2015年08月11日

BC回顧など、そろそろ3・96の生産もやる予定

[ダビスタ97の掲示板 第17回掲示板BC]
6戦(0.2.0.0.0.4)
小倉芝2000はCaerleon産駒の2頭出し。97では初出走の青毛馬ブルートレイン、初芝だったカバーアートともにバテてはいないが伸びもなく。ブルートレインは隠れ騎手を乗せていたが、正直言ってあまり上手ではなかった。
新潟ダ1000はデュラブ産駒の2頭出し。初代の真性馬デュアルブートが2着で、それほど期待していなかったが健闘。97では初出走のデューは印の時点で駄目だった。レース運びは悪くなかったが…
小倉芝1000はウサミミバンドが僅差の2着。よく頑張ったものの、競り合う形になるとスタミナと根性が劣る分、最後に差し返された。エストポリスは見せ場無しで、BCでは苦戦が続く。

連に絡んだ2頭はよく頑張ったが、4頭が掲示板にも載れず。
あと逃げ馬が有利とは言い切れない条件でも、スピードそこそこでスタミナや根性が比較的優れている馬はしぶとい(自分は負けた側だが)。そんなタイプだと早く抜け出して止まる展開にはなりにくいし。

[774BC2015(2・EX・3・96)2日目]
23戦(3.4.3.5.3.5)
1Rは無制限で通用しない馬を使える条件で、次回同じ条件をやる可能もかなり低いので大量投入。
2組のグラドリエルと3組のマザーファッカーが勝利。ともにBCでは初勝利。
3組ではビリとブービーの逆ワンツーにもなった。
2Rは2組のナイトブレードがBC初勝利。3Rと4Rは最高でも2着まで。4Rのファステストワンは期待以上の走りだった。

前回開催の登録馬が合計40頭とは言っても、自分で出した馬が半数を超えていて、今回もどの程度集まるのかわからなかったが、フタを開けてみれば予想以上に集まって合計60頭に到達した。
(ソフトにセーブできる数が60頭なのでそれを上限にしている。もっと増やしても行けそうな気がしたが、この辺で止めておくのがきりがいい)

一週間前のPS・98・SSのBCでは合計9レース処理で、これがその時点では自己最多の処理数だったが、今回はさらに多い10レース処理になった。
処理内容が必要最低限レベルでそれほど凝っていない分、これぐらいレース数が増えても何とかなっている。動画のエンコード時間がレース数に比例して長くなるぐらいか。
動画の処理では新たに音声や字幕を入れるわけではなく、特に凝った部分もなく複数レースを繋げているのみ。エミュレータ処理ながら画面比率が4:3になっているものの、これは98のBCを処理する際に画面解像度が違うPS版・SS版のレースと繋げる可能性がある事も考えて、画面比率を共通化した事に伴うもの。静止画の処理も出馬表の左右を繋げているぐらい。

今回の開催では意外なことに、イレ込み馬が2勝していた(3R2組と4R決勝)。
イレ込んでいても、複数頭で競り合う形になるとスタミナ切れしにくい。なおここで2着に負けた馬は…どちらも自分で出した馬だった。
さらに4R予選はイレ込み馬が全馬決勝に進出もしていた。
そのうち1頭は決勝でも再びイレ込み、そしてビリケツになったが…これも自分で出した馬だった。

次回はまだ未定だが、早ければ9月か10月にでもできれば。
ただ今回思った以上に人数が集まったので、他にも誰かやってくれないかなと他力本願な事もちょっと考えたり。

[ダビスタ生産・育成]
PS版ではこれといって成果はなかった。3・96の生産もそろそろやる予定。
しばらく前にPS版でとある条件の生産をやっていた時に、(少なくとも自分の知っている範囲内では)3・96でその条件に該当するBC馬が1頭も存在していない事がわかったので、これは狙い目かも知れないと思った。能力的にはさほど高いのが望めるわけではなく、むしろかなり苦しそうだが…
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

PSデュラブ真性、BC結果・予定など

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS デュラブ×ブライアンズタイム×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×イットウショウ
122(K87)/111(5.125耐え)/40(68)/84/5/6、385、426kg
根性はシャドーロールだったが、他は十分に合格点をやれる能力。
父栗毛×母青毛なので栃栗毛が出る可能性もある配合だったが、鹿毛だった。
栃栗毛は真性の名前変え対象が出ず、仮性ならいたがしょぼかった。

PS97のデュラブは、ブライアンズタイムやモガミと比べるとBC馬が少なく、マイナーと言うほどでもないがメジャーにもなりきれない感じだが、ある程度は行ける種牡馬。
(真性配合だと)面白になりやすそうに見えて案外そうでもなかったり、SEも弱かったりはするが。

オグリキャップ×グランドオペラも同時進行していたが、こちらは育成対象なし。
SEに関しては強力な配合だが(父似Native Dancer、母似Nijinsky)、実績Bで非ニックスだとなかなか厳しい。ニトロも決して高くはない。勝負根性を除けばRelaunchよりはいい条件だが…
なおオグリキャップはSS版では実績がCに下がった。グランドオペラはSS版では消えた。そしてダビスタ98ではダ適反転のため真性は狙えない。なのでPS97でこそやる意味がある配合。

[774BC2015(PS・98・SS)4日目]
25戦(3.4.4.6.4.4)
1Rは18頭中8頭出して3組全て未連対。勝てていない事は処理中からわかっていたが、よく見てみたら連対すらなかった。実験的に斤量が軽くなるのを出したりもしたが、いい結果には繋がらなかった。
2Rも1組は未連対だったが2組で初勝利で、デビュー戦だった真性馬デューも1人気で2着と合格点。
3Rは1組でデビュー戦の青毛馬ビッグブルーが快勝、2組は97BCでサッパリだったフォルブレイズが僅差の2着と初めて好走。
4Rは位置取りと展開にも恵まれてセレクトボタンが勝利、4kg減のデススマイルズが2着。
5RはPS馬ウサミミバンドが健闘するも3着まで。98馬の2頭は着外に消えた。
序盤悪すぎたのは誤算だったが、2R2組以降は持ち直していて新戦力も健闘していた。ただ最後は力負けだった感じ。あと4Rと5Rはさらに追加登録するつもりだったが、迷っているうちに結局やめた。

[次回以降のBC予定]
PS・98・SSは早くても9月以降だが、まだ未定。

2・EX・3・96は今回の登録状況を見て、次回を年内にするか年明け以降にするか決めるつもりだったが、締め切り前の今の時点でも自分の中で設定していたラインをクリアしているので、次回は年内にする予定。
2・EX・3・96ではしばらくBC馬生産をしていないのもあって、新戦力の投入は無し。これから追加登録するのは既存の馬で。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

ダビスタ98セルフBC 261〜268R

[ダビスタ98セルフBC 261R] 福島 1200 SP118以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

ダビスタ96セルフBC 154〜157R

[ダビスタ96セルフBC 154R] 函館 D1700 根性85以下
続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ2・3・96セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

PS版で426kgを超えた馬の加速力を検証のつもり…も割とグダグダだった

ベスト446kg、健康が5と悪くないデザートストームの育成前データがあったので、ベスト馬体重の446kgの他に、438〜426kgと、さらに424kgの合計9パターンを馬体重別に名前を変えてパスを取った。

馬体重別サンプル馬のパス。
調教だけでほぼ能力を仕上げた後に放牧→再入厩時に名前変更して1戦だけしてパスを取った。
なお騎手は同一ランクの違う騎手にしている。乗り替わると騎手のランクがズレるため(小田部が乗ってしまうなど)
ベスト馬体重時の能力 125(K90)/100(3.75耐え)/95/98/4/5

ヨンヨンロク 446kg(ベスト馬体重) ST100
るあばふさ けもよむど みもひわせ けたやびげ
ざちだんす ざがくめし ざてふえべ

ヨンサンハチ 438kg ST96
そどぽぱり ぶさゆぱさ むせひぱぐ つのぞへぎ
だつがぺし ねしぱもみ しほめさろ

ヨンサンロク 436kg ST94
だうどいそ ねめがぐく りぽでぐげ ちばぶぐぱ
にるみえぼ やにぽんだ そりせべぞ

ヨンサンヨン 434kg ST92
めほわるも りちんけく ねそめえい ぬそればち
へそはぼだ おひにきぼ いなるぽも

ヨンサンニ 432kg ST90
なやくむら どうぬごな ほかたべも こえたつみ
おやたまさ すちでけし さふよらあ

ヨンサンゼロ 430kg ST88
らへあせひ けぐびごひ どいぽぱひ ぶほよあそ
べんほばす ざしひふぼ ぜざつげぐ

ヨンニハチ 428kg ST86
ぐゆみなろ ぞぽみびた ごぜみぞる にぐふだけ
るでぬんえ ぶぜざぱぼ こぺつくや

ヨンニロク 426kg ST84
りばぼどだ いざしんだ せけさてだ しおそぼよ
みへおめく えぶすてあ ぎぐかがせ

ヨンニヨン 424kg ST82
びみつぎん びすむまげ ろせどむも うなびぽん
がさきいあ たとゆげべ びかふせて

ちょっと前に、426kgの馬と428kg以上の別の馬を2頭だけで走らせた時は(2頭以外は最弱馬で穴埋め)、428kgでも436kgでも加速力が大して変わらなかった気がしたのだが、今回428kgと436kgを走らせてみたら差を感じた。
ただレース回数を重ねていくと、8kg差どころか2kg差でさえ1馬身弱の差が付く事が多かったため、ここで急遽424kgバージョンも追加。これなら426kgと同等の加速力のはず…
なのだが、実際に走らせてみると直線で1馬身弱の差が付く事がほどんど。
ただ424kgの方が早い時と、426kgの方が早い時が同程度の回数だった感じなので、これはやっぱり同等の加速力なのだろう。

この辺で結構グダグダになってきていたので終わろうと思ったが、その後にサンプル馬よりSPがやや低い重量級逃げ馬を、サンプル馬を挟む形で入れて走らせるようにした(例えば1番最弱、2番と5番に比較したいサンプル、3番と4番に重量級逃げ馬)。
これは結構な効果があったようで、加速力の差が縮まった。424kgと426kgの加速力の差はほとんどないし、426を超えた馬の2kg違いや4kg違いでも小さな差しか付かなくなった。

いろいろやってみた感じだと、8kg毎とか10kg毎に加速力が変わるわけではなく、426kgを超えたら2kg違いでも加速力の差がありそうな感じだった。
ただ2kgや4kgだとそこまで大きな差があったわけでもなく、短距離やダートのような前がつぶれやすい条件なら434kgや436kgでも許容範囲内かも。

なお9頭のサンプル馬を同時に走らせた場合、大抵1〜2頭は状態の悪い馬(明らかにスピードを発揮していない)が出ていた。丈夫コメントが出るレベルならもう少しマシかも知れないが。

2015年07月21日

PS版で父実績Cの繁殖作りなど

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPSの締め生産では、どうもノッていけない感じだった。PS97の青毛最速&合計値は馬体重が460kgだし。
連休前からは実績Cのアーティアスやニチドウアラシでの繁殖作りに切り替えた。

アーティアス×タイトスポット×サンデーサイレンス×イットウショウ
108(K73)-105 4.375耐え 青毛
4固定目であっさり出た。母父タイトのためRibotとLyphardが含まれていて、デインヒルにもダンブレにも使えないのだが(数値的には届いている)、それ以外は結構いろいろできそう。

ニチドウアラシ×タイトスポット×サンデーサイレンス×イットウショウ
92(K57)-117(-1) 5.875耐え 栃栗毛
2固定目で母父Caerleonの88-113(-1)は超えたが、その後も続行したら8固定目で出た。グリデザでもST基準値89、Danzigで99。

アーティアス×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×イットウショウ
84(K49)-112 5.25耐え 青毛
9固定目。スタミナ型。スピードは平凡だがデインヒルには届いていて、実績B非ニックスなら中距離型までいける。

119(K84)-85 1.875耐え 青毛
17固定目。スピード型。スタミナはやや劣るがダンブレに届いている。バンブービギンなどにも。デインヒルには届いていない。短距離型以外ならこっちの方が良さそう。

ニックスの有無で手応えに結構な差があって、非ニックスのアーティアス牝はかなり手応えが悪かったが、それでもバンダン用TSL牝馬よりは少ない固定数で目標に届いた(ただし青毛縛りの分固定は若干拾いにくい。まあ締めで青毛固定を拾うのよりはずいぶんと楽だが)。
非ニックスのアーティアス牝でダンブレとデイン両方に届かせるのは非常に厳しいと思うが、どちらか片方だけなら案外何とかなる感じがした。

あと馬体重460kgの馬を426kgまで削るとスタミナがやばいので、426kgより一段階下のダッシュ力がどこまでなのか調べようとしたが、意外と難航した。
426kgと428kgでは明らかに差があるのは周知の事実だが、436kgと438kgも差を感じたので、428kgと436kgがたぶん同じぐらいな気がするが、調べた時に426kgの馬とそれより重い馬が別馬(SP馬齢性別は同じ)なので精度が微妙。肝心な時にスピイレや超絶などが発生して狂う事も少なくなかったし。
ベスト446kg、健康が5と悪くないデザートストームの育成前データがあるので、これから馬体重別に名前を変えてパス取ってみるかも知れない。

追記
結局馬体重別にパス取った。そして明らかに差があると思った部分はどうやら錯覚だったっぽい。2kg差だったら差は小さいようだ
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

レイマル青毛Sクラスも、しかし…

[ダビスタ97の掲示板 第16回掲示板BC]
6戦(0.0.1.1.0.4)
福島芝1000ではのワールドミックスが4着と、スピードがやや低いのを考えればまずまずの走り。
PS97では初出走のアンフィニッシュトは6着で掲示板に載れず。内容はそこまで悪くもないが物足りない結果。
中京ダ1000ではデビュー戦のマンゲキョウが、直線伸びて先行馬では最先着の3着に健闘。父実績C(グレートローマン)の非ニックスで、SPとダ適(真性)以外は大した事がないが、十分に可能性を感じる内容だった。なおスタミナが不足気味なので、もし逃げていたら間違いなく潰れていた。
PS97では初出走のカバーアートは9着。直線さほど伸びず、ある程度頭数が揃うと仮性一枚落ちでは相当恵まれないと厳しかったか。スタミナは割とあったが最後は失速気味。
函館芝1000は2頭とも見せ場無し。2戦目のフォルブレイズは実戦では全くの期待外れ。

6頭中2頭は頑張ったが、掲示板に載れなかった4頭は全て単勝人気を下回る着順だった。
97BCでは一応の目標を半数(6頭中3頭)以上は掲示板確保、1頭以上は馬券対象にしているのだが、掲示板率に関しては前回に続き未達成。特に芝のレースでの不振が目立つ。
なおダート戦の上位は逃げ馬が多かったが、個人的にはPS97でダート短距離に逃げ有利な印象はあまり無い。ただ直線が短く坂もないコースだとある程度残りやすいとは思う。さらに少頭数より多頭数の方が前が残りやすい印象。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Rainbow Quest×マルゼンスキー×サンデーサイレンス×イットウショウ
128(K93)/103(4.125耐え)/99/98/2、青毛
レイマル青毛で根性気性抜群のスピードSクラス、スタミナも及第点、PS97の青毛馬では自己最速記録更新。しかし…馬体重が460kg。根性と気性がやけに良い青毛が出たので試しに名前変えしてみたら、なぜかスピードが乗ったのが微妙。軽い時に乗れよ。しかも父健康Aの割に3とさほど良くないので、なおさら微妙に…
一応これから育成予定だが、これで馬体を426kgまで削ると実質0耐え台になってしまうので、ほぼ98専用になりそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

774BC2015(2・EX・3・96)2日目

2015年2日目 8月8日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 96 函館 D1700 (8)
OP戦 根性85以下
(2R) 96 札幌 1500 (8)
OP戦 父実績C or 初代配合 or 96非面白
(3R) 96 小倉 D1700 (8)
OP戦 別定
父ダ適△は4kg減、父ダ適◎は4kg増、父、母父ともにダ適◎は8kg増
(4R) 96 新潟 1000 (10)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録する事はできません。
締め切りギリギリに大量の登録があった場合、パス入力・確認に
時間がかかるため、処理が遅れる可能性もあります。
posted by ◆RifFE0aAlw at 09:54| Comment(3) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

774BC2015(PS・98・SS)4日目

8月1日午後10時締め切り予定
なお、1〜4レースの合計登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 福島 1200 (8)
OP戦 別定 SP118(K83)以下 SP2下がる毎に1kg減(最小48kg)
(2R) 98 中京 D1700 (8)
OP戦 無制限
(3R) 98 函館 1800 (8)
OP戦 SP130(K95)以下
(4R) 98 新潟 D1700 (10)
重賞 別定
父ダ適△(98は◎)は4kg減、父ダ適◎(98は△)は4kg増、父、母父ともにダ適◎(98は△)は8kg増
(5R) PS アーリントン 2000 (16)
重賞 無制限

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rと5Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭までになります。

2・EX・3・96に関しても検討中
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

勝手にフロー馬計画の続き

元々PS版生産馬の登録もあったし、自分の生産馬で勝手に続きをやってみた。
SS版生産馬は98のBCでは血統表示がバグるため、口取り画面はSS版BCのもの。

Green Deset
デザートストーム 125(K90)-3.75
flow Green Desert1.pngflow Green Desert2.png

Highest Honor
ハイメガビーム 127(K92)-5.25
flow Highest Honor1.pngflow Highest Honor2.png

Linamix
シャブリン 117(K82)-5.125
flow Linamix1.pngflow Linamix2.png

Relaunch
ロケットランチャー 121(K86)-4.375
flow Relaunch1.pngflow Relaunch2.png

Woodman
マンドラー 123(K88)-4.125
flow Woodman1.pngflow Woodman2.png

Kingmambo
キングマーマン 129(K94)-5.125
flow Kingmambo1.pngdsss002.png

Salse
サルスベリ 131(K96)-4.0
flow Salse1.pngdsss001.png

海外種牡馬には実績Cがいないので、これは何とかなりそう
SS版新種牡馬の実績Cはたぶん無理
2016-03-20 スターオブコジーンからは実績C非ニックスでも右2フローが出た。でも全種牡馬やるのは多分無理
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

PS版グレートローマン生産など

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPSで生産再開後まだ手を付けてなかった、グレートローマン×Woodman×Caerleon×イットウショウを生産。今回は母栃栗毛。
数年前にやった時は、面白でも根性はあまりよくない&非ニックスで手応えが悪く、かなり厳しかったが、今回再開してからも酷い手応えだった。実績Cで非ニックスは厳しい。
スピード大台やSクラスには届かず、それどころか125(K90)もほとんど出てこない有様。スタミナもひどい。どうでもいい時に117が出た事は確認したが。
せっかく真性でサブパラがいい固定が出たと思ったら、スピードが伸びなかったりスタミナがコメントすら無しだったりした。あと栃栗毛で良さそうなのも出なかった。

それでも何とか使えそうな真性牝馬は確保。次のBCが短距離戦なので条件にも合う。
121(K86)/79(1.125耐え)/51(68)/78/5/4、超早熟、X月5歳
落ち着きコメントは出たが、もし超晩成だったらブリンカーが付くレベルだし、父健康Aのくせに小柄丈夫すら出ていない。根性もシャドーロールが付くし、サブパラは特に良くはない。

この他は仮性でサブパラが割と揃って、スピードがそこそこある馬はスタミナが1耐え前後で、SP+STが何とか200に届いた程度って感じだった。
あと唯一出たSP125産駒は2耐えあったが、サブパラが根性気性ともに70台の微妙な固定だった。

PSグレートローマン生産は真性を出すって目的があったので、非ニックスの配合をやっていたが、真性目的じゃなかったら非面白でもニックスがあった方が良いと思う。グレートローマンの場合だとSPニトロが変わらないし。
実績C生産ではニチドウアラシの繁殖作りで、ニックス有りと非ニックスの両方をやった事があるが、ニックス有りの方がマシな手応えだった(SPニトロや母の能力は、非ニックスの方が上だった)。

[774BC2015(PS・98・SS) 3日目]
21戦(3.3.4.4.5.2)
最初の1R1組でアサヒナユウコが勝ち、24戦目でようやく初勝利。
2R1組では持込馬のストローラーが勝利。軽量で条件や展開にも恵まれたが、最後に差し返した。
3R1組は市場馬のハンマーブロスが勝利。スピード低めの仮性-1で軽量でもなかったが、4角2列目で勝てたのは驚き。他馬があまり伸びず、やはり恵まれた面はあったが。
デビュー戦だった3頭は、1R1組のブルートレインは塩が乗らず、2組のアンフィニッシュトはイレ込みだったが、ともに大崩れせず3着とまずまず。3R2組のカバーアートは2列目から差を詰めたが前を交わすことはできず5着に終わった。
1日目は16戦2勝、2日目は23戦でわずか1勝だったがそこからは持ち直した。

次回開催はまだ未定だが、夏のうちにやろうとは思っている。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

PS97で3頭育成&初の隠れ騎手起用、さらに育成候補1頭

[ダビスタ生産・育成]
PS97で3頭育成。

Unbridled×ニチドウアラシ×Caerleon×マノンレスコ
124(K89)/110(5耐え)/90/77/3/6
4固定目で爆発。気性は早熟型で落ち着きコメ無しだが、スタミナが意外とあるしなかなかのバランス。
SP124(K89)以下のBクラス馬の層がやや薄かったので、その点でもいい補強ができた(実戦で活躍してくれるかどうかはまだ何とも言えないが)。
母は栃栗毛だが普通に鹿毛だった(父似)。

Caerleon×バンブーアトラス×グルームダンサー×サンデーサイレンス×イットウショウ
127(K92)/114(5.5耐え)/68/94/3/6、403
カリバンとしては微妙なレベルだが、スタミナが割とあってダートもそこそこ走れそうなタイプ。
自分で開催するBCの条件にも合っていたので育成。
母は青毛だが普通に鹿毛だった(非父似)。
超早熟X月4歳7月のシャドー馬なので4歳バージョンのみ。
6月末までで35戦34勝積んだが、もう1〜2戦多く積む事は可能だったと思う(3歳時デイリー杯に遠征した分通常より1勝多いが、さらにシンザン記念や金鯱賞を使っても、BC登録までに馬体を戻せたかも知れない)。

Caerleon×Rainbow Quest×タイトスポット×サンデーサイレンス×イットウショウ
125(K90)/104(4.25耐え)/99/96/0/5、424
青毛。現時点で青毛馬では合計値トップ。同一固定でK87-5耐えもいたがこちらは未育成。
晩成型でダート適性もない面倒そうなタイプだったし、ここで思い切って隠れ騎手を乗せてみようと思ったが、やり方が最初よくわからなかった。
おまかせチェックを入れておかないと、1つのレースで同じ騎手を重複しての登録ができなかった。
重複した騎手を乗せたダミー馬は、隠れ騎手を乗せたい馬より人気が高い必要がある(選択した騎手は人気が高い方に乗るため)
そしてその他のダミー馬で、選択可能な騎手を全て使い切る必要もある(選択可能な騎手が残っているとそっちが優先されるため)。
初めての隠れ騎手はダビスタ3では選択可能だった糸井騎手が乗った。
選択可能な上中位の騎手と比べると、正直言ってあんまり上手くない感じはするが、とりあえずこれで行くつもり。2、3戦連続で掲示板外に負けたりしたら別バージョンを取る事も考えるが。

そのうち育成予定の候補
Caerleon×バンブーアトラス×グルームダンサー×サンデーサイレンス×イットウショウ
128(K93)/94(3耐え)/79/97/1/5、398
125(K90)/110(5耐え)/79/97/1/5、411
サブパラ良好なカリバン牝馬で青鹿毛。同一固定で上はSクラス3耐え、下はスピード低めだが5耐え。現時点でPS97の青鹿毛馬は未育成だったし、牝馬は戦績積みの面で牡馬よりも有利だし(普通型だが長持ちするタイプ)、そのうち育成する予定。たぶん上のSクラス馬を先にやると思う。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

ダビスタ98セルフBC 255〜260R

[ダビスタ98セルフBC 255R] 阪神1600 SP126以下

続きを読む
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタ98・SS版・PS版セルフBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

PSの繁殖作りいろいろ&BC結果

最近生産した馬以外に、しばらく前に生産していたが系統図に反映するのを忘れてた分も。

ニチドウアラシ×Caerleon×マノンレスコ
88-113(-1) 栃栗毛
スタミナ爆発でUnbridledにギリギリでTSLに届いた。青毛のマークオブryや栃栗毛のミルフォードにもTSLに届いているが、98で同じような配合をかなりやったのでPS97でやるかは微妙。マークと同じ距離適性で実績AのGulchもST基準値95なら実用範囲か。Rainbow Questには届いていない。
スピードが乗った時はスタミナが1耐え前後しか付かない感じで、スピード型でRQに届いたのは出ていない。非ニックスRQならピロ牝の方がまだ届きやすそう。

モガミ×ジェイドロバリー×イットウショウ
115-100(+2) 青毛
しばらく前の生産。サンデーの血が入ってる牝馬には使えないDevil's Bag用。一応ブライアンズタイム(面白)にも届いている。でもBTはブラナグから取り掛かる予定。

Danzig×ジェイドロバリー×イットウショウ
116-107(-5) 青鹿毛
しばらく前の生産。青毛配合ではないが面白対象が多めのダン牝。Mt.Livermore(面白、ニックス、Nearcoクロス)用で、Rahy(Mt.Livermoreと似ているが父気性B)、A.P.Indy、Cozzeneもやる可能性あり。
BTにも届いているがこの牝馬ではやらない。ハイエストやバンブーアトラスには届いていない。
たぶんやらないが、父青鹿毛のサンデーサイレンスで青毛を出す事も可能。
それにしても現役時代のスタミナは上のモガミ牝と7も差があるのに、距離適性のせいで繁殖入りすると同じになってしまう…

ニホンピロウイナー×ジェイドロバリー×サンデーサイレンス×イットウショウ
111-108(-5) 青毛
実績Cよりはマシだがピロ牝はきつい。デインヒル(面白)、アサティスなどに届いているが、やるかどうかは不明。やるとしたら面白にはならないがBering。

Rainbow Quest×サンデーサイレンス×イットウショウ
114-118(+1) 青毛
カリレイ用牝にRibotが入っていて、デインヒルに使えないので作っていた馬。逆にCaerleonはこの牝馬だと使えない。
本気でやるかどうかもわからないのに無駄にいい引きで、中長距離型ダンシングブレーヴから短距離型のDanzigまでTSLに届いているレベル。

[ダビスタ97の掲示板 第15回掲示板BC]
6戦(1.0.0.0.0.5)
2500mはBC勝利経験がある2頭。オパンチュは体質弱ながら今回も塩は乗っていたが、走る度に内容が悪くなっている。ロケットランチャーは堅実な馬だったがここでは初の二桁着順に惨敗。印もスピイレっぽかった。
ダ1000mでは2頭とも先行。ローンチタイトルがBC初勝利。父実績B非ニックス&低ニトロでの金星。
根性を活かせる展開になり、逃げ馬が最後に止まった所で鋭く伸びた。印も能力の割に(真性だが80-3.25耐え)付いていて状態も良かったか。デザートストームは見せ場無し。印を見ても状態が良くなさそうだった。
2200mではデビュー戦のフォルブレイズは最後力尽きて9着、ウサミミバンドも掲示板には届かず。
1勝できたのは良かったが、他の5頭は掲示板すら載れずに崩壊気味だった。
なお現時点で97のダートBCでは真性馬2頭出しをしていないが、今後マイナー方面の馬が増えたら、Cクラス(KSP84以上)かつ3耐え以上の真性馬2頭出しはしないって感じで条件を緩めるつもり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

現時点でのPS青毛メモなど

[ダビスタ生産・育成]
PS青毛カリレイ、カリバンは相変わらずイマイチ。
カリレイでは青毛以外で大台を育成したので、次は青毛で引き当てたいところだが、そもそも青毛のチェック対象(名前変え対象)が思うように出てこない。
繁殖作りの場合だと、馬体が重かろうがサブパラがぶっ壊れてようが、毛色と性別さえ合っていれば何でも名前変え対象になるので、やっぱり締めと比べれば楽なもんだと思った。
青毛カリレイ・カリバンはとりあえず一休みして他をやっとこう。

現時点で育成する可能性がある候補をとりあえずメモ。

Caerleon×バンブーアトラス×グルームダンサー×サンデー×イットウショウ
127(K92)/107(4.625耐え)/57/93/1/4 青毛
一応現時点でのPS97青毛最速馬も、根性がシャドーで健康が小柄丈夫も無しと微妙。

Caerleon×Rainbow Quest×タイト×サンデー×イットウショウ
127(K92)/101(3.875耐え)/99/67/0/4 青毛
一応現時点でのPS97青毛最速馬タイ。ド根性だが気性が賢い無し&健康が小柄丈夫無し、スタミナも微妙。

125(K90)/104(4.25耐え)/99/96/0/5 青毛↓と同一固定「ス」
122(K87)/110(5耐え)/99/96/0/5 青毛↑と同一固定「ザ」
サブパラ良好で合計値はそれぞれ424、427となかなかの物だが、スピードはそれなり。
今の時点で育成するとしたらこの固定からか。

なお一昔前に流行っていたっぽいSTニトロ削りに関しては、個人的にはあまり信じていないので、特に意味もなく削ろうとは思わない。
しかし今やっている青毛サンデーから繋いだ配合だと、青毛を出すためにSTニトロを犠牲にしているため、結果的に低くはなる(カリバンは母似スピードアップだと元々サンデーを使うので変わらない)。
もし引けたとしたら、STニトロ削りのおかげで引けたのではなく、STニトロが低くても引けたと思うのだろう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

774BC2015(PS・98・SS)3日目

6月27日午後10時締め切り予定
なお、4レース合計の登録頭数が60頭に達した時点で締め切ります。

(1R) 98 阪神 1600 (8)
OP戦 SP126(K91)以下
(2R) 98 東京 D1600 (8)
OP戦 印ハンデ
(3R) 98 函館 D1700 (8)
OP戦 別定
父ダ適△(98は◎)は4kg減、父ダ適◎(98は△)は4kg増、父、母父ともにダ適◎(98は△)は8kg増
(4R) 98 阪神 2000 (10)
重賞 別定 SP133(K98)超、SP1毎に1kg増

()はフルゲート頭数。1〜3Rは超えた時はレース分割。4Rは予選などの開催で絞り込み。
登録枠は無制限ですが、1頭の馬を複数レースに登録するのは実機生産馬のみ可。
今回から気性逆フロー馬に限り、1人で1レースに2頭までになります(印ハンデの2Rは1頭のみ)。

印ハンデは左1以外の右3つの印でハンデを決めます。最大69kg、最小48kg
◎…5kg増、○…3kg増、▲…2kg増、△…増減無し
無印1個…2kg減、無印2個…5kg減、無印3個…48kg固定
今回から無印だった場合の扱いを変更しました。
posted by ◆RifFE0aAlw at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビスタBC日程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

BC結果、PS版カリレイで大台4耐え

[sakimori98bc 2015 3rd]
15戦(1.2.2.2.0.8)
1Rはポップアーティストが根性を見せてBC初勝利。イレ込まずスムーズに走れたのも良かったか。デビュー戦だった2頭はライフスケイプが4着と合格点。
しかし下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって感じで、質より量の6頭出しだったので、下の方も4頭独占に(11頭立ての8〜11着)。デビュー戦だったPS生産馬ヘイミンプレイは10着。
2Rはデビュー戦のPS生産馬ハンマーブロスが4着とまずまず。ダグラスが早仕掛けで逆噴射して1Rに続きビリゲット。ただ予想していたよりも、内容的にスピード負けしていなかったのは好材料だった。
3Rはシングウジサクラが無印で2着、ロストワールドが3着。2列目から差し切られて力負けだった感じだが、印を考えれば健闘。ただここでもビリゲット。
4Rは無印だったタイムストッパーが積極策であわやの2着。今回のメンバーではスピード的に厳しいと思ったが、かなり上手く運べたとはいえ見せ場十分の好内容。右2フローせず印が付いただけのデイトナも3着で今後もやれそう。最後は差されたが2頭ともよく頑張った。もう1頭は見せ場なし。ビリは回避した。
全体的にはスピードや印の割に頑張ってくれた。掲示板外は15戦で8回もあったが、1Rを除けば4回なのを考えると悪くはない。
あとダビスタ98では3や96と比べると根性の重要度が明らかに下がっているが、それでも根性馬がハマった時はスピード値以上の切れ味がある。最後はやられた側だったが。

[ダビスタ生産・育成]
ダビスタPS Caerleon×Rainbow Quest×タイト×サンデー×イットウショウ
大台(SP130、K95)の4耐え。母青毛だが鹿毛の父似だった。根性70台でスタミナもそれなりだが、代重ね馬では久々の育成対象。次回BCまでに育成する。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

BCに向けて市場馬3頭育成

[ダビスタ97の掲示板 第14回掲示板BC]
6戦(0.0.1.1.1.3)
2200mはハイダン2頭出し。直線いまいち伸びずハイメガビームが4着まで。ハデデス10着。
ダ1400mでは真性のマンドラーがそこそこ頑張ったが、前の競り合いには参加できず3着まで。8着ゾーナシーカーはPS97のBCではあまり結果を残せていない。
1800mでは逃げたガラスノツルギはバテていた感じではなかったが5着がやっと。エストポリスは見せ場無しで、まだ馬券対象になった事がない。
6頭中3頭が掲示板確保と一応のノルマは果たしたが、連に絡む事はできず単勝人気を上回る着順も無し。
前回は総合力が必要な条件ながら好成績だったが、今回は平凡な成績に終わった。
考えてみたらしばらく代重ね馬の新作を出せてない。

[ダビスタ生産・育成]
生産はあまり成果がなかった。BCに向けて市場馬を3頭育成した。
PS版は軽量馬ではあまり良いのを引けず、今回育成した2頭はどちらも大型馬。ただダートは一応こなせるので、98でしか使えないながらもその点ではつぶしが利く。
市場馬以外の条件も含めて、各レース2頭ずつ登録。
さらに追加するのかはまだ様子見だが、市場印ハンデの1Rは下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって感じで行く可能性があるかも。

ダビスタ98 ライフタテヤマ×コールミークイーン
118/80/34/45/0/3 晩成、気性初期値18
2戦気性11の逆フローバージョンはシャドーロール無し、逆フローしないバージョンはシャドーロールで根性68。

ダビスタPS エブロス×チャームクォーク
115/78/78/98/3/4、480kg
馬体重が重いので98専用。割とサブパラが揃っているタイプで、ダートは仮性-1。超早熟だがX月は6歳3月だった。

ダビスタPS ヘイルシャム×エミーナミーナ
119/74/21(60)/73/4/6、508kg
こちらも大型馬なので98専用。ダート仮性で丈夫だが、根性無しでスタミナも不安あり。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

市場馬は何頭か育成予定、代重ねは物足りず

[ダビスタ生産・育成]
PSの市場馬生産では最初に欲張りすぎた&引きも悪すぎたが、その後は多少上向いて何頭かはキープできた。エブロス×チャームクォークでSP115(K80、馬体は重い)、ヘイルシャム×エミーナミーナでSP119(K84、ST1耐え以下で根性無し)が今のところの育成候補。
ただ現時点ではSPが110以上になるとSTは足りない感じ。
育成対象外だとハギノカムイオー×エンゼルエコーでSPダメダメ、ST115なんてのが出ていた。

98でも市場馬をチェックしていたが特に引けず。
ただ大昔にキープしていたライフタテヤマ×コールミークイーンのサブパラ崩壊系が、晩成で気性逆フロー可能なので使えそうなので育成予定。
118/80/34/45/0/3 気性初期値は18なので何とか逆フローは可能。ただ逆フローを狙うとシャドーロールがダメなのが悩みどころ(気性が悪いためブリンカーが優先されてしまう)。

育成対象がなぜか実績Cばかりだが、登場する種牡馬が実績AやBよりも数が多く、その分チェックする機会が多いってのもあるか。

PS代重ねではカリバン(母青毛)で50固定して大台無し、Sクラスも1頭だけだった(非青毛でスタミナ微妙)。
青毛ではSP127(K92)、4.625耐えと一応現時点でのPS97青毛最速馬を確保したが、根性がシャドーで健康が小柄丈夫も無しと微妙。
青毛はサブパラいまいちな固定でも一応やっているのだが、サブパラが悪かったら基礎が跳ねるかって言ったらそんなに上手くもいかない。
カリレイ(母青毛)もちょっとやって10固定目で青毛でSP127(K92)が出たが、ド根性だが気性が賢い無し&健康が小柄丈夫無し、スタミナも4耐え弱と厳しい。
どれも今育成するには物足りない感じで、次回のBCは現有戦力で臨む事になりそう。
posted by ◆RifFE0aAlw at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

市場馬生産はまだパッとせず

[774BC2015(2・EX・3・96) 1日目]
23戦(3.4.3.6.4.3)
いったいどの程度集まるのか怪しい雰囲気もしたが、何とか形にはなって無事終了。
2・EX・3・96のBCは、今年は1回限りにする事も考えていたが、年内にまたやる可能性はあるかも知れない。PS・98・SSでは6月にやる事を検討中。

自分で出した馬の成績は23戦で3勝7連対。少頭数のレースが多かった割に勝率は低く、特に良い成績でもないが、あまり出走機会が無かった馬を数合わせで大量に出していて、決して質が高くなかったのを考えればそう悪くもないか。勝った3頭はいずれもBC初勝利。
現有戦力や育成する可能性があったストックに合わせたレースプログラムにすると言うホームアドバンテージもあったが、メインの4Rはそれが上手く嵌った形になった。今回がデビュー戦だった青毛牝馬ブルーオーブも、見せ場十分の3着に健闘した。
後になってから気が付いたが、イレ込んでいたのは全て自分で出した馬(1R1組のランシールは勝ったが)、出遅れたのも全て自分が出した馬、そして7レース全てで最下位を取っていたりした。

[ダビスタ生産・育成]
98でマル市限定戦がありそうなのを見越して、BC処理の前ぐらいから主にPS版でセリ市を漁っていたりしたのだが、どうもパッとしなかった。
条件が98の芝だったとしてもどうせならダート適性が高い方が他の条件でも使えて融通がきく、できれば仮性(ダ適4)で最低でも仮性一枚落ち(ダ適3)、PSでやってるのだから馬体も軽い方がいい、みたいな感じで欲張ったのとまだまだ数が足りていないのもあって、現状では98生産馬には遠く及ばず、最良産駒がSP108でスタコメ無しな惨状。
市場馬でも名前変えできるとは言え、やっぱり甘くはない。
posted by ◆RifFE0aAlw at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする