2015年06月13日

PSの繁殖作りいろいろ&BC結果

最近生産した馬以外に、しばらく前に生産していたが系統図に反映するのを忘れてた分も。

ニチドウアラシ×Caerleon×マノンレスコ
88-113(-1) 栃栗毛
スタミナ爆発でUnbridledにギリギリでTSLに届いた。青毛のマークオブryや栃栗毛のミルフォードにもTSLに届いているが、98で同じような配合をかなりやったのでPS97でやるかは微妙。マークと同じ距離適性で実績AのGulchもST基準値95なら実用範囲か。Rainbow Questには届いていない。
スピードが乗った時はスタミナが1耐え前後しか付かない感じで、スピード型でRQに届いたのは出ていない。非ニックスRQならピロ牝の方がまだ届きやすそう。

モガミ×ジェイドロバリー×イットウショウ
115-100(+2) 青毛
しばらく前の生産。サンデーの血が入ってる牝馬には使えないDevil's Bag用。一応ブライアンズタイム(面白)にも届いている。でもBTはブラナグから取り掛かる予定。

Danzig×ジェイドロバリー×イットウショウ
116-107(-5) 青鹿毛
しばらく前の生産。青毛配合ではないが面白対象が多めのダン牝。Mt.Livermore(面白、ニックス、Nearcoクロス)用で、Rahy(Mt.Livermoreと似ているが父気性B)、A.P.Indy、Cozzeneもやる可能性あり。
BTにも届いているがこの牝馬ではやらない。ハイエストやバンブーアトラスには届いていない。
たぶんやらないが、父青鹿毛のサンデーサイレンスで青毛を出す事も可能。
それにしても現役時代のスタミナは上のモガミ牝と7も差があるのに、距離適性のせいで繁殖入りすると同じになってしまう…

ニホンピロウイナー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×イットウショウ
111-108(-5) 青毛
実績Cよりはマシだがピロ牝はきつい。デインヒル(面白)、アサティスなどに届いているが、やるかどうかは不明。やるとしたら面白にはならないがBering。

Rainbow Quest×サンデーサイレンス×イットウショウ
114-118(+1) 青毛
カリレイ用牝にRibotが入っていて、デインヒルに使えないので作っていた馬。逆にCaerleonはこの牝馬だと使えない。
本気でやるかどうかもわからないのに無駄にいい引きで、中長距離型ダンシングブレーヴから短距離型のDanzigまでTSLに届いているレベル。

[ダビスタ97の掲示板 第15回掲示板BC]
6戦(1.0.0.0.0.5)
2500mはBC勝利経験がある2頭。オパンチュは体質弱ながら今回も塩は乗っていたが、走る度に内容が悪くなっている。ロケットランチャーは堅実な馬だったがここでは初の二桁着順に惨敗。印もスピイレっぽかった。
ダ1000mでは2頭とも先行。ローンチタイトルがBC初勝利。父実績B非ニックス&低ニトロでの金星。
根性を活かせる展開になり、逃げ馬が最後に止まった所で鋭く伸びた。印も能力の割に(真性だが80-3.25耐え)付いていて状態も良かったか。デザートストームは見せ場無し。印を見ても状態が良くなさそうだった。
2200mではデビュー戦のフォルブレイズは最後力尽きて9着、ウサミミバンドも掲示板には届かず。
1勝できたのは良かったが、他の5頭は掲示板すら載れずに崩壊気味だった。
なお現時点で97のダートBCでは真性馬2頭出しをしていないが、今後マイナー方面の馬が増えたら、Cクラス(KSP84以上)かつ3耐え以上の真性馬2頭出しはしないって感じで条件を緩めるつもり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

現時点でのPS青毛メモなど

[ダビスタ生産・育成]
PS青毛カリレイ、カリバンは相変わらずイマイチ。
カリレイでは青毛以外で大台を育成したので、次は青毛で引き当てたいところだが、そもそも青毛のチェック対象(名前変え対象)が思うように出てこない。
繁殖作りの場合だと、馬体が重かろうがサブパラがぶっ壊れてようが、毛色と性別さえ合っていれば何でも名前変え対象になるので、やっぱり締めと比べれば楽なもんだと思った。
青毛カリレイ・カリバンはとりあえず一休みして他をやっとこう。

現時点で育成する可能性がある候補をとりあえずメモ。

Caerleon×バンブーアトラス×グルームダンサー×サンデー×イットウショウ
127(K92)/107(4.625耐え)/57/93/1/4 青毛
一応現時点でのPS97青毛最速馬も、根性がシャドーで健康が小柄丈夫も無しと微妙。

Caerleon×Rainbow Quest×タイト×サンデー×イットウショウ
127(K92)/101(3.875耐え)/99/67/0/4 青毛
一応現時点でのPS97青毛最速馬タイ。ド根性だが気性が賢い無し&健康が小柄丈夫無し、スタミナも微妙。

125(K90)/104(4.25耐え)/99/96/0/5 青毛↓と同一固定「ス」
122(K87)/110(5耐え)/99/96/0/5 青毛↑と同一固定「ザ」
サブパラ良好で合計値はそれぞれ424、427となかなかの物だが、スピードはそれなり。
今の時点で育成するとしたらこの固定からか。

なお一昔前に流行っていたっぽいSTニトロ削りに関しては、個人的にはあまり信じていないので、特に意味もなく削ろうとは思わない。
しかし今やっている青毛サンデーから繋いだ配合だと、青毛を出すためにSTニトロを犠牲にしているため、結果的に低くはなる(カリバンは母似スピードアップだと元々サンデーを使うので変わらない)。
もし引けたとしたら、STニトロ削りのおかげで引けたのではなく、STニトロが低くても引けたと思うのだろう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

774BC2015(PS・98・SS)3日目

6月27日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 SP126(K91)以下
(2R) 98 東京 D1600 (8)
OP戦 印ハンデ
(3R) 98 函館 D1700 (8)
OP戦 別定
父ダ適△(98は◎)は4kg減、父ダ適◎(98は△)は4kg増、父、母父ともにダ適◎(98は△)は8kg増
(4R) 98 阪神 2000 (10)
重賞 別定 SP133(K98)超、SP1毎に1kg増

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
今回から気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭までになります(印ハンデの2Rは1頭のみ)。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最大69kg、最小48kg
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
今回から無印だった場合の扱いを変更しました。
posted by ◆RifFE0aAlw at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

BC結果、PS版カリレイで大台4耐え

[sakimori98bc 2015 3rd]
15戦(1.2.2.2.0.8)
1Rはポップアーティストが根性を見せてBC初勝利。イレ込まずスムーズに走れたのも良かったか。デビュー戦だった2頭はライフスケイプが4着と合格点。
しかし下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって感じで、質より量の6頭出しだったので、下の方も4頭独占に(11頭立ての8〜11着)。デビュー戦だったPS生産馬ヘイミンプレイは10着。
2Rはデビュー戦のPS生産馬ハンマーブロスが4着とまずまず。ダグラスが早仕掛けで逆噴射して1Rに続きビリゲット。ただ予想していたよりも、内容的にスピード負けしていなかったのは好材料だった。
3Rはシングウジサクラが無印で2着、ロストワールドが3着。2列目から差し切られて力負けだった感じだが、印を考えれば健闘。ただここでもビリゲット。
4Rは無印だったタイムストッパーが積極策であわやの2着。今回のメンバーではスピード的に厳しいと思ったが、かなり上手く運べたとはいえ見せ場十分の好内容。右2フローせず印が付いただけのデイトナも3着で今後もやれそう。最後は差されたが2頭ともよく頑張った。もう1頭は見せ場なし。ビリは回避した。
全体的にはスピードや印の割に頑張ってくれた。掲示板外は15戦で8回もあったが、1Rを除けば4回なのを考えると悪くはない。
あとダビスタ98では3や96と比べると根性の重要度が明らかに下がっているが、それでも根性馬がハマった時はスピード値以上の切れ味がある。最後はやられた側だったが。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Caerleon×Rainbow Quest×タイト×サンデー×イットウショウ
大台(SP130、K95)の4耐え。母青毛だが鹿毛の父似だった。根性70台でスタミナもそれなりだが、代重ね馬では久々の育成対象。次回BCまでに育成する。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

BCに向けて市場馬3頭育成

[ダビスタ97の掲示板 第14回掲示板BC]
6戦(0.0.1.1.1.3)
2200mはハイダン2頭出し。直線いまいち伸びずハイメガビームが4着まで。ハデデス10着。
ダ1400mでは真性のマンドラーがそこそこ頑張ったが、前の競り合いには参加できず3着まで。8着ゾーナシーカーはPS97のBCではあまり結果を残せていない。
1800mでは逃げたガラスノツルギはバテていた感じではなかったが5着がやっと。エストポリスは見せ場無しで、まだ馬券対象になった事がない。
6頭中3頭が掲示板確保と一応のノルマは果たしたが、連に絡む事はできず単勝人気を上回る着順も無し。
前回は総合力が必要な条件ながら好成績だったが、今回は平凡な成績に終わった。
考えてみたらしばらく代重ね馬の新作を出せてない。

[ダビスタ生産・育成]
生産はあまり成果がなかった。BCに向けて市場馬を3頭育成した。
PS版は軽量馬ではあまり良いのを引けず、今回育成した2頭はどちらも大型馬。ただダートは一応こなせるので、98でしか使えないながらもその点ではつぶしが利く。
市場馬以外の条件も含めて、各レース2頭ずつ登録。
さらに追加するのかはまだ様子見だが、市場印ハンデの1Rは下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって感じで行く可能性があるかも。

ダビスタ98 ライフタテヤマ×コールミークイーン
118/80/34/45/0/3 晩成、気性初期値18
2戦気性11の逆フローバージョンはシャドーロール無し、逆フローしないバージョンはシャドーロールで根性68。

ダビスタPS エブロス×チャームクォーク
115/78/78/98/3/4、480kg
馬体重が重いので98専用。割とサブパラが揃っているタイプで、ダートは仮性-1。超早熟だがX月は6歳3月だった。

ダビスタPS ヘイルシャム×エミーナミーナ
119/74/21(60)/73/4/6、508kg
こちらも大型馬なので98専用。ダート仮性で丈夫だが、根性無しでスタミナも不安あり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

市場馬は何頭か育成予定、代重ねは物足りず

[ダビスタ生産・育成]
PSの市場馬生産では最初に欲張りすぎた&引きも悪すぎたが、その後は多少上向いて何頭かはキープできた。エブロス×チャームクォークでSP115(K80、馬体は重い)、ヘイルシャム×エミーナミーナでSP119(K84、ST1耐え以下で根性無し)が今のところの育成候補。
ただ現時点ではSPが110以上になるとSTは足りない感じ。
育成対象外だとハギノカムイオー×エンゼルエコーでSPダメダメ、ST115なんてのが出ていた。

98でも市場馬をチェックしていたが特に引けず。
ただ大昔にキープしていたライフタテヤマ×コールミークイーンのサブパラ崩壊系が、晩成で気性逆フロー可能なので使えそうなので育成予定。
118/80/34/45/0/3 気性初期値は18なので何とか逆フローは可能。ただ逆フローを狙うとシャドーロールがダメなのが悩みどころ(気性が悪いためブリンカーが優先されてしまう)。

育成対象がなぜか実績Cばかりだが、登場する種牡馬が実績AやBよりも数が多く、その分チェックする機会が多いってのもあるか。

PS代重ねではカリバン(母青毛)で50固定して大台無し、Sクラスも1頭だけだった(非青毛でスタミナ微妙)。
青毛ではSP127(K92)、4.625耐えと一応現時点でのPS97青毛最速馬を確保したが、根性がシャドーで健康が小柄丈夫も無しと微妙。
青毛はサブパラいまいちな固定でも一応やっているのだが、サブパラが悪かったら基礎が跳ねるかって言ったらそんなに上手くもいかない。
カリレイ(母青毛)もちょっとやって10固定目で青毛でSP127(K92)が出たが、ド根性だが気性が賢い無し&健康が小柄丈夫無し、スタミナも4耐え弱と厳しい。
どれも今育成するには物足りない感じで、次回のBCは現有戦力で臨む事になりそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

市場馬生産はまだパッとせず

[774BC2015(2・EX・3・96) 1日目]
23戦(3.4.3.6.4.3)
いったいどの程度集まるのか怪しい雰囲気もしたが、何とか形にはなって無事終了。
2・EX・3・96のBCは、今年は1回限りにする事も考えていたが、年内にまたやる可能性はあるかも知れない。PS・98・SSでは6月にやる事を検討中。

自分で出した馬の成績は23戦で3勝7連対。少頭数のレースが多かった割に勝率は低く、特に良い成績でもないが、あまり出走機会が無かった馬を数合わせで大量に出していて、決して質が高くなかったのを考えればそう悪くもないか。勝った3頭はいずれもBC初勝利。
現有戦力や育成する可能性があったストックに合わせたレースプログラムにすると言うホームアドバンテージもあったが、メインの4Rはそれが上手く嵌った形になった。今回がデビュー戦だった青毛牝馬ブルーオーブも、見せ場十分の3着に健闘した。
後になってから気が付いたが、イレ込んでいたのは全て自分で出した馬(1R1組のランシールは勝ったが)、出遅れたのも全て自分が出した馬、そして7レース全てで最下位を取っていたりした。

[ダビスタ生産・育成]
98でマル市限定戦がありそうなのを見越して、BC処理の前ぐらいから主にPS版でセリ市を漁っていたりしたのだが、どうもパッとしなかった。
条件が98の芝だったとしてもどうせならダート適性が高い方が他の条件でも使えて融通がきく、できれば仮性(ダ適4)で最低でも仮性一枚落ち(ダ適3)、PSでやってるのだから馬体も軽い方がいい、みたいな感じで欲張ったのとまだまだ数が足りていないのもあって、現状では98生産馬には遠く及ばず、最良産駒がSP108でスタコメ無しな惨状。
市場馬でも名前変えできるとは言え、やっぱり甘くはない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

2年ぶりのダビスタ3新作、長期放置していた青毛牝馬育成

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ3 マークオブディスティンクション×ダンチヒ×ミッドナイトアールティ
121/75/68/80/1、344C 牝 青毛

ダビスタ3のBC馬では2013年以来、2年ぶりの新作。生産自体はもうだいぶ昔だった。
ややスタミナ不足&ダートも特に上手くないので、育成するタイミングを逃していてかなり長期間放置していた青毛牝馬。
ダビスタ3の青毛BC馬初のSP120台。とは言っても、実はダビスタ3の青毛BC馬は2015年現在でも、まだ自分以外生産していないっぽいが。

一応ダビスタ2・EX・3・96のBCも登録受付中。4月25日午後10時締め切り。
BC登録用スレッド(ダビスタ2・EX・3・96) 2012〜
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/26862/1344646930/52-
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

BCでは好調だった

[ダビスタ97の掲示板駅伝BC]
16戦(3.3.2.2.3.3)
前半はダート適性がある馬を起用、後半は牝馬を起用した。
1区は真性馬のマンドラー。ここまでのBC成績は期待外れ。ダート向きの馬が多くなりそうと予想したものの見事に外れて、2戦目のダートでは早めに抜け出し最後失速して勝ち切れず3着。ただ芝でも1戦目2着など悪くない走りを見せて、BC初勝利はならなかったものの3位タイと十分合格点をやれる結果。
2区は青毛仮性のブルーブラッド。短距離が2つあったが、直線短い&ダート戦の距離が長いので逃げ。初戦が不良馬場になり前で競り合う形に持ち込んで勝利。そしてダートでも勝って連勝。最後こそ崩れたものかなりの活躍を見せて、ここで一気に首位に立った。芝では特に印が厚いわけではないがよく走っている。
3区はヘアバンド。今回は5歳バージョン。逃げだったので予想通り1戦目のマイルでは止まったが、中長距離で2着2回と頑張った。ダートは特に向いていなかったが4着とまずまず。今回もBC初勝利はならなかったが、区間2位タイの成績を残し、首位キープ。
4区はウサミミバンド。配合限界ながらここまでのBC成績は期待外れだったが、初戦でBC初勝利。その後は微妙な感じで、最後は良い条件だったハンデ戦でイレ込んだりもしたが、悪いなりに踏ん張って区間3位。何とか逃げ切って優勝。

中位以上に行ければって感じだったので、優勝できたのは自分でもびっくり。
何と言っても2区で1位だったのが大きかったが、他の区間でも堅実に走って、大崩れが少なかったのが良かった。ここまで実戦で期待外れだった馬が、きっちり結果を出せたのも今後に繋がりそう。
今回は8頭立てと比較的頭数が少なめだったが、多頭数戦で安定感を欠く傾向で苦手意識があるため、今後はそれが課題。

[sakimori98bc 2015 2nd]
10戦(2.1.2.1.0.4)
1Rは初代真性のニッテイクンが予想より重かったもののデビュー戦勝利。後から追加したダイアキュートも3着。デビュー戦の持込馬ストローラーは軽量でも、この流れで来るほどの力がなかった。
2Rはキングマーマンがしぶとく走りSS版生産馬では初勝利。先行だったが外から進出していい位置に付けた。他2頭も先行だったが、後方で見せ場無し。
3Rはリリアーノが最後にいい脚を使って3着。ユリウスが最後止まったが、無印ながら見せ場作る4着。
4Rは97の方でも出走したウサミミバンドが掛かり気味に先行も2着死守。相手が揃って左1以外無印だったのを考えれば大健闘。追込のデイジーは掲示板には届かず。
今回も合計2勝と思った以上に頑張ってくれた。

[ダビスタ生産・育成]
BCでは好調だったが、その勢いが生産の方には繋がらなかった。あまり進まず。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

今年度初更新、98では2012年夏以来の新作

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタ98で久々に育成対象。新作の育成は2012年夏以来。
ニッポーテイオー×ドリームトーク
116/94/62/57/5/5
初代の真性。非父似だが気性は悪い。サブパラはあまり良くないが育成。このSPSTなら初代真性としてはかなりのレベルだった(今では初代真性馬でもっと速いのも出ているが)。

そして育成する前にセリ市をチェックしていたら、ちょっと使えそうな持ち込みが1頭いた。
トロピュラー×スライトディジー
113/74/41(68)/72/4/7
スタミナの無さは気になるが、この父の産駒は少ないし、条件によっては行けそうなので育成。
この2頭はsakimori98bc 2015 2ndに参戦。
その後もセリ市(2歳馬・持込馬)で当たりが出ないか探していたが、特に何も出ず終了。

BCの出走は1Rと2Rは3頭、3Rと4Rは2頭に絞った。どちらかと言うと多頭数戦に弱い感じがするので、むやみに数を出さず慎重な使い方になった。

PS97の生産は特に収穫なし。4歳バージョンしか取っていなかった牝馬ヘアバンドを、5歳83戦まで積んだだけ。4歳バージョンと同じ騎士以外にも、滝登とペリエでもパスを取っといた。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

774BC2015(2・EX・3・96)1日目

需要があるのか怪しいが、とりあえず2・EX・3・96で1回やってみる事にした。

2015年1日目 4月25日午後10時締め切り予定

(1R) 96 京都 1400 (8)
OP戦 4歳
(2R) 96 阪神 D1400 (8)
OP戦 無制限
(3R) 96 福島 2000 (8)
OP戦 無制限
(4R) 96 中山 1800 (10)
重賞 牝馬 印ハンデ

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録はとりあえず1人4レース合計12頭まで(状況によって変更の可能性もあり)。
登録数が端数になった時などに、管理人枠がオーバーする可能性もあります。
1頭の馬を複数レースに登録する事はできません。
印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。
◎…7kg増、○…4kg増、▲…2kg増、△…増減無し、無…3kg減、最高69kg、最低48kg
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

ホームアドバンテージも特に無く&気性逆フロー2頭再育成

[774BC2015(PS・98・SS)2日目]
23戦(1.4.6.4.6.2)
自開催だったがわずか1勝のみと、ホームアドバンテージは特に感じられないような結果に。
特に序盤が全くの不振で、3レース目まで連対すらできず。
中盤以降は4レース連続で連対と持ち直したが、勝ち切るにはパワー不足だった感じで、勝ち星は3R2組の1つだけに終わった。
BCは年10回ぐらいは開催しようかなと思っていたりもしたが、たぶん5〜6回程度になりそう。

[ダビスタ生産・育成]
よく考えてみたら、98生産馬で去勢して気性79育成した馬は気性逆フロー可能なのが多かった。
気性11なら逆フロー可能→(レース間隔3ヶ月以上で)現在値23以下なら可能。早熟で限界33のアジアカップは初期値20で1戦1勝だったら行けるし、他の馬はもっと条件が楽。
なお見習い騎手でも、☆と▲の差は意外と大きいようだ(☆はどうやら気性7まで)。
でも逆フロー乱発するのも何なので、とりあえずは手持ちで一番速いアジアカップと、栃栗毛で配合限界(ニトロは低い)のカウンターアタックの2頭だけ再育成。

アジアカップを育成した時は、なぜか11月2週のダート新馬戦にビワハヤヒデが出てきた。他にも現実には早い時期にオープンや重賞を勝っているはずの馬が、秋の新馬戦に出てくる事が少なくなかったので、新馬戦に出てくるライバルの設定は案外いい加減なのかも…
このビワハヤヒデのおかげで1戦1勝人気100仕上げが出来た。初期人気83→ビワハヤヒデを2着に負かして100。ただ気性逆フロー可能な騎手が空いていなかったため不安定すぎたし、自分が勝った時にビワハヤヒデが3着以下に負ける事も多かったので、思い通りの結果になるまで相当やり直したが。
さらにダートで1戦しかできなかったため、重馬場適性◎にはできなかった。もっとも気性逆フロー馬はPS・SSだと全く使い物にならないので、重馬場のBCに出す機会は無いが。
カウンターアタック(遅普通、限界値20初期値9)の育成は3戦できたので特に問題なく終了(▲騎手だと5戦可能。去勢して限界値22以上にした場合は7戦まで可能)。

もしかしたら逆フロー可能な馬を実は結構捨ててたかも知れない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

モバイル ユーザビリティがうんたら、他

「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」なんてメールがGoogleウェブマスターツールから来ていたので修正作業をしていたが、メタタグを入れただけでは対応が不可能っぽいページは諦めた(ダビスタ生産馬等の、tableタグを使用している大きめの表があるページはほぼ駄目)。
もっともテーブルタグを使っている時点で小さい画面でのアクセスを想定していないので、今更対応しようとする自体無理があったが。それに「携帯電話などの小さい画面には最適化されていない」などと自分で書いていた事自体を忘れていた。

ダビスタ関連は最近なかなか順調には進まず。生産も停滞気味。
3月14日締め切り予定のBCも、一時は延期する事を考えたほどだった。
ダビスタ2・EX・3・96のBCは最近無いけど、まだ自分で開催するほど気力がない。
あとダビスタ96関係のしたらば掲示板で、2箇所アクセスできなくなっていた事を確認。復活の可能性はあるのだろうか…

[ダビスタ97の掲示板 第12回掲示板BC]
6戦(1.0.0.1.0.4)
中山ダ2400mでは慎重に行ったのが完全に裏目。2頭とも満を持しての初ダートだったが、掲示板にすら来ず苦い内容に。
PS97のダート戦は、SFCと比べて抜け出すとかなり逆噴射しやすいイメージがあるが、この距離だと逆噴射を怖がらずに、積極策で行く方が良かったか。
京都芝1400mではヘアバンドがそこそこ健闘したが4着まで。もう1頭は見せ場無し。
大井ダ2000mではブルーブラッドが先行脚質の割に積極的なレースで、引っかかったのか意図的に前に行ったのかよくわからなかったが、結果的に良い位置に付け、直線も併せる形になってバテずに叩き合いを制して勝利。よく頑張ったが、恵まれた感じもした。
ただ真性の凶悪馬ではなくても、流れ次第で十分勝ち負けになる事は示せたのでほっとした。仮性でバランスも取れているが抜きん出た部分もなく、青毛なのが最大の特徴って感じの馬だし。
ダート戦は芝よりも実力通りに決まりにくいイメージがあるので、今後も真性ばかりにこだわらず仮性やそれ以下も出していくつもり。
もう1頭ローンチタイトルは見せ場無しで、新バージョンを出したつもりが間違えていた上に、結果も良くないと散々だった。
6頭出走して5頭が馬券対象外、4頭が掲示板外、3頭が二桁着順とかなりの不安定さだったが、最後の勝利で救われた。
次回は駅伝BCか?現状ではお世辞にも安定感がある成績とは言えないだけに、総合力を問われる流れになると苦戦しそうだが、果たして。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

ダビスタ98セルフBC 249〜254R

[ダビスタ98セルフBC 249R] 阪神2200 SP128以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

最近は生産があまり進まず

最近は調子がいまいちであまり気分が乗らなかったし、データの整理でも予想外に時間がかかったりした。
生産の方はPS97の青毛カリバン・カリレイあたりを進めようと思っていたが、あまり数をこなせていない。
96の生産からは遠ざかっているが、誰とも被らないような所を考え中(考えてるだけで実行するかは微妙)。

[ダビスタ97の掲示板 第11回掲示板BC]
4戦(0.1.0.0.1.1)
Feb.BC1200mでは、PS97初出走のデザートストームが9人気で掲示板確保の5着。426kgバージョンでそこそこの結果を残して今後にメドが立った。
同じくPS97初出走で初代真性馬デュアルブートは人気よりは上に来たものの、ちょっと足りない結果。
Feb.BC1600mでは、こちらもPS97初出走のハデデスが画面外の叩き合いで競り負けて2着。しかしブリンカー、シャドーロール両方装着のセン馬で連対だったら大健闘。
もう1頭のステテコパンツはスタミナ切れ。PS97だと直線の短いコースでしか走れなさそうで、今後走らせる機会があるのか微妙。基本的にはSFC98のSP制限戦向きか。
前回第10回では大敗が目立ったが、今回は二桁着順が無しとある程度持ち直した。
あと現時点では、97のダート戦で真性馬2頭出しをしない方針。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

774BC2015(PS・98・SS)2日目

自信がないから宣伝しに行きませんって感じでひっそりと。登録は掲示板のスレッドで。
印ハンデは登録締め切りまで登録馬がわからない方が、スリリングかも知れないと思ったりもしたが、面倒だし前回と同じように。

3月14日午後10時締め切り予定

(1R) 98 阪神 2200 (8)
OP戦 SP128(K93)以下
(2R) 98 阪神 D1800 (8)
OP戦 無制限
(3R) 98 京都 1600 (8)
OP戦 別定 SP133(K98)超、SP1毎に1kg増(SP139だと+6kg)
(4R) 98 東京 3200 (10)
重賞 印ハンデ

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録はとりあえず1人4レース合計16頭まで。管理人枠はオーバーする可能性もあります。
1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し、無…3kg減、最大69kg、最小48kg
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

PS97で初代真性育成、BC結果など

10日以上間隔が開いた。もたついている間に世の中はいろいろな事があった。ステイゴールドの急死、デムーロ(兄)やルメールがJRA騎手試験合格、その他いろいろ…
あと3月中旬頃にBCを開催する可能性あり(まだ未定)

[ダビスタ生産・育成]
デュラブ×ミアモーレ 112(K77)/90(2.5耐え)/71/7/5/5、424kg
初代の真性ダート馬。気性7のままの逆フローバージョン(美浦入厩)と、去勢バージョン(森山)の2パターン育成。それぞれ別厩舎での育成のため、別バージョン育成時は3歳1月からやり直した。

まずは98BC用に気性7のままの逆フローバージョンを育成。
PS97だと気性逆フローしないため、超気性難の馬での4歳48戦積みは大変だった。
超絶になりやすいとは言え、イレ込みまくって直線でバテてしまう事が多い。おまけにスピイレ率も高い。そのためゲーム内のレースですら頻繁に負ける。
超気性難の馬は以前にも1頭育成した経験はあるが、当時の育成馬(ハデデス)はスタミナが5耐えあったためか、今回と比べたら取りこぼすシーンは確実に少なかった。
あと真性ダート馬のくせに、ダートでかなり苦戦していた。これも気性難によるスタミナ切れで踏ん張れないせいか。
その後去勢バージョンを育成。3敗してブリンカーを付けたので、逆フローバージョンよりは格段に楽だった。色々あったため仕上げに時間はかかったが。
ただ栗東の森山入厩の場合、遠征してまで朝日杯には使うのはやめといた方がいい。うっかりそれをやってしまい、5月4週に斤量が80kgに到達してしまった(3歳12月からやり直すのも面倒だったのでそのまま進めた)。それでも4歳46戦43勝までは積めたが、ちょっと勿体無かったか。
あとPS97のダート戦では、SFC時代以上に実力通りに決まらず荒れる事が多くなった印象がある。BCレベルではなくゲーム内のレースですら、真性馬でも意外とよく負ける(勿論ダ適が低い馬だともっと負けるのだが)。

[sakimori98bc 2015 1st]
6戦(2.1.2.1.0.0)
1RグループAはゴールドブレンドが大外から伸びた。展開もハマった感じだが幸先の良い勝利。全く期待していなかったグループBのインドジンヲミギニも、無印ながら合格点の3着。
2RグループAのテーブルマウンテンは位置取り良く自分のレースはできていたが、力及ばず4着。
グループBのPS97生産馬で逆フロー真性のデュアルブートがデビュー戦勝利。次走は97での出走になるので去勢バージョン。
3RグループAの2頭はそれぞれ弱点があるのでどうかと思ったが、思った以上に印が付いた。スタミナがやや足りないリルルが2着、スピードがやや足りず21世紀枠ってつもりだったクローディアも逃げて3着と崩れず走った。
実力的に多くを期待するのは厳しいかとも思ったが、6戦2勝、最下位無しと好成績だった。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ダビスタ98セルフBC 245〜248R

[ダビスタ98セルフBC 245R] 札幌1500 初代SP114以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

初代真性配合生産など

[ダビスタ生産・育成]
PS97では代重ね生産は一休みして、98の初代BCに向けて初代の真性配合生産。
ダビマガVol.11のきらめき牧場にミアモーレがいるが、リース種牡馬などの面で中途半端だったので、アイマイミーマイン(モガミ産駒の初期牝馬で高ニトロ)がいるVol.12のチャンス牧場(ブックフル無し、海外種牡馬全有り)を使用。セリ市でミアモーレとスノーモービルを購入して準備完了。思った以上にミアモーレが出てこなかった。

98での逆フロー狙い&こんなの誰もやらないだろう的な意味で、父・母父とも気性C、多重クロス、ダート◎重ね、同系配合のデュラブ×ミアモーレを中心にやっていたのだが、最初のうちは全く予想もしていなかったほど真性が出なかった。一応は出る事が確認できただけでも良しとしなければ、と思ってしまったほど酷い有様。試しに重くてサブパラも悪いやつを名前変えしてみたものの、使えそうなレベルには程遠かった。
初代真性配合だと98では高額牝馬・高ニトロ牝馬がいないので(ドリームトークとかロンドンステップ程度の中堅以下牝馬しか使えない)、PS97の方が有利かもしれないと思ったりもしたが…。

ただ、その後生産数を増やすと普通に真性が出てくるようになった。最初のうちはありえないほど引きが悪かった。
そして何とか使えそうなのが来た。112(K77)/90(2.5耐え)/71/7/5/5、424kg
小柄丈夫の真性。気性は去勢・逆フローともに可能。スタミナも配合を考えれば結構いい感じで、(00年代に生産された)98の初代真性の強豪にひけを取らない所までは行った。

そして久々に98の生産もやった(初代の真性配合)。ドリームトークは元々確保していたが、さらにロンドンステップも購入。
アウトブリードだけでなく、ドリームトークでは逆フロー狙いでナスルーラクロスのタマモクロス、パドスールを付けたりしたが駄目だった。
SP・STの乗りは母の能力を考えれば乗ってる。PS97と98の仕様の差もあって、PS97の母ミアモーレにも勝ってるぐらい。しかし、ダ適が揃ったのを出そうとすると…甘くない。あとタマモ×ドリームトークは結局先を越されてしまったので、今回は諦めた。

[ダビスタ97の掲示板 第10回掲示板BC]
6戦(0.1.0.1.0.4)
東京ダート1600ではブルーブラッドがハナ差及ばずも、青毛・仮性で連対と見せ場十分。
しかしローンチタイトルはRelaunch産駒で佐藤◎を取るも、うまく馬群を捌けず大敗して結果には繋がらず。
ロンシャンでは両馬二桁着順の大敗。デビュー戦のウサミミバンドはイレ込みで終了。
ハイメガビームは塩が乗らず直線も根性見せず。前走4歳バージョンで勝ったので、ゲン担ぎで再び4歳バージョンを使ったが無意味だった。
東京芝1400ではオーダインが二桁人気の割に頑張って4着。ガラスノツルギは根性とスタミナを発揮せず9着。
頑張った馬もいたものの、6頭平均着順が9.167の大敗。
98では長距離戦にやや苦手意識があったが、PS97でも現時点では長めの距離での成績はあまり良くなく、苦手分野になってしまいそうな雰囲気。
posted by ◆RifFE0aAlw at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする