるのだが、見事なぐらい軽いのが引けていない。現時点で一番軽かったのでも440kgオーバーだったような…

BCは12月に2・EX・3・96と98・PS・SSの両方をやるつもりでいるが、まだ内容は未定。
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ダビスタ98セルフBC 273・274R

[ダビスタ98セルフBC 273R] 98 札幌 D1000 市場・持込
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

BCでは思いのほか好成績

[第19回掲示板BC(BCグランプリ)]
30戦(9.4.6.7.4.0)
今回は実戦経験豊富な駅伝BC組ではなく、若手中心のメンバー。
一応試走した時は好成績(いずれも2位以内)だったのだが、過去の97BC成績は芳しくなく、実戦でどの程度やれるのかは未知数だった。
春の駅伝BCでは8頭立てだったが、今回も同じぐらいの頭数になる事を想定していた。
目標設定は3頭とも97BCでの初勝利、掲示板は半数の5回以上、総合成績でワースト3回避だった。
前残りしやすそうなコースも多い条件だったが(2000m以上は基本逃げ有利だと思う)、3頭全て先行で登録して、逃げ馬が残る流れになった時は諦める割り切った戦略で行った。

グランプリBのアンフィニッシュトは3位。
幸先良く1R(札幌芝1000m)勝利。その後不振だが終盤持ち直し、芝ダートともにマイル戦勝利(7R東京1600・9R東京ダ1600m)。
真性2頭を差し置いてスピード上位の仮性一枚落ちを抜擢したので、ダートで勝てたのは大きい。
4R中山芝1200のイレ込みは向いていそうな条件だったので少し痛かったが、やや気性に不安もあった事を考えれば、その1回だけで済んだのはまだ良かったかも。
合計3勝で2位と1ポイント差なら、十分に合格点をやれる結果。

グランプリAのキングフェリックスは1位。
健康にやや不安があったためいきなり塩が飛んだが、それでも根性を見せて1R勝利。その後3R・4Rの連続スピイレで怪しくなったが中盤以降持ち直し、ダート2戦(5R大井ダ2000m・9R)と芝マイル(7R)でも勝利で合計4勝。
スピードやや低めの先行馬だったためか、前が止まらない流れでは苦戦したものの、ダートと短距離で力を発揮。1ポイント差と僅差だったが優勝。

グランプリ制限無しのエストポリスは2位。
今度はグランプリBやグランプリAと違い、メンバーに逃げ馬が少ないため短距離での展開利も見込めず、根性も足りなさそうな走りで、かなり苦しいと思ったら案の定勝ち切れず。
過去の97BCでも成績不振だったし、これは失敗だったかと思ったが、それでも8R(アーリントン)・10R(ロンシャン)と海外の2戦を勝ち、7Rまで勝てていないながらも最下位なしだったのが良かったのか、最後に2位に浮上。
ダートでは仮性馬が叩き合ったら付いて行けなかったが、大崩れはせず及第点の走り。健康を考えれば塩もよく乗っていた。

想定より少頭数の5頭立てになった事が有利に働いたのか、3頭ともほぼ目標以上の成績で、思いのほかよく頑張ってくれた。合計9勝は出来過ぎなぐらいだったかも知れない。
PS97生産馬で馬体重が重いわけでもないくせに、98BCでしか走れないイメージも払拭。今後多頭数でも結果を残せるかどうかが課題か。

プライベートで不調だったため、生産はしばらく停滞気味だった。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

ダビスタ98BCでの有利な脚質、BC結果など

[ダビスタ98BCでの有利な脚質]
SFCダビスタ98を未プレイの人向けにとりあえず。
※個人の感想です。鵜呑みにして大敗しても責任は取れません。

ダビスタ98はSTの消費が激しいと言われているが、条件によっては逃げが有利になる事も多い。
距離が長くなるほど前が有利、直線が短いほど前が有利、多頭数になるほど前が有利と言う点では、他作品と変わらない。
馬体重と加速力は全く関係がない。
PS97と比べて、根性馬が競り合って加速する事が少ない。
あと98に限らずSFC作品は、PS97と比べて枠順による差が少ない(内枠の馬が外に行ったり、逆に外枠の馬が内に行ったりも頻発する)。

芝で長めの距離は前が止まりにくく、基本的に逃げ有利。
SFC作品は道中で3頭しか並べないため、逃げ以外の馬が4角でいい位置に付ける事は期待しづらい(多頭数だと特に)。そのためPS97と比べても逃げが有利。
芝2400以上だと逃げ一択で、東京でも逃げでいい。東京以外なら芝2000でも逃げ切りが多い。

芝マイル以下になると前が止まりやすくなる。直線が長い東京だと特に。
展開次第では差し・追込が鮮やかに決まる可能性も(特に少頭数)。
直線の短いコースでも逃げが潰れる事は多く、東京短距離になると逃げ切りは至難の業。

ダート戦ではPS97と比べると前が止まりにくく、明らかに逃げが有利。芝よりもダートの方がPS97との違いが大きいと言えるかも知れない。
多頭数の場合だと、逃げ馬にとっては厳しい東京の1200や1400ですら前崩れが期待しづらい。
多頭数が見込めるなら逃げ一択。少頭数で上手くハマれば逃げ以外も行けるが…

[774BC2015(PS・98・SS)5日目]
23戦(3.7.2.5.4.2)
1Rは1組でエストポリスがBC初勝利。騎手のランクが高くないので右2フローするかは一か八かって感じだったが成功。気性が良く左2が付く馬で、もし右2フローしなかったらさらに重くなって危なかった。今後は全く不振の97BCでどこまでやれるか。ユリウスも2着で幸先の良いスタート。
2組は逆ワンツー。カウンターアタックは気性逆フローVerでは初出走だったが不発。
2Rは1組でデビュー戦のキングフェリックスが2着に健闘。2組ではデザートストームがBC初勝利。なおどちらの組も根性のある仮性馬が勝っていた。
3Rは1組の久々出走のマタモロスが無欲の追込だったが勝利。逃げたマチルダも2着に粘った。
2組はデューが芝でもまずまずの2着。追込のポップアーティストがいい脚を見せ3着だったが、スタミナ不足とイレ込みもあって、さすがに最後止まった。
3組はオパンチュが塩飛びながら2着。気性逆フローのライフスケイプは3戦目で不発に終わり大敗。次走は気性逆フローではないシャドーロールVerにする予定。
4Rは3頭ともハンデに恵まれた。勝ち切れなかったが3頭とも好走した。2着のダイアキュートはそこそこ好走する事は多かったがBC初連対。3着リアカーは前とは差があったものの、仮性-1としては大健闘。初代配合馬同士では割と堅実に走っていたのだが、ずっと出番が無く2007年以来の出走だった。今後も再び出番はありそう。ニッテイクンは4着。サブパラが悪いし大崩れしなかっただけでも十分。

今回は1〜3レースで1勝ずつの3勝で、2着が7回もあった。
次回はまだ未定だが、内容的に他所と被る事が無さそうなので年内に1回はやる予定。

なお芝長距離で一定以上の能力があると、右2印がフローして本来よりも印が薄くなるのだが、当然ながら右2フローした馬同士だと、きっちり能力順に印が付く。
(SP120で3.75〜4耐え程度が目安。SPがもっと低い場合はより多くスタミナが必要。SP130前後だと3.5耐え程度でもフローする)
今回のBCの条件だとギリギリで右2フローする馬の印が最も薄くなる。ただし能力的にギリギリの馬だと、右2フローせずに厚い印が付いてしまう事もあるが。
今回のBCの1Rでは、2組のカウンターアタック(スピイレ)を除いた9頭は右2フローしていたようで、同馬を除くとほぼ能力順に印が付いていたと思われる。
posted by ◆RifFE0aAlw at 00:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

PS版でFairy King産駒育成、BC結果など

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Fairy King×バンブーアトラス×Woodman×Caerleon×イットウショウ
125(K90)/107(4.625耐え)/99/92/4/3、423、426kg
5固定目。健康はちょっと不満だが仮性ダートでかなりのバランス馬。グリデザ用の牝馬(栃栗毛)の流用。
スピードが1低い方がクラス分けでは有利だったりもするが、それでも低いよりは高い方がいいか。
戦績積んでも人気吸うだけであまり結果に繋がらないしテキトーでいいや、なんて育成前には思っていたりもしたが、結局4歳時はしっかり積んでいた。5歳以降は手抜きだったが62までは伸ばした。
本命の生産はグリデザの方だったが、そちらはイマイチ。牝馬で仮性5耐えなんてのもいたが、スピードが121止まりだった。フェアリーキングの方も含めて、栃栗毛で良さそうなのもいなかった。

[774BC2015(2・EX・3・96)3日目]
19戦(3.3.5.4.3.1)
締め切り前日まで1Rと3Rで自分の馬しか登録がなく、特にダート長距離でハンデ戦1Rの方はどうなるかと思った。1R、3Rともに10頭中7頭が自馬だった。
ダート長距離の1Rは割と実験的なメンバー。開催した本人ですら、どんなタイプが向いているのかよくわかっていなかったのもある。
1組でジョルジュが軽ハンデを生かしてBC初勝利。
2組は仮性一枚落ちでも結構重い印が付いていた。アウトバーンの2着が最高で勝ち切れず。
デビュー戦だった2頭は、能力的に見劣る市場馬ナイトショップが軽ハンデもあって3着。スタミナや気性を考えてもこの距離は微妙だったが健闘。
初代真性馬のレアグッズは完敗の4着。右2が付いていなかったのを見るとスピイレ臭かった。根性も足りていない馬だし前途多難かも知れない。
芝の2R1組は1人気だったがビリを免れるのがやっと。2組はデビュー戦の初代配合馬プレミアムディスクが僅差の2着。
ダートの3Rは実績馬も多めに投入していた。1組でミサンガが勝利、ベンオグリビーが2着。2組でディークが勝利。
4Rは2頭とも軽量。レスターが3着。

今回は3勝。まずまずの結果だと思ったが、よく見てみると勝ち星は大量投入していたダート戦のみで、芝では勝てていなかった。
ハンデ戦はPS・98・SSのBCよりも差がつきやすい設定にしているが、少頭数だと無印になる馬が少なくなるのもあって、軽くなる馬より重くなる馬の方が多くなっていた。

次回はまだ未定。ただ年内にはやるつもり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

ダビスタ98セルフBC 269〜272R

[ダビスタ98セルフBC 269R] 98 東京 D1400
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

96で初代2頭、市場馬1頭育成

774BC2015(2・EX・3・96)3日目は9月19日午後10時締め切り予定。

BC登録用スレッド(ダビスタ2・EX・3・96) 2012〜

[ダビスタ生産・育成]
96のスイフトスワロー×プレミアムグッズの生産は一区切り。
何だかんだで生産数が万を超えたが、結局真性でスピードと根性が揃ったのが引けず、父晩成型のくせに超晩成の産駒がイマイチ良くなかったので、大満足とは行かなかった。

バランス的に良い牡馬の125/78/96/85/3、牝馬で真性の118/88/63/100/5の2頭を育成。どちらも遅普通型。
真性牝馬の方は、シャドーロールが付けられない中途半端な根性無しで、実戦で勝ちきれるのか疑問だが、3・96BC馬では初代の真性はまだ誰も育成していないし、後追いではなく一番初めに意義があると思うので育成。どちらも自開催でデビューさせる。

あとついでに市場馬も仮性が1頭いたのでとりあえず育成。
ビショップボブ×ミッドナイトアールティ 92/76/84/61/4
スピード差がつきにくいダートなら、これぐらいの仮性でも可能性はありそう。こちらも自開催でデビューさせる。根性はできれば90以上欲しかったが…
市場馬で芝無制限で勝負できる馬を出すのは非常に厳しく、ダートを狙うのが現実的か。

3の方の初代真性は、今回は諦めた。
しばらくはPS版の生産が中心になる予定。
PS版では先日亡くなったグリーンデザートも再開。以前の生産より高い能力&栃栗毛の牝馬だが、目立った成果はなし。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする